Native NetWare に設定する ARCserve Agent のチューニング

ARCserve の NetWare Agent (Rel. 7,9,11)はデフォルトでインストールしておいただけではパフォーマンスが上がりません。ぼちぼちそういったデフォルトインストールの条件を書き換えておいて欲しいところなんですけれど、どうしていつもこの会社はそういったところを手抜きするんでしょうか。ということで次の資料を参考にしてください。

Slow Restores Using TCP/IP and the NetWare Agent (NWAGENT)

インストールが終わったら asconfig.ini の次の行を変えます
CSNLM2=SYS:\NWAGENT\NLM\NWAGENT ARP cmp_max_req=32

cmp_max_req=32 はデフォルトでは付きません。

またエージェントのオプションスクリーンから
Transmission Threshold (KB) と Number of 64 KB buffers の数字は、最大値 64 にセットします。
セットしたら F2 キーで保存します。この値も asconfig.ini にセットされます。

各 Set Parameters は次のように設定します。

SET Minimum Packet Receive Buffers = 1000
SET Reserved Buffers Below 16 Meg = 300
SET Maximum Concurrent Disk Cache Writes = 1000
SET Dirty Disk Cache Delay Time = 0.5
SET Maximum Concurrent Directory Cache Writes = 300
SET Volume Low Warning Reset Threshold = 2048
SET Volume Low Warning Threshold = 2048
SET Days Untouched Before Compression = 30
SET Maximum Service Processes = 1000
SET New Service Process Wait Time = 0.3
SET Maximum Packet Receive Buffers = 4000
SET Maximum Directory Cache Buffers = 4000
SET Directory Cache Allocation Wait Time = 0.5
SET Minimum Directory Cache Buffers = 2000
SET Dirty Directory Cache Delay Time = 0.5 seconds
SET Directory Cache Allocation Wait Time = 0.5 seconds
SET Directory Cache Buffer NonReferenced Delay = 5 minutes
SET maximum number of internal directory handles = 900
SET maximum number of directory handles = 700

デフォルトから
Time 系パラメータは小さな数字、 number 系は大きめな数字をセットします。

この数字を setparam.ncf などのテキストに書き換えて autoexec.ncf から実行するのが一番楽でしょう。

非番のエンジニア
[PR]
トラックバックURL : https://islandcnt.exblog.jp/tb/3201020
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by islandcenter | 2006-02-15 15:26 | Native Netware | Trackback | Comments(0)