Novell Client の自動アップデート

OES に NCP 経由でアクセスするためには Novell Client for Windows が必要となります。Novell 製品を使っている組織ではPCを配布する際に必ずインストールします。というかインストールしない限り、サーバにはアクセスできません。

だからというわけじゃないんだけれど、ノベル製品を使っている組織では、PCの配布状況をきっちり把握しているところが多いですよね。 Blaster 騒動の時はどうしてこんなPCが接続されているんだ?ってところ、マイクロソフトオンリーのネットワークではよくあったみたいです。

しかし、Novell Client for Windows を最新版に保つというのは結構大変なことで、ついつい古いバージョンを使い続けるというケースが多いようです。またちゃんと導入しないで運用しているところも多いようですね。

Novell Client for Windows のインストーラにはアンアテンドインストールの機能が付いていて、実に簡単にアップデート用のスクリプトを作ることができるのです。

インストールマネージャ

Novell Client のセットアッププログラムの中に i386\admin\nciman というプログラムがあります。「インストールマネージャ」と呼ばれるプログラムです。
a0056607_21453816.gif

このソフトウェアは Novell Client for Windows の自動インストールのスクリプトを作成してくれます。各項目のオプションを選んでインストール/修正したいスクリプトを作成して保存します。 unattend.txt という名前にしましょうか。

セットアッププログラム setupnw.exe には /ACU というアンアテンドインストールのオプションがあるので、install.bat というバッチファイルを次の要領で作成します。

i386\setupnw.exe /ACU /u:unattend.txt

このバッチファイルをユーザに自動実行できるよう、ログインスクリプトなり ZENworks のアプリケーションオブジェクトに登録してあげます。

例えば配布用の CD-ROM に autorun させるとか、ヘルプデスク用のアカウントに実効用のスクリプトを準備するとかさまざまなテクニックが応用できます。

管理者権限で実行

ただし、セットアッププログラムを実行させるには Windows の管理者権限が必要です。

Windows の標準コマンドでは runas で実行させるのが良いのですが、このプログラムはパスワードを手打ちしなければなりません。

代わりに lsrunas などのユーティリティを組み込むと良いでしょう。

http://www.lansweeper.com/ls/lsrunasold.aspx
http://www.lansweeper.com/ls/lsrunas.aspx

他にも runas に代わる便利なユーティリティは探すと沢山あるようですね。これはいろいろな意味で応用が利きそうです。

ビルドナンバーのチェック

Novell Client for Windows のセットアッププログラムはビルドナンバーをチェックします。ビルドが一致したり、新しいビルドナンバーがあると、セットアップは無視されます。当然 /ACU オプションも利きません。
しかし、インストールパラメータだけ /ACU オプションで書き換えたい場合があるでしょう。

このレジストリは

HKLM/Software/Novell/NetWareWorkstation/CurrentVersion

a0056607_21555898.gif


に Build キーがあります。この値を小さなものに強制的に書き換えてしまえば /ACU オプションは有効に機能します。 regedit /s オプションで書き換えちゃいましょう。
[PR]
トラックバックURL : https://islandcnt.exblog.jp/tb/3310011
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by islandcenter | 2006-03-08 21:45 | OES Linux | Trackback | Comments(0)