NetWare が起動できない場合

よく知られているワザですけどね。
NetWare OSが起動できない場合の対応策をいくつか

autoexec.bat から server.exe を取り除く

いらだっちゃいけません。Loader が起動するときに ESC キー押すか、DOS起動でF8キー押して、DOS起動したら、autoexec.bat を書き換えちゃいます。これでいらだってリセット繰り返すこともありません。ゆっくり対応しましょう。

面倒なら ren しちゃうのが一番正しい。

-na -ns -ndb NetWare 起動オプションを使う

-na は autoexec.ncf を使わない。 -ns オプションは startup.ncf を使わないオプションです。まぁ昔からのお決まりですけど。 -ndb オプションだと DS の起動をストップできます。ただしDSが起動しないので、外部からアクセスもできなくなりますけど。

次に一個一個、必要なモジュールをロードしてみて、起動できない問題が何か特定します。

とにかく片っ端からコメントアウト
とにかく怪しげで、不急のものは全部コメントアウトしちゃいます。
autoexec.ncf からはサーバ名、サーバID以外のものはほとんどはずしてしまいましょう。

レジストリを削除
nwserver にある servcfg.nbk と servcfg.000 をリネームします。これはレジストリファイルなんですけど、怪しげな set パラメタがあると邪魔する場合があるんで、これは削除しておきましょう。ほとんど意味ないレジストリ値なんで消しちゃいます。

ただし、Xの解像度だとか -nl (ロゴなし起動)オプションは削除されます。大方には影響ないでしょう。

特にXの解像度を間違えて設定した場合は、この方法が一番ですね。例えばセットアップを XGA で設定した後、SVGA のLCDにつなぐとXが起動できなくなります。その場合、SERVCFG.NBK を削除するのが一番です。

F8 キーでOS起動
Loader が起動したとき F8 キーでAutoexec.ncf をステップ起動して、何が原因か調べます。

initsys.ncf はコメント
これが以外とトラブルになってくれる場合があります。
コメントアウトして手動でLANのドライバをロードしてプロトコルをバインドしてみましょう。

nssstart.cfg はリネーム
ren して削除します。これもメモリ壊す場合があります。設定内容がおかしい場合は問題になりそうですね。

デバッカモード
Alt+Shift+Shift+ESC を同時に押すとデバッカモードに入ります。起動途中や動きがおかしい場合、このモードでデバッカに入って q (quit) します。運が良ければDOSに戻れるし、そのまま CTRL+ALT+DEL でソフトリセットします。電源キーに手を伸ばすの面倒だし、電源切ってコールドスタートすると、死ぬほどBIOS起動に時間がかかる場合があるんで便利です。


問い合わせは
islandcenter.jp
もしくはノベル株式会社さんへ


[PR]
トラックバックURL : https://islandcnt.exblog.jp/tb/3573587
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by islandcenter | 2006-05-06 18:40 | Native Netware | Trackback | Comments(0)