NW65sp 適用中にアベンド

NW65 Support Pack 適用中にサーバがアベンドすることがあります。主に Java からみの障害なんですが、システムをリスタートできない場合があります。どうも調べてみると、 initsys.ncf の起動中にシステムホルトを起こすようなので、次の回避策で対処します。

> Server -na オプションで起動

SYS: がマウントされるので autoexec.ncf から initsys.ncf 以下を全てコメントアウトしてシャットダウンします。

> server を起動

手動で ip をバインドします。

load tcpip
load MyNic.LAN name=MyLAN_EII frame=ethernet_ii
bind ip to MyLAN_EII mask=255.255.xxx.xxx address=xxx.xxx.xxx.xxx

この状態でクライアントからアクセスできる状態になるので、 SYS:Java ディレクトリを正しく動作している他のサーバからコピーしておきます。古い SYS:Java は SYS:Java.old にリネームしておきます。

この状態から initsys.ncf のコメントをはずして再起動します。

再起動できたらもう一度パッチの適用を行います。

パッチの適用が終わったら、コメントアウトした部分を全てイネーブルにします。

事前の準備

この手順は他にサーバが動作していることを前提としていますが、不幸にもシングルサーバの場合はそういったテクニックが使えません。SYS:Java を事前にバックアップコピーしておくことが重要になります。



問い合わせは
islandcenter.jp
もしくはノベル株式会社さんへ


[PR]
トラックバックURL : https://islandcnt.exblog.jp/tb/3619442
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by islandcenter | 2006-05-17 10:22 | Native Netware | Trackback | Comments(0)