早くも火を噴く Microsoft との提携

マイクロソフトとノベル、Linuxを巡って早くも仲たがい

「当社の特許がLinuxに侵害されていることを見つけたため」と語るバルマさん。
米MicrosoftのCEO,「米Novellとの提携はLinuxによる特許侵害が発端」と語る

マイクロソフトがオープンソースコミュニティに対して与えた特権はノベルに対するものであり、オープンソース全体に与えたものではないという考えが、オープンソース全体に広がっているわけですね。


Microsoftは「嫌 RedHat」であり、自らのプロプラエタリなビジネスをぶち壊すオープンソースコミュニティは「敵」なのです。しかし、実際にはユーザは Microsoft 製品もオープンソース製品も使わざるを得ない状況なのですね。
まぁ今回の提携話ってのは、そういうのを何とかしたいというノベルの、まぁまともな提案な訳なんですが、Microsoft を味方にした時点でオープンソースコミュニティを敵にしてしまったわけです。

おかげでノベルも samba に嫌われています。

SambaがNovellにMicrosoftとの提携解消を要請

まぁ、ノベルは生き残りに関しては天才的な綱渡りを見せるカイシャですから、こういったゴタゴタはなんとかごまかしてしまうのでしょう。マイクロソフトもノベルを機会にオープンソースコミュニティとうまくやって行きたいし、コミュニティでもノベルの実力は侮るわけには行かないわけですから。
by islandcenter | 2006-11-22 17:05 | Novell | Comments(0)