ドライブマップの 8901,0057 エラー

管理者で入るとちゃんとボリュームは見えるのに、ログインスクリプトの map ができないとか、ダイレクトに map.exe を使って動かないとかという現象があります。

あ、ボリュームかディスクにトラブル出てるの?ってあわてる場合がありますが、もっと根本的な問題が出ている場合があるので要注意です。

ドライブマップの 8901 エラーについては次の文書を参考にしてください。

Cannot Map Drive to Server Error: "8901 or 0057"


この文書のCAUSE(原因)の部分を直訳しました。

--ここから--
"評価ライセンスを以前に、インストールして、正式に取り除いていません。

クライアントLicense Connectionsが許容ライセンスを超えたか、
またはLicense Certificateは期限が切れました。
多くの空きスペースがサーバのボリュームにあるとき、
8901の誤りはDisk Spaceの不足を報告しています。
eDirectoryとの認証された接続は、ディレクトリサービスが問題でないことを示します。
Change Connection州のDiskスペースの不足によるRequest Deniedのパケット跡の
レポートは認可された接続をサーバに提供しないLicensing Servicesの兆候です。
この場合、8901の誤りは紛らわしいです。"
--ここまで--

このエラーは一見、領域不足を意味しますが、パケットトレースをすると具体的にはサーバに有効なライセンスが利いていないために発生する症状だということです。
したがって、ライセンスオブジェクトに不具合が出ています。

例えば、ライセンスが足りないとか...

ライセンスオブジェクトが壊れているとか....

もう一度ライセンスを入れなおすとか....

とにかく、 map を実行したときのエラーコードの意味はちゃんと把握してみないことには始まりません。

非番のエンジニア
[PR]
トラックバックURL : https://islandcnt.exblog.jp/tb/4803323
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by islandcenter | 2006-12-06 16:07 | Native Netware | Trackback | Comments(0)