OES で NLIST はどうやって?

OES環境では /opt/novell/SYS がマウントされますが、この中には従来のDOSユーティリティはありません。 NLIST や CX をやりたい場合

Novell Client for Linux

を使って Linux でシコシコとシェルを書きましょう。従来の DOS コマンドラインだとか苦労して作ったバッチファイルとか、 Windows マシンだとかで管理する勇気は捨てなくてはなりません。従来の EXE タイプのコマンドは OES には付いていませんからね。

C:\>nlist users
Object Class: User
Current context: users.tk.ap.jp.ace
User name= The name of the user
Dis = Login disabled
Log exp = The login expiration date, 0 if no expiration date
Pwd = Yes if passwords are required
Pwd exp = The password expiration date, 0 if no expiration date
Uni = Yes if unique passwords are required
Min = The minimum password length, 0 if no minimum

User Name Dis Log Exp Pwd Pwd Exp Uni Min
-------------------------------------------------------------------------------
YamagT No 00/00/00 No 00/00/00 No 0
One User object was found in this context.

そう、ノベルに Windows 環境のこと質問しないでください。あそこは立派な Linux 屋さんです。 OES の環境で nlist でコンテナのユーザをシコシコ調べたいという方がいらっしゃれば、 Linux のデスクトップ環境は必須です。

それでもDOSにこだわりたいなら、どこか従来の Native NetWare のパッチなどから探すしかありませんね。別にあなた方の勇み足を責めるつもりはありませんが、どうせ OES なんてそんなものです。

残念でした。
[PR]
トラックバックURL : https://islandcnt.exblog.jp/tb/5145802
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by islandcenter | 2007-02-20 17:49 | OES Linux | Trackback | Comments(0)