ZENworks のインポートエラーコード

ZENworks のワークステーションポリシーが落ちてこない、あるいはワークステーション自体が登録されない、と言った場合があります。

基本的には ZfDAgent をインストールしたPCにはインポートサーバへの送信先レジストリが記録されているはずで、それだけでインポートができるのですが、原因が良くわからない場合、
ZWSREG.exe を手動で動かしてエラーコードを調べます。

Using ZWSREG

C:> zwsreg -importserver MyZenSrv

Understanding ZWSREG error codes

通常なら successfully にインポートが行われるわけですが、その他のエラーコードが出る場合は上のテキストを参考にしてください。

エラーコード(2) は通信不良です。考えられる原因は

1) HOSTS を書いてみる
2) DNS の設定がおかしい

といった所ですが、-importserver にダイレクトに IP 指定しても動かなければ、サーバ自体がおかしな症状になっていることになります。

: JAVA -SHOW

で import(AWS) の機能がちゃんとロードされているか、もしかしたらJAVAのアプリケーションがハングアップしている可能性があるので

: ZFDSTOP
: JAVA -EXIT

を実行してから

:ZFDSTART

でリスタートしてみてください。

なお、 JAVA -EXIT すると他の JAVA アプリケーションも全て終了してしまうので(例えばAPCのUPSエージェントなど)これらも再起動が必要です。

非番のエンジニア
[PR]
トラックバックURL : https://islandcnt.exblog.jp/tb/5673663
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by islandcenter | 2007-06-01 15:08 | ZENworks | Trackback | Comments(0)