SLES10に OES2 Linux をインストールする

Trancerate English

SLES10 に OES2 Linux をインストールする手順は従来の OES(1) とは随分異なります。ある意味で簡単でもあるし、わかりやすいとも言えるでしょう。

まず SLES10 が導入されているという前提からインストールを開始します。このあたりが全然違いますね。

yast2 > software > add-on product を選びます。

a0056607_1352723.gif


インストールソースがさまざまに選べますが、一番楽なのはISOからのインストールでしょうか。もしXENの環境にインストールするのであれば SLES を XEN にインストールした上で、 Samba などで OES2 のイメージCDの ISO をどこかにコピーしておくと良いでしょう。

Local Directory > ISO をチェック

a0056607_1355096.gif


この画面で ISO のチェックを入れると、ダウンロードした ISO ファイルをブラウズしてセットすることができます。

a0056607_1356215.gif


OES Service から必要な項目をチェックします。NSSをチェックするとデフォルトで、これだけのサービスがインストールされます。 iManager のチェックが外れていることに気が付いてください。できれば、iManager も時間がかかるので同時にインストールしておきたいところです。

インストールがはじまると eDirectory の設定や LDAP の設定などのインタビューが途中に入る以外はファイルのコピーとインストールです。CDの交換などは必要ないのですが、 OES2 の CD と SLES10 のメディア交換が必要になるようです。あらかじめ SLES10 のインストールメディアをコピーしておけば自動で進むと思いますので、DVD のメディア ISO もコピーしておくと便利かもしれません。したがってトータル 8 - 10G 前後の容量が最低必要だろうと予測します。

これだけのインストールには約1時間半くらいかかります。

OES2のマニュアルはこちらです。

非番のエンジニア
[PR]
トラックバックURL : https://islandcnt.exblog.jp/tb/6319772
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by islandcenter | 2007-10-17 14:07 | OES Linux | Trackback | Comments(0)