マップすると 8901 エラー

マップすると 8901 エラー 

ドライブマップの 8901,0057 エラー

追補

覚えておくと便利な DSrepair のスイッチです。
List of DSREPAIR Switches

DSrepair -U を行うことで DS がロックモードで修復されるので、ライセンスが正しく動く場合があります。どうも OES NetWare 6.5 ( eDirectory 8.8.2 ) で再起動直後にこの現象が出るようですが、特定できる文書はありません。DSrepair -U を Autoexec.ncf の最後に入れておくと良いでしょう。

また、 OES NetWare 6.5 の場合、ライセンスは必ず消費するユーザオブジェクトと同じコンテナか、より上位のコンテナにおかなければならないという「決まり」があります。これは NetWare 6x 以降の決まりごとなので 5.x からバージョンアップした場合は必ずはまりますからご注意ください。ユーザがログイン認証を受けると、自動的にそのユーザのコンテナのライセンスオブジェクトを探して、なければ上位にサーチを掛ける仕組みです。

-キーワード-
ログインスクリプト、map、 マップエラー, -8901, eDirectory 8.8.2, DSrepar, スイッチ、オプション、 switch, option, License, ライセンス消費, VLA, CLA,


非番のエンジニア
[PR]
トラックバックURL : https://islandcnt.exblog.jp/tb/6950538
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by islandcenter | 2008-03-29 12:38 | Native Netware | Trackback | Comments(0)