Windows2008 Server on SUSE+XEN

ついにここまで来たかという感じ

a0056607_12205291.jpg


といっても特別なことは何もせず、インストールできました。

もっとも Windows 2008 Server は Paravirtilize できません。完全仮想化(Full Virtualize)だと動きます。そもそも SLES 側の Virtulization Manager 自体が Windows の準仮想化に対応していませんので、手動でやれば動く可能性もあるのでしょう。軽い気持ちでトライしたので次期バージョンに期待したいところです。

特に苦労する点はないのですが、最初にパスワードをセットする場合、デフォルトで複雑なパスワードを要求してくるので、英字+数字+記号の組み合わせが要求されます。
Windows Server 2008 RC1ファーストインプレッション

それにしても、インストール時に選んだ Basic って一体何なんでしょう。早まって exit なんて叩くと大変なことになります。
a0056607_13474071.jpg


この潔さ。シャットダウンするには > shutdown /s でシャットダウンします。この操作を外部から容易にできないかなぁと思うのですけれど、それはそれで重要なセキュリティホールですね。

a0056607_22254943.jpg


ということでフルインストールしてみたのですが、最低10Gはディスクが取られてしまいます。ただ、Vista とは違って Realtek の 100M NIC だけは認識できたので XEN 環境でインストールしても少なくともすんなりとネットワークには繋げます。

インストールは YaST > Virtilization Manager から Windows XP/2000/2003 ではなく Windows Vista でインストールするのが良いでしょう。デフォルトで C: を 20Gb 取ってくれるという豪勢なディスクイーターです。

まだ、 64Bit 用デバイスドライバなどが公開されていないので、 XEN 環境で本気で運用するのであれば、 W2008S ではなく W2003S を選んだほうが無難でしょう。もっとも仮想化するほどのクリティカルなジョブを W2008S で運用したり、仮想化するのもひどく無茶な感じもします。完全仮想化のドライバもないので、あと1年くらいは様子見でしょうか。

Visite My Site 非番のエンジニア

-Keyword-

SUSE SLES10 Windows 2008 XEN 完全仮想化
[PR]
トラックバックURL : https://islandcnt.exblog.jp/tb/6978986
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by islandcenter | 2008-04-06 13:52 | XEN | Trackback | Comments(0)