isLandcenter 非番中

ブログトップ | ログイン

次期 SLES11 の容貌が見えてきた。Novell HV製品を開発中

Novell、Xenベースのスタンドアロン型ハイパーバイザー製品を開発中

従来のソフトウェアは、たとえば P4 に代表されるような「高回転高出力型バイクエンジン」でいかに高速処理するかが課題でしたが、 64ビットマルチコアが当たり前になってきた今では「低回転高トルク型」いわゆるアメリカンV8のようなパワフルなソフトウェアが要求されています。

XEN ベースのスタンドアロン製品とは、まさにそのベースシャーシフレームであり、その上にバン型のボディを乗せようが、SUV的なスタイルにするのか、それとも小型トラックにするのか、という自由選択肢が与えられるわけです。

XEN はいわばLinux に「後付け」された仮想化技術ですが、これからは「仮想化」がシステムの基盤となり、オペレーティングシステムのi/FやAPIなどは、仮想化ベースの上に乗ってくるのでしょう。

このコンセプトは次の Windows 7 でも取り入れられるようです。

この64ビットのフレーム構造の上に従来の32ビットソフトウェアや、64ビットの重量級ソフトウェアを走らせようというコンセプト、なのですかね。
by islandcenter | 2008-04-10 03:36 | SUSE | Comments(0)