isLandcenter 非番中

ブログトップ | ログイン

Novell Client for Linux (NCL)をインストールする

Novell Client for Linux(NCL) を SUSE Linux Enterprise Desktop に導入してみます。

現在 NCL は SUSE 10, 10sp1 用がリリースされています。

今回はガラクタ置き場から引っ張りだした P3-800 マシンに SLED 10sp1 x86をインストールし download.novell.com より 32ビット版 i386 用をインストールしました。ダウンロード形式は iso フォーマットなので File Roller から解凍します。解凍した nci_install のスクリプトに x(実行フラグ)をつけてインストールします。

インストールは KDE と nautilus のプラグインを使うかどうかのインタビューがあるだけで簡単にインストールできました。アプリケーションフォルダから Novell Login を選ぶとおなじみの画面が現れます。

Novell Client for Linux (NCL)をインストールする_a0056607_22355126.jpg


詳細(Advanced) を押すと、ツリーとサーバ、コンテキストの設定ボックスが現れますので、サーバ名(アドレス)とツリー名(アドレス)をセットして、コンテキストをブラウズできれば、OKです。ユーザ名とパスワードをセットしてログインします。

タスクトレーに N アイコンがあるので Novell Map Directory を選んでみます。

Novell Client for Linux (NCL)をインストールする_a0056607_22193086.jpg


なぜかドライブレターをセットします。

Novell Client for Linux (NCL)をインストールする_a0056607_22221385.jpg


なぜか、%home に F: へのシンボリックリンクが作成されました。


ボリュームを選んでプロパティを確認します。
Novell Client for Linux (NCL)をインストールする_a0056607_22233775.jpg


トラスティの割り当てなどはおなじみのインターフェースです。
Novell Client for Linux (NCL)をインストールする_a0056607_22282199.jpg


Nアイコンから System Settings を実行します。
Novell Client for Linux (NCL)をインストールする_a0056607_22294842.jpg


おなじみの設定をウィザード形式で設定します。

この中に Open SLP の設定があります。よほどのことがない限り SLP は使わないので、ここはちょっと悩みどころでしょう。 DA はとりあえず NCP サーバを設定すればよいのかな?
Novell Client for Linux (NCL)をインストールする_a0056607_22314815.jpg


ただし、なぜか、再起動してもう一度マップしようとすると NWSetdrivebase2 というエラーが出てマップできません。
Novell Client for Linux (NCL)をインストールする_a0056607_22373767.jpg


Error: NWSetdrivebase2: Drive in use attempting to map drive
によれば、シンボリックリンクをいったん削除しなおせば直るようなことが書いてありますが、うそです。

/opt/novell/ncl/bin に最低限の(あくまでも最低限の)コマンドがありますので、片っ端から実行して結果を確認してみる必要がありそうです。

ちなみに ncl 2.0 のマニュアルはこちらです。マニュアル読んで出直しが必要です。

-Key word-

Novell Client for Linux, ncl, map, login OES, NetWare, ncl_install

非番のエンジニア
by islandcenter | 2008-05-08 22:50 | OES2 Linux/NetWare | Comments(0)