Windows の利用率が 100% になる。

どうみてもスパイウェアが動いているとしか思えません。

CTRL+ALT+DEL でタスクマネージャを起動すると cidaemon.exe のプロセスがCPUパワーをつかいきっていました。

マイコンピュータ>右ボタン>管理>サービスから Indexing Service を停止させます。

a0056607_943235.gif


はじめはなにかスパイウェアでも拾ったかなとかなりあせりましたが、このサービスは止めても一向に構わないので、起動方法を「手動」にしてしまいましょう。

これも Windows XP sp3 スパイウェアもどきの導入時の副産物です。ちなみに cideamon.exe で C: の中を検索してもプログラムは見つかりません。cisvc.exe がプログラムの本体です。

本家
Windows XP の実行速度が低下し、Windows タスク マネージャで複数の現象が発生することがある
半年前の情報ですから、かなり新しい Issue のようです。


-Keyword-
Windows XP sp3, cidaemon.exe, Indexing Service,cisvc.exe, スパイウェア,

非番のエンジニア
[PR]
トラックバックURL : https://islandcnt.exblog.jp/tb/7110995
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by islandcenter | 2008-05-15 09:47 | Windows | Trackback | Comments(0)