XEN Virtual Machine Driver Pack evaluation を導入すると Activation できない。

XEN Virtual Machine Driver Pack evaluation をインストールした後、 Yast > Novell Customer Center に接続すると XEN Virtual Machine Driver Pack の Activation が要求される。

Transrate English

a0056607_2342138.gif


VMDP に対しては Optional と表示されますが、 Novell Customer Center から submit すると Requied と表示されて受け付けてくれません。

SLES 10 SP1 registration fails due to XEN Virtual Machine Driver Pack evaluation install

これも非常に不親切な説明ですね。

First check subscribed products using the following command:
# rug products して

If the VMDP is listed then try:
# rug remove -t product しろとありますが、これには更にパラメータが必要です。

# rug remove -t product Product_Name です。

The VMDP evaluation installation is detected during the registration process and the VMDP registration code is required in order to proceed, even though the field indicates it is optional.

言い訳めいたこと書いてありますが、バグですね。ソフトウェアのじゃなくってビジネスの...


MyLinux:~ # rug products

S | Name | Version | Category
--+---------------------------------------------------+---------+---------
i | SUSE_LINUX_ENTERPRISE_VIRTUAL_MACHINE_DRIVER_PACK | 10- | add-on
i | SUSE_SLES_SP1 | 10.1-0 | add-on

MyLinux:~ # rug remove -t product (continue->) SUSE_LINUX_ENTERPRISE_VIRTUAL_MACHINE_DRIVER_PACK[enter]
Resolving Dependencies...

The following packages will be removed:
SUSE_LINUX_ENTERPRISE_VIRTUAL_MACHINE_DRIVER_PACK 10- (system)

Proceed with transaction? (y/N) y

Transaction...
100%

Transaction Finished
MyLinux:~ # rug products

S | Name | Version | Category
--+---------------+---------+---------
i | SUSE_SLES_SP1 | 10.1-0 | add-on



こちらに
SLE 10 Service Pack 1 and Virtual Machine Driver Pack

As a current SUSE Linux Enterprise Server customer do I have to purchase any of the functionality associated with the Virtual Machine Driver Pack?

Current customers get access to all of the updates except the SUSE Linux Enterprise Virtual Machine Driver Pack. The paravirtualized drivers included in this enhancement that are related to Windows and Red Hat Enterprise Linux must be purchased separately. Paravirtualized drivers associated with SUSE Linux Enterprise operating systems are included in SP1 and available through Novell Customer Center update channels at no additional charge to subscribers.

とあるので、 SLES 10 SPn に対してはサブスクリプションを買わなくてもいいということだと思います。間違っているのかな。

※重要 ゲストOS が Windows か RedHat である場合は別にサブスクリプションが必要だそうです。たかがドライバーだろ、ってあなどってはいけません。 $2,619 VLA unlimited(約30万円ぐらい?)の高級なオペレーティングシステムより高価なデバイスドライバです。これだけ払えば空も飛べるかもしれません。日本でいくらするかは、Novellの正規販売店にご相談ください。きっとあなたと一緒に悩んでくれるでしょう。円換算でのプライスリストはないので、日本でいくらなのかは、寿司屋の時価と一緒です。板前に相談しましょう。場合によってはクレジットカードで購入した方が安いかも知れません

非番のエンジニア

-Key Word-
XEN Virtual Machine Driver Pack evaluation SP1 SP2 (VMDP) SUSE SLES SLED 10 Windows Virtual Driver, Redhat Virtual Driver
[PR]
トラックバックURL : https://islandcnt.exblog.jp/tb/7305304
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Quuux at 2008-07-16 18:27 x
ウッキー、ってなるでしょ。Optional って言っておいて Required かよ! って。うん。
VMDPは中の .iso ファイルさえ取り出してしまえばこっちのものなんで、仮想マシン(para virt)のSLESにインストールして .iso を取り出したら、仮想マシンごと捨てましたよ。もう VMDP がインストールされていることには煩わされません。
Commented by islandcenter at 2008-07-17 00:13
http://www.novell.com/products/vmdriverpack/pricing.html
unlimited の VLA $2,169 だそうな。空も飛べるデバイスドライバーですな。
by islandcenter | 2008-07-14 23:21 | XEN | Trackback | Comments(2)