SUSE Linux のカスタマー登録とパッチのダウンロード

詳細な手順はこちら

Registering SUSE Linux Enterprise 10 with the Novell Customer Center

いくつかポイントになるところを説明します。

Transrate English


1) インストールの途中でネットワークの接続を 'TEST' すると自動的に登録される。

SUSE のインストーラはデフォルトでこの構成になっていますが、ネットワークの設定が正しくなかったり、余計な時間がかかったりしますから、ここは Skip してしまう方が良いでしょう。

a0056607_1014947.gif


2) zmd が停止しているか、壊れている場合の処置

アップデートがうまく行かない場合はこちらの文書を参考に、データベースを初期化して zen-updater を再起動します。


ZMD stops while running Novell Customer Center in YaST2

# killall zen-updater
# /etc/init.d/novell-zmd stop
# rm -f /var/lib/zmd/zmd.db
# /etc/init.d/novell-zmd start
# zen-updater &

この文書にはありませんが、 zmd.db を削除すると同時に次の操作も行います。

also--

# rm -rf /var/cache/zmd*
# rm /etc/zmd/deviceid
# rm /etc/zmd/secret

この後 novell-zmd start と zen-updater & を実行します。


3) Proxy Settings

プロクシが途中にある場合、 YaST > Network Services > Proxy からプロクシを設定しておく必要があります。

a0056607_1029092.gif


4) CUI による設定

YaST2 によるGUI設定がうまく行かない場合、テキスト yast でテキストブラウザから実行することが出来ます。これでうまく行く場合があります。とても使いづらいですが....

# yast
> tab > tab > NCC

a0056607_10333167.gif


5) Activation Code の確認

www.novell.com > Menu > NCC を選んで Login します。Product メニューに購入済みのアクティベーションキーが登録されています。

a0056607_10401617.gif


6) Virtual Machine Driver Pack (VMDP) が導入されている場合

VMDP のアクティベーションコードが Required されます。冗談じゃないのですが

a0056607_10475391.gif


SUSE Linux Enterprise 10 Service Pack 1 に

As a current SUSE Linux Enterprise Server customer do I have to purchase any of the functionality associated with the Virtual Machine Driver Pack?

Current customers get access to all of the updates except the SUSE Linux Enterprise Virtual Machine Driver Pack. The paravirtualized drivers included in this enhancement that are related to Windows and Red Hat Enterprise Linux must be purchased separately. Paravirtualized drivers associated with SUSE Linux Enterprise operating systems are included in SP1 and available through Novell Customer Center update channels at no additional charge to subscribers.


※重要 ゲストOS が Windows か RedHat である場合は別にサブスクリプションが必要だそうです。たかがドライバーだろ、ってあなどってはいけません。 $2,619 VLA unlimited(約30万円ぐらい?)の高級なオペレーティングシステムより高価なデバイスドライバです。これだけ払えば空も飛べるかもしれません。日本でいくらするかは、Novellの正規販売店にご相談ください。きっとあなたと一緒に悩んでくれるでしょう。円換算でのプライスリストはないので、日本でいくらなのかは、寿司屋の時価と一緒です。板前に相談しましょう。場合によってはクレジットカードで購入した方が安いかも知れません

※ 2013 現在 VMDP 2.0 は無償で利用できます。

次の方法で登録を削除します。

XEN Virtual Machine Driver Pack evaluation を導入すると Activation できない。


7) 結局はどうなるのか

YaST > Online Update の Source Settings に

https://********@nu.novell.com が追加されます。

これは削除しないように注意しましょう。

a0056607_10553368.gif


YaST > Online Update を起動すると、 *****@nu.novell.com から利用可能なパッケージのアップデートを受け取ることができます。

不用意にアップデートを受け取らないようにするには ZENworks との同期を uncheck しておくのが良いでしょう。

a0056607_10574797.gif


Accept してアップデートを行います。このスクリーンは数回現れるので、その都度 Accept します。

アップデートが完了したら、システムを再起動して Kernel バージョンが変わっている事を uname -a で確認します。

8) 結構面倒で時間がかかる。

結論としては結構面倒で時間がかかるということです。この作業は、本機( Domain-0 ) と子機( Domain-U ) 全てに実施する必要があります。

つまり、台数が多い環境では ZENworks のサーバを買えよ、ということでしょうか。

9) よくある間違え

よくある間違えとしては、購入するときのメールアドレスが、代表メールアドレスではなくシステム担当のプロパー社員や、発注するシステムのマネージャのメールアドレスで登録してしまうことです。また、これらの無知なメール所有者が、ライセンスを書いたメールをスパム扱いして削除してしまう場合があるので、購入時は十分に注意してください。たいていの場合、ノベルからのメールはサブジェクトが文字化けするようなので仕方ないのですけどね。

これは登録シートを記入する「販売店の怠慢」なのですが、正しく販売店に販売方法を説明しない、キャディラックに乗ってクライスラーを売っているような無責任で傲慢なノベルのセールスとディストリビュータの責任でもあると思います。NCCに正しくコードが表示されない場合は、販売店ではなく、直接 Novell K.K. のテクニカルサポートに問い合わせる方が無難です。準備OKになるまで少し時間はかかるようですが、ノベルのTSC のメンバーはおおよそ自社の製品に誇りがあるようで、親切に責任をもって対応してくれます。

それが顧客として金を払った権利なのですから、遠慮せずに問い合わせましょう。

非番のエンジニア

-KeyWord-

Novell Customer Center ( NCC ), ZENworks, zmd-updater, update, Patch,
SUSE Linux, SLES, SLED, Virtual Machine Driver Pack ( VMDP ) , パッチの入手、アップデート、ノベルカスタマーセンター
[PR]
トラックバックURL : https://islandcnt.exblog.jp/tb/7306499
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by islandcenter | 2008-07-16 19:25 | SUSE | Trackback | Comments(0)