使ってみよう SUSE Linux 10 (SLES10)で iSCSI 

Transrate English

XEN 環境でLive Migration などのある程度高度なシステムを作ろうと思うと、 iSCSIのような仮想ディスクや SAN 環境の知識が必要になります。本格的なハードウェアを準備して iSCSI のテストを行おうとすると結構な費用がかかりますから、ここでは、 XEN の仮想マシンを使って iSCSI の設定の手順をテストしてみます。

まず、YaST > iSCSI の内容を確認しましょう。 iSCSI にはターゲットとイニシエータがあります。

a0056607_166388.gif


-iSCSI ターゲット
iSCSI のディスクの提供側です。

-iSCSIイニシエータ
iSCSI の利用側です。

これらのアイコンをクリックすると、必要な RPM は自動インストールされます。メディアをご用意してください。

ターゲット側の準備

ターゲット側はストレージのサービスを提供します。ストレージサービスは空きのディスクドライブか、スパースファイル(空のファイル)で提供します。

-空のファイルを作る方法

今回は iSCSI Target に XEN のホストマシン上の仮想ファイルを使うことを考えて、次の操作で path にイメージファイルを 1M * 4096 = 4Gb のスパースファイルを作成しました。

iscsitarget:~# dd if=/dev/zero of=/path/MyiSCSI.img seek=1M bs=4096 count=1


ここで作られるファイルは iSCSI Target 側のOSからアクセスできるため、バックアップは容易に行えます。あらかじめ容量が決まっている iSCSI initiater で利用するには良い方法ですが、パフォーマンスの点ではどうなのでしょうか。しかし、構築は楽です。定期的に tar で圧縮バックアップしてもいいですし使いようはあるでしょう。

もし、なんらかのトラブルがあった場合、「ファイル」の中身を iSCSI Target 側から参照することができないので、大容量のファイルシステムとしては不向きなのかも知れません。

-パーティションを割り当てる方法

ディスクを割り当てる場合、「空きディスク」または「空きパーティション」を準備しなければなりません。仮想環境で live migration を行いたい場合や、本格的なディスク仮想化、SAN化をするなら、こちらを使います。
XEN 環境であれば、インストール済みの XEN 環境にディスクイメージを追加して仮想ディスクを作れば xvd* を iSCSI 専用デバイスとして定義することができます。

iSCSI ターゲットメディアを指定

YaST > iSCSI Target > Targets Tab

Add > Add > Browse で /path/MyiSCSI.img か /dev/xxx ( xxx: は sdc, hdc など, XEN 環境では xvd* などが使えます) ここで Sparse File を使うか /dev/xxx を使うかでディスク装置をターゲットにするか、ファイルを使うかが決まります。

a0056607_16281869.gif


Service Tab ではデフォルト Manually Start なので When Booting にチェックします。

a0056607_12483683.gif


Global Tab はとりあえず No Authentication とします。必要に応じて認証が必要でしょうが、サーバがサーバ室にあってバックボーン回線に繋がっている場合、ユーザからはアクセスできないので、この設定でもとりあえず構わないでしょう。

Finish を押してサービスを起動します。

initiator 側

それでは iSCSI initiator 側からマウントして利用してみましょう。

~# yast
> Network Service > iSCSI initiator を開き、Discover Target を選びます。
Add を選ぶと、 iSCSI Target のアドレスと認証情報をセットします。

a0056607_13103298.gif


Discover Target の List 画面から、まだ未接続の iSCSI ターゲットにを選んで "Log In" を行います。

a0056607_131516100.gif


Connected Target に iSCSI Target が接続されていることを確認します。

a0056607_1318939.gif


※CUI 版の yast では toggle statup が画面からはみ出て見えませんが、yast2 で見るとこの部分は manual になっていることがわかります。
Toggle Startup を automatic に変更します。

a0056607_1551588.gif


Finish します。

/dev に sd* が認識されているか確認します。

iscsiuser:/ # ls /dev/sd*
/dev/sda

iscsiuser:/ #

SCSI デバイスとして、認識することができたようです。それでは、このデバイスにパーティションを作ってマウントしてみましょう。

iscsiuser:/ # yast

System > Partitioner を選びます。IET-Virtual-Disk が見えますね。

a0056607_1462458.gif


このデバイスを選んで Create します。

a0056607_1491779.gif


ファイルシステム( Default : ReiserFS ) とサイズ、マウントポイントをセットします。

a0056607_14111926.gif


Partitiner のメインメニューから Apply すると、フォーマットが開始されます。

a0056607_14132166.gif


フォーマットが終わるとパーティションが作成されていることがわかりますね。
この状態で Quit します。

a0056607_1415087.gif


パーティションがあるかどうか fdisk -l で確認してみます。

iscsiuser:/ # fdisk -l

Disk /dev/xvda: 6442 MB, 6442450944 bytes
255 heads, 63 sectors/track, 783 cylinders
Units = cylinders of 16065 * 512 = 8225280 bytes

Device Boot Start End Blocks Id System
/dev/xvda1 1 98 787153+ 82 Linux swap / Solaris
/dev/xvda2 * 99 783 5502262+ 83 Linux

Disk /dev/sda: 4294 MB, 4294971392 bytes
255 heads, 63 sectors/track, 522 cylinders
Units = cylinders of 16065 * 512 = 8225280 bytes

Device Boot Start End Blocks Id System
/dev/sda1 1 522 4192933+ 83 Linux
iscsiuser:/ #


どうやら、ディスクがちゃんと認識できたようです。

iscsiuser:/etc # cat fstab
/dev/xvda2 / reiserfs acl,user_xattr 1 1
/dev/xvda1 swap swap defaults 0 0
proc /proc proc defaults 0 0
sysfs /sys sysfs noauto 0 0
debugfs /sys/kernel/debug debugfs noauto 0 0
devpts /dev/pts devpts mode=0620,gid=5 0 0
/dev/disk/by-id/scsi-1494554000000000030000000000000000000000000000000-part1 /iscsi reiserfs acl,user_xattr,hotplug 1 2


/etc/fstab にも書き込まれました。

fstab には起動時に自動マウントされるよう次の行を加えます。

/dev/sda1 /media/MountPoint noauto,_netdev 0 0

_netdev はネットワークが起動するまで待つオプションです。マニュアルには記載がないのですが、どうもこのオプションを使うのが一般的なようです。

ノベルのマニュアルはこちらです。
http://www.novell.com/ja-jp//documentation/sles10/sles_admin/data/cha_inst_system_iscsi.html

Novell K.K. の日本語サイト(SLES9 の設定方法の残骸のようです)
SUSE Linux 10.0でXen 3.0を用いユーティリティコンピューティング環境を実現

非番のエンジニア

-キーワード-
SUSE Enterprise Server 10 , SLES10, SLED10, iSCSI Target, iSCSI Initiator, fstab, _netdev, XEN,
[PR]
トラックバックURL : https://islandcnt.exblog.jp/tb/7370303
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by islandcenter | 2008-08-06 19:24 | SUSE | Trackback | Comments(0)