SUSE + XEN で NetWare 3 + ipx + バインダリ接続

古い NetWare 3x サーバを交換したいというのであれば、 XEN 仮想化した上で NetWare 6.5 を導入してバインダリエミュレーションを試みるとよいでしょう。

仮想OSを導入する際に IPX を設定してインストールするだけです。

仮想化した NetWare 6.5 のサーバの Monitor スクリーンです。
a0056607_0354058.gif

ユーザの接続アドレスが IPX のアドレスになります。

set bindery context = .MyUser.MyOrg;

をセットすれば MyUser のコンテナに作成されたユーザはバインダリ接続することができます。

a0056607_0372377.gif


ユーザが正しく IPX 接続しています。

バインダリ接続すると SYS:MAIL ディレクトリが作成されます。
a0056607_039395.gif


ユーザのログインスクリプトはここに作成すれば結構です。

関連記事
Windows 7 で ipx を使う裏技だそうです。

-KeyWord-

NetWare3 3.12 交換 4.1 Bindery Connection バインダリ接続 XEN SUSE Linux SLES10 バインダリエミュレーション 仮想化 VMware


問い合わせは
islandcenter.jp
もしくはノベル株式会社さんへ








[PR]
トラックバックURL : https://islandcnt.exblog.jp/tb/7435048
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by islandcenter | 2008-08-28 00:41 | XEN | Trackback | Comments(0)