isLandcenter 非番中

ブログトップ | ログイン

SUSE Linux + XEN 仮想化のメリット

さすがにハイパーバイザーだけではこんなことはできないでしょう。

SUSE Linux + XEN 仮想化のメリット_a0056607_109930.gif


単に仮想ホストマシンで OpenOffice や Gimp が動いているだけなのですが。

XENは俗に VMware Workstationや Virtual PC などと同じくアプリケーションと同じレベルで動く Host 型仮想化と言われますが、現実にはカーネルが仮想化に適した形にカスタマイズされるため、これらの Host 型仮想化とは異なり、HyperVisor 型にかなり近い形で動作します。SUSE Linux の場合、通常のインストールを行った後、ハイパーバイザーをインストールするだけです。

他の HyperVisor 型製品(VMware ESXi, Hyper-V)は無償で利用できますが、多くの場合、無償である以上、かなりきつい制限がかかった状態でインストールされます。もちろん openSUSE のように豊富なアプリケーションが付いているわけではありませんが、アプリケーションすらインストールできないわけです。

当然その分「仮想化に特化しているのだ」ということもいえるわけですが、他に何もできない以上、何かのオペレーションが必要な場合、特殊な仕掛けが必要であるということです。特殊な仕掛けを動かすためには特殊なオペレータが必要となります。

また、ハイパーバイザーのみの場合、特殊なデバイスドライバが必要な場合はどうやってインストールすればよいのでしょうか。 SUSE + XEN 仮想化システムの場合、ソースで提供されるドライバがあれば、コンパイルしてインストールするだけなのですが、ハイパーバイザー専用システムの場合は、やはりハードウェアベンダーが提供するドライバがない限り動作させることができません。したがって、ソフトウェア開発者がテストを行ったり、運用担当者がマニュアルを作ったりする場合は、このように手軽に仮想化システムを構築できるXEN仮想化は強力です。何しろ普段使っているシェルやGUIが運用面でもそのまま使えるわけです。

開発が終わったシステムをそのまま商用の SLES のサーバ専用マシンに移行させることもできます。別に管理コンソールを購入しなければ使い物にならないハイパーバイザー専用システムではこうは行かないのですね。

- 仮想化のマーケットシェア -

そもそも、「仮想化のマーケットシェア」って意味があるのかというのは疑問ですね。もし Hyper-V と VMware を比較して、「VMware の方がシェアはありますよ」というセールスマンがいたら、笑い飛ばしてしまうしかありません。 「VMware と XEN の機能を比較してみると」といって、○×の機能マトリクスを出したセールスがいるのなら、よく勉強したねと褒めてあげます。

VMware と XEN の比較は、相撲の土俵の上で柔道家とプロレスラーに試合させるようなもので大晦日のK1グランプリみたいで、まったく意味がないのですね。

VMware のワークステーション版は金出して買って使ってみて重宝させてもらいました。いい経験でしたね。WS 版でもすごく使いやすい。今度64版も買おうかなと思います。たぶん必要になるときがあるでしょう。

だけど、個人としてはそれ以上金を払ってサーバ版を買う事はできなかったということでした。VMware は仮想化、それ以上のことはできないし、SUSE や RedHat をはじめとする商用 Linux では同じ程度の金額で、ありとあらゆる付加価値が創造できる。 VMware だけではWEB サーバはもちろん他の何の機能も実現できないのです。

昔興味本位で「このOSが動いた」と言って、その後フォーマットコマンドを叩く喜びを感じるOS大好きな人には素敵に見える優れものなのです。

VMware の仮想化分野での「金額シェア」はいくらぐらいなのでしょうか。素人の想像かも知れないけど、90%以上なのは間違えがないでしょうね。仮想化システムを有料で販売しているのは VMware とその他のいくつかの小規模なソフトベンダーだけだからです。XEN も Hyper-V もOSの単なる標準機能の一つでしかないので世の中で Windows Server と VMware のどっちが売れているという比較がナンセンスなように、仮想化のマーケット自体がOSに含まれるそんな当たり前な機能になっているわけなのですね。

おおむね、技術屋は「仮想化の機能」で見た場合、XEN や Hyper-V より VMware の方が優れていると考えるでしょう。ボクもその意見には大賛成です。大金払ってそんな単純な機能もないなら、VMware にわざわざ金を出す意味がないわけです。技術屋は自ら予算と経費と経営のバランスを考える立場の人ではありません。自分のほしい機能に予算を要求する立場なのです。

じゃあ台数ベースではどれくらいシェアがあるのって質問は難しいかもしれません。はてなのような Web 2.0 系企業がわざわざ有償の仮想化システムを買っているわけではないでしょうし、ウワサどおりなら、 Google は自社専用のサーバ自体開発しているわけですから、この類の企業のシステムが XEN などのオープンソースを基本としたシステムや独自技術で運営されている可能性は高いでしょう。その数を考えたら、完成品を売る大手ハードベンダーやSI業者が「うちの客は VMware だけです」というのは信頼できないわけです。売り上げ金額を考えても、ハードウェア、ソフトウェアのコストは VMware では圧倒的でしょう。

これからの問題は、仮想化ってあまりにもコモディティ化してしまって、サーバに8コアとか16コアとかが当たり前になったとき、「平凡で大した機能もないくせに」馬鹿売れしてしまうシステムが仮想化専用ソフトウェアベンダーを淘汰してしまうことです。その経過は NetWare と Novell の凋落を見てきたボクには怖いですね。本当に比較すべきなのは Hyper-V と XEN であり、VMware の将来は明るいのかなぁ。
by islandcenter | 2009-07-10 10:15 | XEN | Comments(0)