isLandcenter 非番中

ブログトップ | ログイン

SUSE Linux と Windows : ブートローダーの修復

-Windows を再インストールするとブートローダーが消えた-

テスト環境などでは SUSE Linux 11 と Windows とのデュアルブートにしているケースがあります。 Windows が壊れてしまって、Windows を再インストールすると、ブートローダーが消えて Windows しか起動できない場合があります。

ブートローダーを再インストールしたい場合、SUSE Linux 11 では、DVD 起動して

Repair Installed System

からブートローダーの修復ができます。

Repair Installed System > Custum Repair > パッケージのチェックを uncheck して、修復します。指示に従って、ブートローダーを再インストールするとブートローダーが再インストールされます。 Finish ボタンを押して、指示に従って再起動します。

- 今度はWindows が起動できなくなった -

Windows のメニューが Grub に出てこなくなった場合は、まずパーティションの内容を確認します。 YaST > System > Partitioner

SUSE Linux と Windows : ブートローダーの修復_a0056607_1384558.jpg


/dev/sda1 がWindows のブートローダー(NTFS)のようです。

YaST > System > Bootloader から Add ボタンでブートローダーメニューを追加します。

Section Type : Chainloder Section > Next

Section Name : 任意
Do not verify filesystem before Booting : check
Block offset for Chain Loading : 1
other system : toggle > Windows の System Partition(100M) <- ここでは /dev/sda1

SUSE Linux と Windows : ブートローダーの修復_a0056607_12565484.jpg


これで Windows のブーとメニューが復活できます。

-今度は XEN のセクションが出てこない-

一番楽な方法は XEN の機能の削除と再インストールでしょうか。 YaST > Software Management > Filter : Pattern から XEN Virtulization のチェックを外して、いったんアンインストールします。ソフトウェアがアンインストールされるだけで、仮想マシンが削除されるわけではありません。

次に XEN Virtulization にチェックを入れて、再インストールします。

※ それにしてもどうしてこんなに Windows 7 の 64 ビット版て不安定なんでしょう?

- Keyword -

SUSE Linux 11 OpenSuse 11 Grub Windows デュアルブート、ブートローダーの再インストール

Visit my website islandcenter.jp
by islandcenter | 2009-09-11 13:03 | SUSE | Comments(0)