isLandcenter 非番中

ブログトップ | ログイン

もう10年以上 XEN ハイパーバイザーと付き合ってきて、つくづく思うのは「あぁ、もうx86_64 のXENは終わったなぁ」ということです。別にLinux + x86_64 なら KVM でもいいんじゃん。

今でも考えられるケースで XEN を使うとしたら、

- XEN の Domain_U のカーネルを弄ってまで、他のハイパーバイザーに移行させたくない(これ結構大きい)
- BSD 系 Uinux や Soralis と言った、非 Linux カーネルの UNIX系 OSをハイパーバイザーやゲストOSでも使っている(トモダチになりたくないな)
- ハードウェアに仮想化支援機能(VT機能) がない機器とか i386 ベースのx86ハードウェアでも仮想環境を使いたい(エラク古いPCだ)
- Intel x86 系の CPUを使っていない(PPCやIA64)とか (見たことないけど、もっとトモダチにもなりたくないな) )

こういった「今更な理由」がない限り Linux に限れば XEN による準仮想化を積極的に選ぶ理由がなくなってしまったのです。

まぁ、もともと10数年前に XEN 3.0 の登場とともに Intel=VT や AMD-V などの仮想化支援機能がハードウェアに実装されたと同時に XEN に「完全仮想化」というキラーな機能がついて、火が付いたと云えます。

と同時にこれらのVT機能の強化が続く中、普及と共にライバルの完全仮想化、64ビット版のみの KVM ハイパーバイザーが台頭してきたわけです。何しろ完全仮想化は QEMU にオーバーヘッドを渡すわけで、同じ QEMU を使う KVM ハイパーバイザーとの共通化が進んでいるわけですね。

PR




ただし KVM ハイパーバイザーは当時としては主流だった VT 機能非搭載のPCサーバーや XEN を積極的に導入してきた非Linux 系の ISP やBSD系 Unix が主流の iDC の積極的な導入がなく、実績も少なかったので、まだまだ「開発中」といったイメージしかありませんでした。また、ハードウェアも仮想化を強く意識しないデュアルコアやクアッドコアがせいぜいでした。

しかし、VT機能というハードウェアの援護を受けて、KVM は一挙に広まっていった、という感じがあります。実際、XENで完全仮想化された Domain_U であれば、ほとんど仮想イメージを変更しないで KVM へ移植できてしまいます。何しろハイパーバイザーの補助をする QEMU という共通基盤があるため、XEN の完全仮想化はほとんど KVM との共通ワードとなっているわけですね。だから、 Linux On Linux の仮想化でも Full Virtual には、特に目立った機能の低下、スループットの低下はあまり感じなくなってきました。さらにはオクタコアやへクスコアなんていうハードウェアが、松竹梅の「竹程度」のサーバーに実装されると、ボトルネックはディスクI/O程度の問題になります。

SUSE 11.x の時代は XEN の全盛時代だったのですが、 SUSE では SLES12 以降、Libvirt の共通化により、オペレータは、自分が操作するハイパーバイザーが XEN なのか KVM なのか、強く意識しなくなりました。この原因は OpenStack の影響もあるでしょう。 SUSE は openstack に重点が移っているし、親会社の Microfocus も HPE のソフトウェア部門の買収に伴い、益々マルチベンダークラウドに力が入っていきそうです。

顧客も専用のハイパーバイザーと管理ツールによるベンダーロックインは避けたいところ。オンプレミスなクラウドと、iDC のプライバートクラウドと、AWS のようなパブリッククラウドとの間にあるマイグレーションを試みたい所です。まぁ日本のIT業界ではベンダーロックインというよりSI屋にロックインされているのですけどね。
SLES の仮想化コマンド自体も Libvirt の共用化によって、virsh コマンドにオプションの違いはあるにせよ、ほとんど xm, xl コマンドと同じ操作ができるようになってしまいました。こうなると、自分の操作するハイパーバイザーが XEN なのか KVM なのか、ほとんどオペレーターは意識する必要がなくなってしまいます。こうなると Citrix や VMware 専門のエンジニアのある種の閉鎖性が邪魔になってしまいそうです。

また openstack による統合管理を考えると、事業者におけるハイパーバイザーの一本化というのは避けて通れない(のかな)という事もあり、Linux + x86_64 主体のデータセンターでのハイパーバイザー運用は XEN ではなく KVM の一本化に進んでいくことになりそうです。

伝統的に XEN on BSD Unix などを使っていた iSP や iDC 事業者はさておき、数年後の新興サービスベンダーの若い技術者にとっては「XEN?何それ」化しそうな気がします。

PR これも KVM




--
こうなると "XENserver" を名乗る CItrix の戦略はどうなるのよ、という疑問がふつふつとわいてきます。世の中、完全仮想化に向いている中、Linux や BSD 系の「サーバー」OSを XEN ハイパーバイザーで管理する、という商品イメージはだんだんとネガティブに見えてきます。いまや XEN というブランドが、重しとして Citrix に乗りかかっているのですね。「あぁ Citrix, 昔 XEN でブイブイ言っていたベンダーね」と「聞いたことあるよ」という日がいつか来るでしょう。いや、その頃はもうXEN app というプロプラエタリなアプリケーションの仮想化ベンダーとして特化する中,早まって XENsource を買収したCitrix も XEN というブランド名を捨ててしまうのかも知れません。

もともと、Windows NTx 系のオペレーティングシステムをマルチユーザ化した Windows Remote Desktop も Cytrix が開発に関わった機能であり、Metaframe や XEN App といった、Citrix 得意のシンクライアント機能に特化した企業として存続していくのだろうけれど、サーバー集約化を目指す Xenserver といった製品の他社ベンダーや openstack や docker との差別化できない機能は、よほどのことがない限り、「世界のクラウドの Citrix 」化することはなさそうです。

PR インフラエンジニアが知っておくべき仮想化技術














by islandcenter | 2016-07-17 22:12 | 雑文 | Comments(0)

小規模クラウドで Storage Area Network (SAN) 構成を低価格で実現できる製品が出てきました。

D-Link、低価格の10GBASE-T対応レイヤ2スイッチ2製品


 今回提供されるのは、100/1000/10GBASE-Tを8ポート搭載する「DXS-1100-10TS」と、同12ポート搭載する「DXS-1100-16TC」の2製品。前者はそれ以外にSFP+スロットを2基、後者はSFP+スロットを2基、100/1000/10GBASE-TとSFP+のコンボスロットを2基備えている。

 価格(税別)は、DXS-1100-10TSが18万8000円、DXS-1100-16TCが29万8000円。

仕様など詳細はこちら

この価格帯の 10Gbase-T HUB は長いこと NetGear の独壇場だったのですが、他からこの価格帯の製品がなかなか出なかった。

山が動くっ! 10GbE 安価なHUB登場 ネットギア XS708E

NetGear と違うのはレイヤ2でしかも SNMP マネージ機能がついている事。Zabbix の様なオープンソースの監視ソフトウェアで SNMP 管理すれば 10GbaseT の実力だとか、ポート単位で実効速度なんかをグラフのイメージでも把握できるわけです。やっぱり 10GbaseT は必要だよね、とかこのストレージは 1Gbase-T でも十分じゃんとか、中々イメージできないものです。

PCサーバー本体や、SANストレージには 10Gbase-T のポートは比較的安価に増設できたのですが、中々 HUB が出てこないのは、1Uラックでは廃熱や電源などの問題があったようなのですが、こうして低価格の 10Gbase-T の HUB が出てくる事は、小規模ネットワークのプライベートクラウド化のボトルネックだった、ストレージアクセスが解消されるわけです。

何より、ストレージ系のバックボーンを安心してSAN化できるのはいいことです。





-KeyWord-

プライベートクラウド SAN 10Baseu-T HUB ストレージボトルネック 仮想化

by islandcenter | 2016-07-15 13:26 | プライベートクラウド | Comments(0)

関連記事


Windows10 HOME でパスワードがないゲストユーザを作る

Windows10 Microsoft アカウント<-->ローカルアカウントの変更


の続きです。

Windows10 に作成した、「ゲストユーザ」にストアアプリを使ってもらう事を想定してみましょう。例えば貴方のタブレットをちょっとの間、パスワードのないゲストアカウントで知人に貸し出したり、リモートデスクトップでVDIサーバーしか使わない、格安シンクライアントにログインした、パスワードなしのユーザ、(VDIは Windows7 だったりするので、ストアアプリは使えない)にストアアプリにある、ニュースアプリや天気予報、乗り換え案内など、業務や、ちょっとした行動に必要なブラウザでは使えないアプリをインストールしておくことがあります。あるいは、"MyHomeUser" など、パスワードを必要としない我が家のガキンチョどもに、ちょっと使わせたい、なんてシーンはゴロゴロしているわけですね。そんな目的で、Microsoft アカウントと紐づけされていないPCに、ストアアプリをインストールする方法をチェックしてみました。


- ストアアプリにサインインしてアプリをインストール -

ストアアプリを起動して、「検索」窓左の人型アイコンをプルダウンして、「サインイン」します。
Windows10のゲストユーザが Microsoft ID なしでストアアプリを使う_a0056607_11364611.jpg
アカウントの選択で "Microsoft アカウント"を選びます。
Windows10のゲストユーザが Microsoft ID なしでストアアプリを使う_a0056607_11380177.jpg

ここで既にある Microsoft アカウントでサインインします。
Windows10のゲストユーザが Microsoft ID なしでストアアプリを使う_a0056607_11384664.jpg
Microsoft ID のユーザ名とパスワードをセットして
Windows10のゲストユーザが Microsoft ID なしでストアアプリを使う_a0056607_11393345.jpg
"このアプリのみサインイン"します。
Windows10のゲストユーザが Microsoft ID なしでストアアプリを使う_a0056607_11404018.jpg

これで Windows ストアにアクセスできるので、天気予報アプリを使ってみました。
Windows10のゲストユーザが Microsoft ID なしでストアアプリを使う_a0056607_11411913.jpg

問題なく使えるようです。
Windows10のゲストユーザが Microsoft ID なしでストアアプリを使う_a0056607_11420540.jpg


- サインアウトする -

ストアアプリからサインアウトするには、検索ボックスの人型アイコンからサインインしたアカウントをクリックして”サインアウト”します。
Windows10のゲストユーザが Microsoft ID なしでストアアプリを使う_a0056607_11424410.jpg

無事サインアウトしたようです。
Windows10のゲストユーザが Microsoft ID なしでストアアプリを使う_a0056607_11432944.jpg
この状態であれば、天気予報やニュースアプリのように Microsoft アカウントを使わないストアアプリであれば、問題なく利用できるようです。ちなみに、一つの Microsoft アカウントで同時に利用できるデバイスは10台までとの事ですが ....

[Windows 10]ストアアプリのインストール回数はどのように管理するのでしょうか?

「設定」>「アカウント」>「お使いのアカウント」>「Microsoft のアカウントの管理」でブラウザが起動します。 Windows Live へログインし、「デバイス」メニューから「PCの削除」が行えます。
Windows10のゲストユーザが Microsoft ID なしでストアアプリを使う_a0056607_11441527.jpg

これで、Microsoft アカウントとデバイスとの紐づけを解除したら、10台以上に”天気予報アプリ”がインストールできるか、どうなのか。残念ながらそんなにPC持っていないので試していませんが、やっぱりデバイス情報には、インストールされたPCがリストされたので、10台以上のPCに一つのアカウントでインストールはできないようです。

Windows10のゲストユーザが Microsoft ID なしでストアアプリを使う_a0056607_11540635.jpg
10台以上デバイスをお持ちの方のフォローがあったら嬉しいです。




-Keyword-
Microsoft Windows ID Windows10IDなし ストアアプリのインストール ゲストユーザ アカウントの紐づけがない アカウントの紐づけされていない Windows ID パスワードなしのユーザ 激安 格安 シンクライアント Windowsアプリ 使いたい。


by islandcenter | 2016-07-12 11:55 | Windows | Comments(0)

ご存じの通り Evernote の無料版が、アップロード制限だけではなくデバイス数にも制限がかかりました。本来、"Ever" で使えるビジネスモデルとして、長く使えるようビジネスモデルを考えた結果が Evernote の特徴ででしたが、複数のデバイスで無料だったサービスが Ever とは言えなくなってしまいました。もうすでに "Evernoteの乗り換え先はどこか"なんて記事がでているくらいだから、Evernote 脱退組が大量に出てくるでしょうね。


クラウドのフリーミアムモデルの後退です。Evernote ユーザは牧草地帯、クラウドノートの草刈り場となるのでしょうか。

- フリーミアムのコントロール -

クリス・アンダーソンの著書「フリー」では、10%のプレミアムユーザがフリーミアムの理想である、と”フリー”の中で書いています。Evernote のビジネスモデルでは、予想されたプレミアムユーザよりフリーユーザである分母が多すぎた、という事になります。無料のベーシック版が2台までというのはすごく微妙でポイントを付いた数字ですね。分母を減らしてでも運用コストを下げるか、プレミアム(プライム)ユーザから費用をとれるかのツボを押さえた制限です。

また、Evernote はプレミアムユーザであれば、転送容量、利用容量無制限だったのですが、このポリシーも数か月前に撤廃されて、プレミアムユーザであっても10Gの容量制限がかかっています。何しろプレミアムユーザならアップロードは無制限、無料ユーザはアップロード制限があっても、ダウンロードは自由だった訳ですね。

「本来の使い方から逸脱した利用」があったらしく、おそらく、一部のプレミアムユーザが「割れ物」のアップロードと共有に使っていたのでしょう。確かにそういう使い方もあるなと想像できます。

Evernote のアカウント先に送られてくるメールにも Evernote 自身が、プレミアムサービスをどう増やせばいいか迷走している様子がよく窺えました。

-ビジネス向けのフリークラウドサービスの限界-

よく Line なんかでグループチャットが便利といわれますが、メンバーの中に一人でもガラケーを使っている人がいると使えないと云われます。

と、おんなじで Evernote の一つの機能として、グループによるデータ共有があり、Evernote としてはこの機能を一つのメダマとして、アピールしたいようなのですが、メンバーの中に一人でも 「Evernote なんて知らんぞな、もし」のような人がいれば使えないのですね。

組織と組織外、個人との情報共有というのは非常に難しいものなのです。

一度、gmail の共有アカウントを作って、そこで共同作業をやって欲しいと、強制してきた業者がいましたが、非常に困惑しました。

google のアカウントにログインしてしまえば、ブラウザの情報は個人的なものでも、すべて「共有」されてしまうのです。個人的なものならまだしも、他の業務で使っている情報まで「共有」されてしまえば、これは立派な情報漏えいになってしまうわけですね。

結局フリーの滅多に使わないようなブラウザにパスワードを記憶させましたが、他の事業者、他人、他の組織のユーザにフリーであっても、便利だから、という理由でクラウドサービスを使うように強制させる事は難しいのです。

特に、IT部門が関わらないこうしたフリーのクラウドサービスは、情報共有に対する制御が利きません。

私も「個人的に」使っている Evernote の「情報共有機能」がどのようなものなのかが把握できない以上、Evernote を使っている外部のユーザさんと情報共有するための目的には絶対に使わないでしょう。そういった理由もあり、管理ができるという理由で、意味もない常駐人月時間単価監禁仕事という形態を日本の顧客やIT業界やSI業界はヨロコブわけです。なぜ、日本でこうしたオープンな業務形態を実現できないか、というのは、コラボレーションツールのマネジメントの欠如がプロジェクトの中で”ない”からなのでしょう。

Evernote にはいくつかのサクセスストーリーがありますが、それはあくまでもプレミアムユーザを対象とした、「組織丸ごと」のサクセスストーリーであり、個人ユーザのサクセスストーリーではありません。しっかりしたコラボレーションツールのマネジメントの中で行われるから、サクセスストーリーが出来上がるわけです。

- フリーミアムはパーソナルで -

もちろん Evernote のポリシー変更はワールドワイドのものであろうから、日本だけ特殊なわけではありません。このストーリーにオチを付けるなら、フリーミアムがプレミアム化するには、安心して利用できるしっかりした「管理できる」サクセスストーリーが必要だという事です。管理できないフリーサービスは、あくまでも個人利用からプレミアム化し、グループワークに使うのであれば、何等かのルール、あるいはプレミアム化できる付加価値として、強力な管理機能が必要なのです。

例えば、従業員が業務で使っていたフリーミアムアプリケーションに保存されたデータは退職したときにどう管理されるのでしょう。組織外と共有していたデータは、そのメンバーがライバルのプロジェクトに引き抜かれたらどうなるのでしょう。

もちろんフリーミアムのプレミアムサービスを組織として経費化できる仕組みがなければ、他の組織と、境界を超えたコラボレーションが行える訳ないのですね。フリープレミアムサービスの経費化、これは個人の出費なのか、組織の出費なのか、外部の業者に利用を強制すべきなのか、その境界が曖昧である以上、フリーミアムが、公式な組織のツールとして存在することはあり得ないのです。









by islandcenter | 2016-07-11 10:44 | プライベートクラウド | Comments(0)