人気ブログランキング |

openSUSE Leap 15 のリリースに併せ、SUSE Linux Enterprise Server/Desktop 15(SLES15/SLED15)のパブリックベータ、および、リリースノートが公開されています。パブリックベータは、DVDには焼けない6.6Gbから13Gbまでの3枚です。

ビビッています。あまりのサイズの大きさにベータ版を落とす気力失いました。
このサイズなら、ウチでは三日かかる。インストールにブルーレィ必要じゃないのか?

時そば Windows10 の様に、バージョン 13, 14 をすっ飛ばして 15 です。

という事でファーストインプレッション前のリリースノートチェックです。


ベータ版のダウンロードはこちら(Micro focus 無料アカウントが必要です)

SUSE Beta Program

Public Beta SUSE Linux Enterprise 15

リリースノートはこちら

SUSE Linux Enterprise Server 15 GA Release Notes(SLES)

SUSE Linux Enterprise Desktop 15 GA Release Notes(SLED) -- おまけ --

SLES15 のリリースノートから、私程度の低レベルな Linux 運用、、構築担当者にもわかる程度の SLES の変更点や注意点がいくつか指摘できます。SLED15 についてや、インストール、オペレーションに関わる部分以外はウニャむにゃとスッ飛ばして、サーバーインフラ担当者として気になる点を重点的に読んでみました。

※ 実際の製品版:SUSE Linux (SLES15) のインストールとファーストインプレッションはこちら


- Basic は gnome 標準 -

Basic インストールを行った場合、gnome がいつものように標準でインストールされるようです。Desktop Workstation Extension (WE) をインストールする場合、 X11, Wayland が利用できます。まぁ、サーバーで運用する場合、LibreOffice があれば、csv の加工が便利だなぁと思う事は多いのですが、開発環境でもなければそれほど WE のデスクトップ拡張を入れる必要はないでしょう。そもそもサーバーのコンソールでグラフィックがゲロゲロ動いても意味ないですし、コンソールがトラブルと怖いですし、テキストモードで使う事が多いと思います。

ちなみに KVM では GPU の仮想化サポートが追加されたそうです。

- openSUSE Leap15 からのマイグレーション -

コアの共通化により openSUSE Leap15 からの直接アップグレードができるようになりました。無償の openSUSE で開発し、その後、運用のため、SLE のサブスクリプションを購入してマイグレートできるという事です。もちろん openSUSE Leap15 には LibreOffice から Gimp まで付いているので、SLE にアップデートした後はどうなるんでしょう。SLED のサブスクリプションを購入して WE をアクティベートしろという事なんでしょうか。そんなカタい事言わないのが、SUSEのいいところです。

ある意味、openSUSE は Leap 版から独自性より、SLES/SLED のマーケットリサーチの先行プロジェクト化したものになったという事です。


- 古いSUSE からのマイグレーションのチョークポイント RaiserFS -

RaiserFS が完全にサポート外となりました(合掌...)という事はSLE10 まで RaiserFS が標準だったので、RaiserFS を含む SLE9,10の場合 -> SLE15 の直接アップデートはできません。SLE 12 までは、RaiserFS のパーティション作成はできなくても、マウントまではサポートされていたので、いったん SLE12 にバージョンアップして、RaiserFS を BtrFS に変換してアップデートしろ(方法は書いていない)とあります。SLES12 のマニュアルには、ルートファイルシステムの BtrFS へのコンバートはサポートしていないので、実質新規インストールが必要なようです。他にもいろいろ制限があるようで、SLE11 までは、いったん SLE12 に上げてから、SLE15 にマイグレーションする方法が、一番無難な様です。後々、色々と Knowledge base に出てくるでしょう。

Migration from Ext and ReiserFS File Systems to Btrfs

- セットアップは4種類 -

Basic, Text(と基本的なX環境), KVM Host, XEN Host の4種類のインストールパターンからセットアップを開始します。まず、XEN か KVM は後で入れることもできると思うので、ハイパーバイザー運用なら、 Text で入れて、後にハイパーバイザーを入れるパターンが多いのかなと思います。 JeOS のパッケージもあるので、単機能の DNS や Apache サーバーを仮想化運用するなら、そちらを選ぶのが良いかもしれません。



- 新しいGPT GUID パーティション -

難語です。Linux の従来の GPT から新しい GPT にデフォルトが変わったとの事。いったいどういう意味なのか、あまりブートで悩んだ経験がないのですが、ブート用のパーティションが 新しいブートパーティションがデフォルトとなったという事らしいです。Microsoft 製パーティションが見つかると、フラグが立つそうです。システムブートやブートパーティションの設定で悩む可能性がありそうですね。あるいは Windows とのデュアルブートのレベルになったのか、というあたり(と誤魔化す)です。

大抵、パーティションはカスタムで、システムインストールのデフォルトから作り直すと思います。エキスパートパーティショナーがどういう動きになるのか、気になります。



- NCC(Novell Customer Center)から SCC(SUSE Customer Center)へ -

今まで、SUSE Linux のサブスクリプション登録は Novell の NCC サイトで行ってきましたが、これが SUSE の SCC サイトに移るという事。アクティベーションした後のレポジトリも nu.novell.com から suse.com になるようです。

と言っても、サーバーはどちらも Novell.inc の本拠地、 Provo.Uta.USA にあるのは変わりないのですけど。


このため、一旦、アップデートしてしまうと、リポジトリが変更されているので、特に SLE11 から SLE15 に上げようとして、途中でインストールをやめてしまった場合のサブスクリプションのロールバックが面倒です。他にも SLE12 から SLE15 へのアップデートにも、インストール中に SCC へ登録しないで後でSCCに登録するよう、注意が必要な様です。どうもサブスクリプションをインストールの途中でアクティベートしないで、アップデートするのが正解な様です。

NCC と SCC は無縁の様で、実は共通化されているのですが、バージョンアップに伴い、キャンセルされたアクティベーションが NCC と SCC で同期化するまでかなり時間がかかります。まぁ、 SUSE のアクティベーションには、普通でも昼飯食う位の時間がかかるので、これは覚悟ですね。急いでいる場合は SUSE の日本の総販売元のノベルKKに電話するのが正解です。元気なころのノベルの担当者ほ速やかに対応取ってくれましたが、今のノベルさんの場合、プレミアムでもスタンダードサポートでも担当者さん次第です。大体平日の午前11時以降であれば、ノベルさんの普通の出勤時間なのか人手不足なノベルKKさんはそこそこに対応してくれます。回答は良くて翌日です。

このあたりはリリースノートの該当部分を注意深く読んでください。いずれ Knowledge Base あたりに Issue が上がって来そうです。

オフラインでのSLE15 へのマイグレーションは SLE12sp2 以降がサポートされている、という事になっているので、何かと SLE12sp2,3 などの最新版に上げてから行うのが無難です。

何れにせよ、今ほとんど仮想化運用だと思うのですが、 SLE9,10 あたりで動いているサーバーは、そのまま塩漬けにしてしまうのか、あるは新規にサービスを更新した方が良さそうです。



- qemu-kvm Wrapper がインストールされない -

デフォルトでは qemu-kvm Wrapper がインストールされないので、昔の SLES12 で動いていた、qemu-kvm Wrapper を使ったVM環境では動かないらしいという事。仮想マシンを qemu-kvm Wrapper を使わない環境で作り直すか(優先事項)、手動でハイパーバイザーに qemu-kvm をインストールしろとあります。


- /etc/SuSE-release はなくなった -

小さなことですがバージョンを表す SuSE-release はなくなり os-release に代わりました。ちょっと寂しかったりする。


- KVM のネストができる -

今までも「出来るらしい」とは聞いた事がありましたが KVM on KVM で、孫 VM を動かすことができます。ただしプレビュー版という事なので、くれぐれも本番環境では使わない事です。マニュアル用のスクリーンショットを取るような場合は便利かもしれません。その程度だと思います。


- SuSEFirewall2 が firewalld に置き換わった -

YaST から SuSEFirewall のアイコンが消えたので、びっくりして腰抜かさないように、と注意書きがありました。記載がないので firewalld の細かい点はマニュアルを読めという所でしょうか。


- YaST から Floppy Disk のサポートがなくなった -

だから腰抜かすなよ、という訳でもないのですが、AutoYaST や、ブートローダーのバックアップにFDは使えないという事。 -- それ以上の記述がないのではUSBメモリが必要だよ、って事になるのでしょうか。その点の記載はありません。もっとも、今時のPCサーバーにFDが付いていることもないので、FD自体の利用は考慮されなくなったという事でしょう。AutoYaSTやブートローダーの問題はいずれ、Cool Solution などに掲載されるでしょう。



--
他にもハイパーバイザーの細かな点やCPUやアキテクチャの変更点、読んでも理解できないカーネルの複雑な変更点など、リリースノートには書かれています。いずれにせよ、読んで理解できる部分は、初めてのアップグレードや新規インストールの際のトラップホールとなるので、一読しておくべきでしょう。

以前、某SI屋のセールスマンと話した事があるのですが、「Windowsは常に最新にしてユーザのクレームとトラブルに巻き込まれろ。Linux はできるだけ塩漬けしてトラブルを起こすな」というのが、一般的なユーザさんのIT担当者の考えです。目鱗モノのご意見でした。

確かに、数年ぶりにリブートした Linux サーバーの fsck 場面は見たくないのは同感です。

とは言え、既にサポートが終わってサブスクリプションも売っていないバージョンを使い続けるのも理想ですが、担当者レベルでいざ問題が起きた時の、現場での上長への言い訳の準備はしておくべきです。組織トップへの言い訳の準備のため、サブスクリプションの予算提案、購入提案と、マイグレーションは現場担当者として計画して提出しておくべきでしょう。その提案を認めるか認めないかは、組織の問題なのですね。











by islandcenter | 2018-06-28 06:46 | SUSE | Comments(0)

SUSE Linux (SUSE Linux Enterprise Server12, SLES12) へ3分で samba を導入する方法を説明します。

Samba install on SUSE Linux (SLES Linux 3分クッキング:SLES12 でsamba のインストール)




- はじまりはじまり -

GUI 版 yast2 を "Computer" アイコンか、コンソールから起動します。

# yast2 &

a0056607_09205047.jpg



サーチボックスに "sam...." で検索し、アイコンをシングルクリックで開きます。

a0056607_09244251.jpg




まずは、ワークグループかドメイン名を設定

a0056607_09252214.jpg


次に自動スタートアップするよう "During Boot" にチェック

a0056607_09254294.jpg




Share タブから、共有ディレクトリを追加します。 "Share Path" > "Browse" > 共有ディレクトリを指定します。

a0056607_09261218.jpg

a0056607_09263629.jpg


これで、終わりです。"OK" ボタンで終了すると、samba が自動的に起動します。



今回は Mac の Finder からサーバーに接続してみました。"サーバーに接続" メニューから、サーバーの IP アドレスを指定します。

a0056607_09270119.jpg



ユーザ名とパスワードを設定すると.....

おっと、ログインできない。(必ずやるお約束のボケです)

a0056607_09271792.jpg



お約束の smbpassword を忘れていました。

# smbpasswd -a user_name
: new-password
: re-type-password

a0056607_09273651.jpg



もう一度接続します。

無事接続できました。

a0056607_09275461.jpg


当然、この共有ディレクトリは、ユーザの R/W 権限があるものです。ここでフォルダが開けない場合は、Linux のアンチョコ本で chmod と chown の勉強が必要です。


後は、サブスクリプションを購入して、アクティベートします。

SUSE Linux 15 YaSTの基本







by islandcenter | 2018-06-15 09:31 | SUSE | Comments(0)



ここでは SUSE Linux Enterprise Server(SLES12) で仮想マシンを作成する手順を説明します。

SLES12 より virt-manager の使い方がウィザード方式になり、簡単になった反面、細かなカスタマイズが出来にくくなりました。ここでは、 カスタマイズしたインスタンスの作成方法を説明します。

-はじまりはじまり-

全体の流れはこちら

SLES VM install on KVM/SLES12



まず仮想インスタンスイメージを作成するディレクトリを作成します。

virt-manager では、仮想イメージを作成するディレクトリを作成する機能がないので、予め、仮想イメージを作るディレクトリを掘っておく必要があります。

/var/lib/libvirt/images

# mkdir /var/lib/libvirt/images/myvm

の下、または任意のディレクトリに仮想イメージを格納するディレクトリを作成します。ここでは /ssd の下に slesl12sp3 のディレクトリを作成します。

virt-manager の起動

# virt-manager &

で起動するか yast2 & > Virtualization > Virtual Machine Manager を選びます。ここで左上の Create ボタンを押して、新しい仮想インスタンスを作成します。

a0056607_15054888.jpg

Local Install Media(ISO or CDROM) > "Foreword" > Use ISO Image > "Browse" > Browse Local > Other Locations から、ディレクトリをブラウズして ISO ファイルを指定して "Open"


a0056607_15082142.jpg

"Automatically Detect ........ " にチェックが入っているので、インストールOSのテンプレートが自動的に選択されます。もし、"Detect" されない場合は、チェックを外して、適切なOSを選ぶ事ができます。若い方には「こんなのシラン」という、年寄りには”懐かしい”と叫びたくなる古いシステムも選択できます。(OS/2 Warp はなかった.....)

a0056607_15092356.jpg

Forward で、vcpu 数、メモリを設定します。

a0056607_15093930.jpg
イメージを作成するディレクトリを指定するために "Manage" ボタンを押して、作成済みのディレクトリに作成する仮想インスタンスのイメージファイル名を指定します。

Manage > "Brows Local " > "Computer" から、予め作成したディレクトリを指定(Open)します。まだファイルがないので、ファイル名を分かりやすい名前(仮想VM名+ディスク番号+フォーマット形式:など)で作成します。

a0056607_15095987.jpg
- 仮想マシンのカスタマイズ -

”Finish” ボタンを押す前に「ちょっと待った!」

a0056607_15110151.jpg

仮想VM名が決め打ちなので、運用上のインスタンスの命名規則に従って設定、
Customize Configuration .....” をチェックして選択、仮想VMをカスタマイズします。インストールサマリの詳細画面が出ます。


a0056607_15121449.jpg
仮想ディスクイメージの ”Advanced Option” を開くと、デフォルトフォーマットが "qcow2" なので ”raw" に変更

a0056607_15133441.jpg

※ 一般的には qcow2 より固定容量の raw フォーマットの方が高速で安定していると言われます。ただし、使い勝手やディスクの予備容量では qcow2 の方が良いそうです。運用上、あまりファイルが増えない小さなシステムでは raw フォーマットが向いているでしょうし、ファイルの増減が大きな場合やスナップショットを使うには、qcow2 の方が使い勝手がよいようです。


- 二台目の仮想ディスクの追加 -

Add Hardware で二台目の仮想ディスクイメージを作成、一台目と同じ要領で、任意のディレクトリパスに仮想ディスクのイメージファイルを指定します。"Advance Options" を開き、適当なパラメータを指定します。

a0056607_15143880.jpg

二台目のディスクも raw フォーマットにしましたが、システムディスクは raw フォーマット、二台目のデータディスクや、/var, /home や /data などのファイル増減が多い仮想ディスクは qcow2 にするか、外部の iSCSI デバイスに分けるのが良いでしょう。

スピード重視の開発環境や、フルイメージのバックアップから再起動が高速で会った方がいい、という場合は、SSD上にイメージを作るとか、システムパーティションは SSD 上に作り、大容量の仮想ディスクが必要な場合は HDD のパーティションに作りたい、という選択ができます。

- いよいよ作成開始 -

左上の Begin Installation を押してインストール開始(このボタンの位置がわかりずらいンですね)

a0056607_15150807.jpg

インスタンスが実行状態となり、インストーラが起動します。

a0056607_15152484.jpg


かなり端折りましたが、全体的なイメージはこんな感じでした。
より詳細な情報はマニュアルをご参考ください。


マニュアルはこちら

SUSE Linux Enterprise Server 12 SP3 Virtualization Guide

Windows 2019 Server を SUSE Linux 15 (SLES15)+KVM で仮想ドライバを使って最適な仮想化


サブスクリプション購入はこちら



SUSE Linux, SLES12, KVM, Create VM virt-manager, KVM 仮想マシンのインストール,




by islandcenter | 2018-06-13 15:17 | SUSE | Comments(0)


- 現象 -

SUSE Linux Enterprise Server 12 の KVM 環境で virsh console コマンドでテキスト端末から仮想ドメインのコンソールに接続できない。



sles12kvm:~ # virsh list
Id Name State
----------------------------------------------------
9 opensuse-Leap151 running
17 salamandra running
20 wsus running
21 dns4 running
31 sles12sp3 running
36 sles11sp4 running

sles12kvm:~ # virsh console sles12sp3
Connected to domain sles12sp3
Escape character is ^] (<--- Enter を押してもここから先に進めない)


- 対策 -

マニュアルの記載があります。SLES の仮想ドメインのブートローダーのカーネルパラメータに YaST で console=tty0 を記述します。SLES11 の場合、更に /etc/inittab でコメントアウトされている行を一か所、有効にします。



Accessing the VM Guest via Console


SLES 12 / openSUSE
Launch the YaST Boot Loader module and switch to the Kernel Parameters tab. Add console=ttyS0 to the field Optional Kernel Command Line Parameter.
SLES 11
Launch the YaST Boot Loader module and select the boot entry for which to activate serial console access. Choose Edit and add console=ttyS0 to the field Optional Kernel Command Line Parameter. Additionally, edit /etc/inittab and uncomment the line with the following content:
#S0:12345:respawn:/sbin/agetty -L 9600 ttyS0 vt102



とっても重要

当たり前ですが、 テキストコンソールではない Windows の仮想マシンには virsh console は利きません。


SLES11の場合

# yast2 > System > Boot Loader から、ブートセクション行を選択して Kernel Option に " console=ttyS0" を加え修正します。
a0056607_12520397.jpg
テキストエディタで /etc/inittab から "S0:12345:respawn:/sbin/agetty -L 9600 ttyS0 vt102" の行のコメントアウトを解除します。
a0056607_12525899.jpg

その後、再起動すると、 virsh console が正常に起動できます。


sles12kvm:~ # virsh console sles11sp4
Connected to domain sles11sp4
Escape character is ^] (Enter)



Welcome to SUSE Linux Enterprise Server 11 SP4 (x86_64) - Kernel 3.0.101-63-default (ttyS0).


sles11sp4 login:


SLES12の場合

SLES12 の場合、YaST の System > Boot Loader > Kernel Parameters に " console=ttyS0" を加え修正します。

a0056607_12533018.jpg
その後、再起動します。

sles12kvm:~ # virsh console sles12sp3
Connected to domain sles12sp3
Escape character is ^] (ENTER)


Welcome to SUSE Linux Enterprise Server 12 SP3 (x86_64) - Kernel 4.4.73-5-default (ttyS0).


sles12sp3 login:


これで、テキストコンソールから、virsh console が利用できます。



サブスクリプション購入はこちら









SUSE, SLES12, KVM, XEN, Virsh Console が起動できない


by islandcenter | 2018-06-11 13:06 | SUSE | Comments(0)

SUSE Linux で、YaSTによるDNSサーバーのインストールから設定(スレーブ)まで、二分弱の動画でまとめてみました。

Bind Install on SUSE 12 by YaST(2分でできるYaST でBind DNS のインストール)





こちらはテキスト版の yast

Network Service > DNS サーバーをえらんで run させます。

a0056607_14493393.jpg

GUI版 yast2 の場合、Search ボックスから "dns" のキーワードで DNS server のアイコンが絞り込まれるので、これをシングルクリックします。なお、yast2 の仕様により gnome の設定をダブルクリックオープンにしても、yast2 では常にシングルクリックです。
なるべく右ボタンから open を選ぶのですが、動画では間違ってダブルクリックしてしまいました。

a0056607_14495152.jpg

まだインストールされていないので "Install" します。

a0056607_14500688.jpg

フォワーダのリストは /etc/resolv.conf から引っ張ってきます。そのまま Next

a0056607_14502555.jpg

マスタのDNSから引っ張ってくるゾーン名を設定して Type:Slave で "Add" > Next

a0056607_14504214.jpg

ゾーンのマスタDNSの IP アドレスを追加して OK

a0056607_14510193.jpg

Start-up が Manually (手動) なので "Now and When Booting" をチェック > Finish

a0056607_14512276.jpg

# dig @localhost hostname.mydomain のホストが正しく Answer Section に出てきました。

a0056607_14514100.jpg

SUSE Linux では、この様に、YaST ツールで簡単にパッケージの導入からデフォルトの設定、スタートアップの指定までできました。

後は、サブスクリプションを購入してアクティベートします。サブスクリプション購入はこちら

SUSE Linux 15 YaSTの基本





SUSE Linux, YaST, DNSインストール, DNS設定, パッケージインストール,







by islandcenter | 2018-06-05 14:54 | SUSE | Comments(0)