isLandcenter 非番中

ブログトップ | ログイン

SUSE Linux Enterprise 15 (SLES15) に samba ファイルサーバーをインストールする場合の、ハマりどころを説明します。

openSUSE Leap 15 と違い、SLES15 では、インストールDVDとパッケージDVDの2枚が必要で、インストールするコンポーネントを選択します。

一方 openSUSE では1枚のDVDメディアなので、面倒なこともなくインストール、運用開始ができます。


- openSUSE Leap 15 の場合 -

openSUSE では特に意識せず、デフォルトでインストールした場合

YaST2 > Network Services > Samba

をクリックして、サービスを "Duelling boot" にチェックを付けるワンクリック操作だけで、samba のサービスが起動します。後は、

# smbpasswd -a smbuser

を実行して samba ユーザのパスワードをセットすれば良いだけです。



- SUSE Enterprise Linux 15(SLES15) の場合 -

SLES15 では、インストールDVDとパッケージDVDの2枚に分かれているため、インストールの際に Server Role を指定しなければなりません。インストール言語と、キーボードチェックの後に、 "Add On Product" をチェックしてインストールする必要があります。インストールする際にサブスクリプションをアクティベートすれば、SUSE のリポジトリが登録されるので、それで良いわけです。

しかしパッケージDVDは10Gbもあります。回線容量が細い場合や、インストールする台数が多い場合だとか、インターネット経由でインストールするには厳しい環境の場合、最初のアクティベーションをキャンセルして、二層DVDや、USBメモリにパッケージDVDを用意して、メディアチェンジを行います。

一番、手抜きで簡単、高速にセットアップするには、差し替えるパッケージDVDの1枚目を手元の http サーバーや ftp サーバーに展開して準備しておくのが、フリーハンドでのインストール作業を短縮する一番楽な方法かなと思います。

今回は、パッケージDVDを手元の別なサーバーの apache に展開して、インストール用リポジトリとして使いました。

a0056607_14044418.png



SLES15 を samba サーバーとして用意する場合の、サーバーのイニシャルインストールから、サービスの確認まで、実際20分程度の作業を約8分のビデオにまとめました(盛大に音出ます)
ハードコピーや文章ではわかりづらいと思いますので、全体の流れの参考にしていただければ幸いです。




コツは、 Additional Product をチェックして、DVDなどのメディアチェンジをした後、 ”Extensions and Modules” の中から "Basesystem Module""Desktop Applications Module" のチェックを入れておけば、ついでに samba のパッケージもインストールされることです。

a0056607_14052125.png

"Desktop Applications" は GUI 版 YaST を使う場合には必要なチェック項目です。

他にも、インストールする際にチェックし忘れた項目をリポジトリに追加するには、インストールを行った後 YaST > Software > Software Repositories から Add ボタンでリポジトリを追加できます。例えば、「後で Apache を入れたい」ので "Server Applications Module" などをリポジトリに追加する場合などですね。ブラウザの画面などから、コピー&ペーストできるので、複雑なリポジトリURLをコマンドラインで叩く必要はありません。

a0056607_14061639.png


- パーティションの変更 -

”Desktop Applications Module” を選んだ場合、推奨提案として、/home のパーティションが XFS で別パーティション化されます。

実際、Samba サーバーを運用したい場合、二台目のHDDを /home にしたいとか、iSCSI のストレージに社内共有ファイルを置きたい、などのニーズによって、Proposal のパーティション構成を変える必要があるでしょう。そのため、インストール途中で、 "/" (ルート) BtrFS でパーティション化して初期インストールした後で、別な論理ディスクを別パーティションにするなどの変更を行うことになるでしょう。

初期インストールの状態からパーティション構成を変えるには、 ”Suggested Partitioning” の ページから、Expert Partitioner を起動して、パーティション構成を変更します。

a0056607_14081170.png


- 手動でインストールする場合 -


インストールした後の、YaST > Software Management の画面がこちら。

既に samba の本体や yast2-samba-server のパッケージが導入されています。後は openSUSE Leap 15 と同じで

a0056607_14084074.png


YaST > Network Services > samba をクリックして、ウィザードに従って Startup のサービスを”Durling Boot” にチェックして、サービスを起動します。samba を削除した場合は、yast2-samba-server のアイコンをクリックすると、インストールから、サービスの開始までウィザード形式で実行されます。

a0056607_14085682.png


smbpasswd だけは、YaST で設定できないので、ターミナルから実行して samba パスワードを設定します。

a0056607_14091486.png


MacOS の Finder では、すぐに samba サーバーが出てくるので クリックして「別名で接続」すれば、接続することができます。Windows の場合は、サーバーアイコンが出てこない場合が多い(Windows 固有の例の病気)ので ”\\server_IP” をエクスプローラーのアドレスバーにセットしてログインします。

a0056607_14093411.png



できない場合は大抵、smbpasswd をし忘れたという、いつものボケをやってしまった程度の問題でしょうか。

後は共有ディレクトリのファイルアクセス権の問題があります。ファイルをコピーしたり、ディレクトリを掘ってみましょう。
ファイルが作れるか、消せるか、読み込み専用なのかは、また別の機会があれば説明したいと思います。

a0056607_14100286.png

-アクティベーション-

一通りテストして、問題がなければ、 YaST > Software > Product Registration で scc.suse.com にアクティベーションコードをセットして、サブスクリプションをアクティベートします。
そのあとリポジトリの更新されるので、最新のパッチを YaST Online Update(YOU) で行います。

a0056607_14260399.png

サブスクリプションの購入はこちら

SUSE Linux (SLES12)で YaST を使った samba の導入







SUSE Linux Enterprise 15, SLES15, openSUSE Leap15, samba, Install, インストール




by islandcenter | 2019-04-28 14:36 | SUSE | Comments(0)

ここでは openSUSE Leap15 に CMS ソフトウェアの代表である Wordpress をインストールする手順と「ハマりどころ」を説明します。

PR- openSUSE が使えるVPS -PR



Wordpress は

「5分でできるウェブサイト」

が売りで、誰でも簡単にインストールできるように、あちらこちらのサイトや、 How To 本に書かれていますが、ほどんどが Windows のテスト環境での事例だったりします。ほとんど情報として役に立たない。

実際 Wordpress を運用する素のディストリビューションのインストールから行うと、アチコチに地雷が埋められており、この難所をどう乗り切るのかが難しいわけです。

という事で、素の openSUSE Leap 15 にインストールして、ハマりどころやよくあるトラブルをまとめました。参考になれば幸いです。

この記事より新しいバージョン

WordPress on openSUSE 15.1

openSUSE Leap 15 のインストール

Install openSUSE Leap 15

openSUSE Leap 15 への Web LAMP Server のインストール

openSUSE Leap 15, YaSTで作る Web LAMP サーバー

事前に Web LAMP 環境を構築します(派手な音出ます)



インストールの全体の流れと三つのハマりどころの詳細は動画にまとめました(盛大に音出ます)このブログで文章とハードコピーで表現できない点は、動画を見ていただければ雰囲気が分かると思います。

openSUSE Leap15, How to install Wordpress(with 3 trouble points and Noisy BGM)




第二言語:日本語のインストール
Addititonal your Wordpress Language

今回は日本語版を導入するので、追加言語で日本語フォントをインストールします。

YaST -> System -> Language -> Secondery Languages -> Check "Japanese" -> OK

a0056607_21540841.png

HTTP Server と PHP の確認

HTTP サーバーで php が enable になっている事を確認します。

a0056607_21545663.png


MySQLの動作確認

YaST > System -> Service Manage より mariadb, mysql が Enabled/active であることを確認します。

a0056607_21595031.png


ついでに mysql モニタで確認します。

wp:~ # mysql -u root
Welcome to the MariaDB monitor. Commands end with ; or \g.
Your MariaDB connection id is 92
Server version: 10.2.14-MariaDB openSUSE package

Copyright (c) 2000, 2018, Oracle, MariaDB Corporation Ab and others.

Type 'help;' or '\h' for help. Type '\c' to clear the current input statement.

MariaDB [(none)]> show databases;
+--------------------+
| Database |
+--------------------+
| information_schema |
| mysql |
| performance_schema |
| test |
+--------------------+
5 rows in set (0.00 sec)

MariaDB [(none)]> quit
Bye
wp:~ #



Download Wordpress

Wordpress Japanese Edition を Download します。


a0056607_22013079.png


ダウンロードした Wordpress の tar.gz を、Web Server のドキュメントルートにコピーします。

# cp <Download-path-from>/wordpress-xxx.tar.gz to /srv/www/htdocs

インストール

wp:~ # cd /srv/www/htdocs/
wp:/srv/www/htdocs # ls
wordpress-5.1.1-ja.tar.gz
wp:/srv/www/htdocs #
wp:/srv/www/htdocs # ls -al
total 10996
drwxr-xr-x 1 root root 50 Apr 14 22:47 .
drwxr-xr-x 1 root root 102 Apr 13 15:55 ..
-rw-r--r-- 1 root root 11257079 Apr 14 22:47 wordpress-5.1.1-ja.tar.gz
wp:/srv/www/htdocs #
wp:/srv/www/htdocs #
wp:/srv/www/htdocs # tar xvzf wordpress-5.1.1-ja.tar.gz
wordpress/
wordpress/wp-login.php
wordpress/wp-cron.php
wordpress/xmlrpc.php
wordpress/wp-load.php
wordpress/wp-admin/
wordpress/wp-admin/credits.php
wordpress/wp-admin/admin-functions.php
wordpress/wp-admin/options-reading.php
wordpress/wp-admin/edit-tags.php
wordpress/wp-admin/link-manager.php
:
:
:

ファイルを解凍先から、ドキュメントルートに移動し、 chown でオーナーを wwwrun に変更します。(罠あり)
Copy files into /srv/www/htdocs and chown all files to "wwwrun".

wp:/srv/www/htdocs # mv wordpress/* .
wp:/srv/www/htdocs # rmdir wordpress/
wp:/srv/www/htdocs # chown wwwrun:root * -R
wp:/srv/www/htdocs # ls -al
total 11180
drwxr-xr-x 1 root root 548 Apr 15 09:15 .
drwxr-xr-x 1 root root 102 Apr 13 15:55 ..
-rw-r--r-- 1 wwwrun root 420 Dec 1 2017 index.php
-rw-r--r-- 1 wwwrun root 19935 Jan 2 05:37 license.txt





Wordpress Database の作成

wp:/srv/www/htdocs # mysql -u root
Welcome to the MariaDB monitor. Commands end with ; or \g.
Your MariaDB connection id is 13
Server version: 10.2.14-MariaDB openSUSE package

Copyright (c) 2000, 2018, Oracle, MariaDB Corporation Ab and others.

Type 'help;' or '\h' for help. Type '\c' to clear the current input statement.

MariaDB [(none)]> create database wprs;
Query OK, 1 row affected (0.00 sec)

MariaDB [(none)]> grant all on wprs.* to wpadmin@localhost identified by 'wppasswd';
Query OK, 0 rows affected (0.01 sec)

MariaDB [(none)]> show databases;
+--------------------+
| Database |
+--------------------+
| information_schema |
| mysql |
| performance_schema |
| test |
| wprs |
+--------------------+
5 rows in set (0.01 sec)

MariaDB [(none)]> exit
Bye
wp:/srv/www/htdocs #



サービスの再起動
Restart services

wp:/srv/www/htdocs # systemctl restart mysql
wp:/srv/www/htdocs # systemctl restart apache2
wp:/srv/www/htdocs # systemctl restart mariadb
wp:/srv/www/htdocs #



ブラウザから設定
open your browser

wp:/srv/www/htdocs # firefox http://localhost &


a0056607_22071245.png


送信(Submit)

「あれ?......」

ERROR: "Table Prefix" must not be empty.
エラー:「テーブル接頭辞」は空白以外の値にする必要があります。

a0056607_22074686.png

このエラーは Apache かMySQL のデータベースにセッションが行われない場合のエラーです。一般的なエラーで、原因はよく分からない事が多いようです。このエラーを字義通り受け取ると、泥沼にハマります。
This error means communication session error between Apache and MySql.


openSUSE leap 15 (SLES15も) の場合、php7-mysql がインストールされていないため、必ずこの症状が出ます。
openSUSE 15(also SLES15) was not installed php7-mysql by default.

YaST か zypper でインストールします。

YaST > Software Management > Search "php" > Check and Install.

or
wp:/srv/www/htdocs # zypper install php7-mysql

a0056607_22084802.png

Restart services

wp:/srv/www/htdocs # systemctl restart mysql
wp:/srv/www/htdocs # systemctl restart apache2
wp:/srv/www/htdocs # systemctl restart mariadb
wp:/srv/www/htdocs #




/srv/www/htdocs の Owner が root なので wp-config.php が書き込み不可
Wordpress installer could not create wp-config.php.

a0056607_22102470.png

※After "mv /srv/www/htdocs/wordpress/*" into "/srv/www/htdocs/" (document root), apache2 can not create "wp-config.php". Change /srv/www/htdocs owner from "root" to "wwwrun" for enable create wp-config by chown.

/srv/www/htdocs/ のディレクトリ( . )を chown して、wwwrun にオーナーを変えます。

wp:/srv/www/htdocs #
wp:/srv/www/htdocs # chown wwwrun:root . (dot)
wp:/srv/www/htdocs # ls -al
total 11180
drwxr-xr-x 1 wwwrun root 548 Apr 15 09:15 .
drwxr-xr-x 1 root root 102 Apr 13 15:55 ..
-rw-r--r-- 1 wwwrun root 420 Dec 1 2017 index.php
-rw-r--r-- 1 wwwrun root 19935 Jan 2 05:37 license.txt
-rw-r--r-- 1 wwwrun root 10318 Apr 9 23:00 readme.html

これでインストールできれば、初期設定をします。

a0056607_22115944.png

初期設定が終わると、初期設定のユーザ/パスワードでログインします。

ログイン?
Login ?

a0056607_22122760.png


ダッシュボードが表示されない。No Dashboard after login http://mywordpress/wp-admin/ can not display wordpress "Dashboard".

After Wordpress installed, login from wp-login.php, then Wordpress Dashboard not displayed. Browser screen shows white and blank.
Wordpress をインストールした後、admin でログインした後、/wp-admin/ が開けない。空白のページが表示され、ダッシュボードが表示されない。

--> install php7-zip,php7-zlib インストールする。

Cant figure out this error

Install php7-zip,php7-zlib and the other php7-xxxx from "YaST" -> Software Management -> "Search php7", Check php7-zip, php7-zlib,

or

# zypper install php7-zip
# zypper install php7-zlib
# zypper install php7-etc.....
:
:
or
# zypper install php7-*


a0056607_22142103.png


※ 要は php7 に関係するモジュールは全て YaST でチェックしてインストールするのが無難という事です。
All modules related to php7 need to be checked and installed from YaST.

Installing WordPress 5.0 On Ubuntu 16.04 / 18.04 / 18.10 With Apache2, MariaDB And PHP 7.2

After install, then restart apache2
インストールしたら Apache2 を再起動します。

# systemctl restart apache2

Works Fine !!! うまく行ったみたいだ....


a0056607_22145958.png


他のコンピューターからブラウザでURLで開けるように
Change URL from "localhost" to "your_wp.company.com"

このままでは、URLのリダイレクト先が "localhost" になってしまうので、スタイルシートが崩れたり、あるいは、他のコンピューターのブラウザからアクセスできません。

Open your browser by URL "http://wps.mydomain.com/wordpress", then corrupt style sheet.

a0056607_22153026.png
そこで、ダッシュボード > 設定 > 一般設定、の WordPress アドレスと サイトURLに、DNSの登録名、もしくはIPアドレスを設定します。事前に DNS の設定をして、DNS名でアクセスできるようにしておきます。
a0056607_13184333.png
もしURLから他のコンピュータのブラウザからアクセスできない場合は、直接 wp-config.php を編集してうまく動く場合があります。

Changing The Site URL


Change WPS URL form "http://localhost" to "http://myserver.mydomain.com/"

localhost でインストールした後、 http://myserver.mydomain.com/ で開けないので、エディタで次の2行を <path-to>/wpconfig.php に付け加えます。
In wp-config.php add these 2 lines.

define('WP_HOME', 'http://yourwpress.FQDN_URL');
define('WP_SITEURL', 'http://yourwpress.FQDN_URL');

a0056607_22165823.png

無事、外部のコンピュータからも操作できるようになりました。

a0056607_22173134.png

Sample Command Line

以下はブラウザの操作を除くコマンドラインのサンプルです。

- sample command line -

cd /srv/www/htdocs

# install option packeges
zypper install php7-mysql
zypper install php7-zlib
zypper install php7-zip

or

zypper install php7-*

# extract
tar xvzf wordpress-5.1.1-ja.tar.gz

# move files to
mv wordpress/* .
rmdir wordpress/
chown wwwrun:root * -R
chown wwwrun:root .
ls -al

# create wordpress database

mysql -u root
create database wprs;
grant all on wprs.* to wpadmin@localhost identified by 'wppasswd';
show databases;
exit


systemctl restart mysql
systemctl restart apache2
systemctl restart mariadb

firefox http://localhost &

# add 2 line -> /<path-to>/wp-config.php from editor
# gedit /srv/www/htdocs/wp-config.php &

#add these 2 lines
define('WP_HOME','http://wordpress.yourdomain/url');
define('WP_SITEURL','http://wordpress.yourdomain/url');


PR 借家に光ファイバーを引けないなら便利なWifi PR



- 終わりに -

Wordpress は5分でインストールできる簡単さが「売り」ですが、三日位ハマりました。openSUSE/SLES の人も、そうでない人にも役立つ情報であれば幸いです。

疲れた....

2019/6 時点の最新版 openSUSE Leap 15.1 ではこちら、よりスムーズにできました。
WordPress on openSUSE 15.1 インストール


Wordpress を SUSE Linux (SLES11) で動かす



by islandcenter | 2019-04-15 22:29 | SUSE | Comments(0)

ここでは、openSUSE Leap 15 を Web LAMP 環境を YaST で構築する手順を説明します。

openSUSE Leap 15 は、ほとんど素の状態でインストールして、固定IPを設定し、NTP サーバーの設定を済ませています。インストールはこちらをご参考下さい。

openSUSE Leap 15 Install

ほぼ、この状態から Web LAMP 環境を導入します。

全体の流れは5分ほどの動画にまとめました(盛大に音出ます)




ドキュメントルートは "/srv/www/htdocs" です。ここに php のファイルを作っておきました。

a0056607_15042716.png


xterm から

# yast2 &

を使うか、デスクトップの yast アイコンから yast2 GUI を起動します。

yast > Software > Software Management


a0056607_15044554.png
View をトグルして "Patterns"

a0056607_15051410.png


Pattern から "Web LAMP Server" をチェック、Accept してインストールします。

a0056607_15053679.png


yast に HTTP server のアイコンがないので、YaST > Software > Software Management から "yast2-http-server" を Search してインストールします。

a0056607_15055633.png


YaSTを再起動すると、 Network Services に HTTP Server のアイコンが出てくるので、クリックして開きます。

a0056607_15061258.png

HTTP Server アイコンを起動すると、ウィザードが開始します。

ウィザード形式で HTTP サーバーを設定します。phpを有効にするためには "Enable PHP Scripting" をチェックします。

a0056607_15062958.png


ウィザードの最後のステップで "Start Apache2 Server Booting" をチェックすると、Apache2 が起動します。


a0056607_15064379.png


YaST HTTP Server の "Server Modules" タブを開くと php7 がイネーブルになっている事が分かります。

※ openSUSE ではphp7 が自動でインストール、有効化されますが、 SUSE Enterprise Linux 15 では手動で設定する点が違います。

SUSE linux 15 (SLES15) で HTTPサーバー と php7を動かす

a0056607_15075975.png

ブラウザから、php スクリプトが動くことが確認できました。

a0056607_15074015.png

MySQL(mariadb) は YaST の System > "Service Manager" より、mariadb と mysql を "Enable","Active" に設定して、 OK ボタンを押すと、動作を開始します。

a0056607_15081947.png


どうやら動いているようです。

a0056607_21403529.png

次の作業

openSUSE Leap 15, How to install Wordpress (インストール)




--

SUSE Linux 15, openSUSE15 Leap, SLES15, apache2, http-server, php7, miradb, mysql




by islandcenter | 2019-04-01 15:13 | SUSE | Comments(0)