isLandcenter 非番中

ブログトップ | ログイン

訳あって、只今 macosがメインマシンとなっておりまして.....

mac の terminal から、SUSE Linux の yast2 GUI を使うにはどうすればいいのかなと....


まず、macOS には root という概念がないのでterminal から ssh するときは

$ ssh my_host_ip -l root

とすること。X11 の転送を許可するため -X か -Y (Upper Case Sensitive) オプションをつける事。

manページ — SSH

>>>>>
-X
X11 の転送を許可します。 これは設定ファイルによって、ホストごとに指定することもできます。
X11 の転送には注意が必要です。 リモートホスト上で (そのユーザの X 認証のための) ファイルアクセス権限を 無視できてしまうユーザがいる場合は、転送された接続を介してローカル側の X11 ディスプレイにアクセスできてしまうことになります。 すると攻撃側はキーストロークを盗み見るなどの行為が可能になってしまうかも しれません。

-x
X11 の転送を禁止します。
-Y
信用された X11 の転送を許可します。
<<<<<

という事で

macmini:~ knakaj$ ssh opensuse -Y -l root
Password: ********
Warning: No xauth data; using fake authentication data for X11 forwarding.
Last login: Sat Sep 26 14:54:39 2020 from 192.168.1.23
opensuse:~ # nautilus &
[1] 32090
opensuse:~ # libGL error: failed to load driver: swrast
Nautilus-Shae-Message: Called "net usershare info" but it failed: 'net usershare' returned error 255: net usershare: usershares are currently disabled


opensuse:~ # yast2 &
[2] 32219
opensuse:~ # libGL error: failed to load driver: swrast

opensuse:~ # firefox &
[3] 32256
opensuse:~ #
macOS でターミナルからopenSUSEにSSH でログインしてX GUIを使う_a0056607_16271881.jpg
どーん!

という事です。どうもWindows のmobaXterm に慣れていると、急遽忘れてしまうんですね。





タグ:
by islandcenter | 2020-09-27 16:44 | SUSE | Comments(0)