isLandcenter 非番中

ブログトップ | ログイン

Novell Client for Windows を入れるとあのおなじみのログイン
スクリーンが出てくるんですが、後でVPNの接続ソフトウェアなんか
を導入すると、マイクロソフトのドメインログインの画面に戻ってしまう
という場合があります。

Using a 3rd Party GINA with the Novell Client - TID2950350
http://support.novell.com/cgi-bin/search/searchtid.cgi?/2950350.htm

HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\WinLogon

のレジストリが書き換えられてしまうんですね。こういうイヤミな
インストーラも世の中にはたくさんあるということです。

非番のエンジニア
# by islandcenter | 2006-01-18 22:13 | Windows | Comments(0)

iPrint を導入した環境で、新しいアプリケーションを導入したところ、
スプーラがアプリケーションエラーになってしまった。ワトソン君が
ご登場してしまう。

Spooler Service Crashes When You Submit a Print Job and an Event ID 7031 Message Is Logged in the System Log
http://support.microsoft.com/kb/820550

充分にテストされていないアプリケーションの場合、テスト環境と異なる
現場環境にインストールするとプリントエラーを起こす場合があります。
まぁ、普通のアプリ屋って、Windows のみの環境でしかテストしません
からねぇ。

そうすると、Windows のスプーラと ipp のスプールとのリンクが壊れて
しまい、スプーラのエラーが出てしまいます。

私たち、技術屋も管理者権限でテストすることが多いんですけど、
必ず現場のユーザ環境でも正しく動作するかどうかってテストも
重要でしょう。

「オレのマシンではちゃんと動く」

というのは理由になりません。

この場合は NIPP を削除して入れなおしたらちゃんと動くようになった
そうです。
# by islandcenter | 2006-01-18 22:06 | Windows | Comments(0)



Is there a limit for a size of GroupWise databases ? - TID10099147
http://support.novell.com/cgi-bin/search/searchtid.cgi?10099147.htm

MSGxx.DB や USRxx.DB は過去との互換性のため最大2Gバイトに
制限されています。もっともそのサイズにまで達することがまれなんですが。

もっとも、大量に同じタイトルのメールを受信してしまうとその限りでは
ありません。たとえば、Love you ウィルスだとか、メールのループ
なんかもありえます。

こうして膨れ上がったメールによってDBのサイズが2Gバイトに達して
しまうことがあるようです。そうなるとDBの書き込みができないので
Facility Error がボコボコに出てしまいます。

こう言ったメールでデータベースが膨れ上がったときの対策は次の文書を
参考にして対処します。
Removing messages from the message and user database with GWCheck. - TID10052747
http://support.novell.com/cgi-bin/search/searchtid.cgi?10052747.htm

ただし、この SUBJECTLIST っていうオプションは困ったことに日本語には正確に
対応していません。早くなんとかしてほしいものです。

なお、DBの Reduce Only を実行するPCは Windows XP を使います。
Windows 2000 ではしっかりアプリケーションエラーになります。

Dr. Watson error occurs when performing a GWCheck expire and reduce operation on - TID10074200
http://support.novell.com/cgi-bin/search/searchtid.cgi?10074200.htm

非番のエンジニア
# by islandcenter | 2006-01-08 15:23 | GroupWise | Comments(0)

16,777,216 という数字




はい24ビットの倍数です。数学の答えなら、それでオッケーでしょう。

この数字は NetWare の Traditional Volume で最大作れる
Directory Entory の数です。

Directory entries summary - TID10059084
http://support.novell.com/cgi-bin/search/searchtid.cgi?/10059084.htm


エクスプローラから、ボリュームを選んでプロパティを開くと Directory Entry の
数値をチェックできます。
この数値はずばり、トラディショナルボリュームで作成できる、最大のファイル/
ディレクトリ数です。

ただし、この数字をMAX利用できると思うと大間違えで、実際には、ディレクトリを
作るとエントリを作成し、ディレクトリにファイルが書き込まれるとエントリが利用
されるという具合にこの数字は変化します。
実際にはファイルが削除されることもあるので、ディレクトリエントリ数というのは
常に増大します。
原則として減ることはありません。最近の巨大なディスクシステムを使った
ファイルサーバの場合、簡単にこの数字に達することがあります。

ディレクトリエントリは、初期状態では 512 程度の少ない数値を示します。

問題はこの数字1600万に達した状態の時にどうなるかということです。

ディレクトリの作成要求に対して、システムは空きエントリを探すことから
始めるため、急にレスポンスが悪くなります。当然パージできるファイルが
あれば、パージもしなければならないのでその負荷も大変なことになります。

ちょうど、 Cim City のようなゲームを思い出してみてください。
このゲームで作れる最大の区画(ブロック数)は1600万です。
マップが大きくても小さくてもこの数字は変わりません。

ゲームが進んでくると、全ての土地を開発し尽くしてしまいます。
例えブルドーザで住んでいないブロックを壊しても、住民がそれ以上
増えないのと同じです。
また、ひとつの3×3のブロックに家が一軒しかできない場合もあります。

マップが小さければゲームは軽いし、マップが大きいとゲームは重い
と感じるでしょう。

言ってみれば、トラディショナルボリュームもそんな問題が含まれています。

日本語ではこちらが理解しやすいかも
http://support-j.novell.co.jp/tid/us/1001000_/1001448.htm

対策としては、マメに purge を行うか、思い切ってボリュームを消して
作り直すのが一番効果があります。
また、ゲームの盤面のように大きなボリュームに小さなファイルを
沢山置くようなシステムの場合、ボリュームは小さめに作っておく
必要があります。

NSS の場合、そのような制限はないようです。もっとも試したことは
ありませんが。

非番のエンジニア
# by islandcenter | 2006-01-08 15:09 | Native Netware | Comments(0)


NetWare 6.5 でNSSを使うとmemory leak を起こします。
というよりNetWare 6.5 ではNSSがデフォルトですから、必ず現象は出て
しまいます。

実際には、サーバが全く反応しなくなったり、memory allocation error が
出たりします。

>http://support.novell.com/cgi-bin/search/searchtid.cgi?/10091980.htm
この状態はリモートマネージャでチェックします。
ConsoleOne や iManager からリモートマネージャを起動してください。
左にある View Memory Config というメニューからメモリの状態を
チェックします。JAVA のランタイム版がないと、グラフが開けないのでインストールして
おきます。
文書の中では Pie Chart と書いてありますが、バージョンによってはグラフの形が
違うようです。

Fragmented Kernel Space

という項目をチェックしておきます。
起動直後はこの数値は限りなく0に近い値ですが、運用を始めるとこの数字が
少しずつ上がっていきます。一定の値で安定している場合は問題ないのですが、

数字が安定しない場合は次の対策を施します。

まず、NW65sp3/sp4 以降全てのパッチを適用します。
sp2 あたりはこの問題はきちんと解決していないようです。

NSS 関連のパッチも全部必要ですね。

1) TSAFS /CacheMemoryThreshold=1
これ、SMSSTART.NCF あたりに記述します。

2) set file cache maximum size = 107341824
これは autoexec.ncf に記述します。

3) C:\nwserver\nssstart.cfg

普通、このファイルはありません。名前を確認して次の記述をしてください。

/noncachebalance
/minbuffercachesize=153600

※ 102400 は 400Mb,153600 は 600Mb 確保する場合、
204000 は 800Mb 確保する場合

400Mb .. 800Mb までの値にセットしておくように書いてあります。

これで再起動すると安定するようです。

非番のエンジニア
# by islandcenter | 2006-01-08 15:07 | Native Netware | Comments(0)