isLandcenter 非番中

ブログトップ | ログイン

今回説明するのは SUSE Linux (SLES12sp3) で動作する Bind9 です。

「ネットワークの調子が悪い」

とか言われると真っ先に疑われるのが DNS serviceです。ここでは SUSE Linux Enterprise 11/12 の Bind の再起動、dig での調査方法について説明します。




- SLES12 での Bind DNS のサービスの再起動 -

SLE12 以降は、従来の initd の代わりに systemd が使われています。

rcnamed は /etc/init.d/named スクリプトのシンボリックリンクです。

dns2:~ # whereis rcnamed
rcnamed: /usr/sbin/rcnamed
dns2:~ # ls /usr/sbin/rcnamed -al
lrwxrwxrwx 1 root root 17 Jun 18 2018 /usr/sbin/rcnamed -> /etc/init.d/named
dns2:~ #
dns2:~ # ls /etc/init.d/named -l
-rwxr-xr-- 1 root root 10590 Jun 29 2017 /etc/init.d/named
dns2:~ #


SLES12より init から systemd に置き換わりました。

dns2:~ # rcnamed restart
redirecting to systemctl restart named.service

dns2:~ # tail -n10 /var/log/messages
2019-11-08T14:19:33.172180+09:00 dns2 named[10386]: couldn't add command channel ::1#953: address not available
2019-11-08T14:19:33.172264+09:00 dns2 named[10386]: managed-keys-zone: loaded serial 0
2019-11-08T14:19:33.172348+09:00 dns2 named[10386]: zone intra/IN: loaded serial 2018061800
2019-11-08T14:19:33.172521+09:00 dns2 named[10386]: zone i.islandcenter.jp/IN: loaded serial 2019072503
2019-11-08T14:19:33.172606+09:00 dns2 named[10386]: zone 0.0.0.0.0.0.0.0.0.0.0.0.0.0.0.0.0.0.0.0.0.0.0.0.0.0.0.0.0.0.0.ip6.arpa/IN: loaded serial 42
2019-11-08T14:19:33.172689+09:00 dns2 named[10386]: zone localhost/IN: loaded serial 42
2019-11-08T14:19:33.172773+09:00 dns2 named[10386]: zone 0.0.127.in-addr.arpa/IN: loaded serial 42
2019-11-08T14:19:33.172857+09:00 dns2 named[10386]: all zones loaded
2019-11-08T14:19:33.172940+09:00 dns2 named[10386]: running
2019-11-08T14:19:33.173030+09:00 dns2 named[10333]: Starting name server BIND ..done
dns2:~ #




- SLES11 での Bind DNS のサービスの再起動 -

SLE11までは、古い initd で制御されています。

dns3:~ # rcnamed restart
Shutting down name server BIND waiting for named to shut down (28s) done
Starting name server BIND done
dns3:~ #
dns3:~ # ↓ 正しく動いているかどうか、エラーがないか /var/log/messages の tail を確認
dns3:~ #
dns3:~ # tail /var/log/messages
Nov 8 16:09:41 dns3 named[27596]: automatic empty zone: A.E.F.IP6.ARPA
Nov 8 16:09:41 dns3 named[27596]: automatic empty zone: B.E.F.IP6.ARPA
Nov 8 16:09:41 dns3 named[27596]: automatic empty zone: 8.B.D.0.1.0.0.2.IP6.ARPA
Nov 8 16:09:41 dns3 named[27596]: command channel listening on 127.0.0.1#953
Nov 8 16:09:41 dns3 named[27596]: the working directory is not writable
Nov 8 16:09:41 dns3 named[27596]: zone 0.0.127.in-addr.arpa/IN: loaded serial 42
Nov 8 16:09:41 dns3 named[27596]: zone intra/IN: loaded serial 2016051901
Nov 8 16:09:41 dns3 named[27596]: zone i.islandcenter.jp/IN: loaded serial 2019072503
Nov 8 16:09:41 dns3 named[27596]: zone localhost/IN: loaded serial 42
Nov 8 16:09:41 dns3 named[27596]: running
dns3:~ #



- dig の基本的な使い方 -

dig は bind の推奨標準ツールです。 Windows で使う場合、dig コマンドは https://www.isc.org/ よりパッケージのバイナリがダウンロードできます。

Windowsでnslookupの代わりにdigコマンドでDNSを調べる(BIND編)


- デフォルトで指定しているDNSがインターネットの host.another.com の名前解決をしているか -

[構文]# dig host.another.com

サンプル

sle15:~ # dig www.google.com
; <<>> DiG 9.11.2 <<>> www.google.com
;; global options: +cmd
;; Got answer:
;; ->>HEADER<<- opcode: QUERY, status: NOERROR, id: 35459
;; flags: qr rd ra; QUERY: 1, ANSWER: 1, AUTHORITY: 4, ADDITIONAL: 9
;; OPT PSEUDOSECTION:
; EDNS: version: 0, flags:; udp: 4096
;; QUESTION SECTION:  <---- 問い合わせ内容
;www.google.com. IN A
;; ANSWER SECTION: <---- 回答内容
www.google.com. 25 IN A 172.217.27.68
;; AUTHORITY SECTION:
google.com. 167592 IN NS ns2.google.com.
google.com. 167592 IN NS ns4.google.com.
google.com. 167592 IN NS ns3.google.com.
google.com. 167592 IN NS ns1.google.com.
;; ADDITIONAL SECTION:
ns1.google.com. 167592 IN A 216.239.32.10
ns2.google.com. 167592 IN A 216.239.34.10
ns3.google.com. 167592 IN A 216.239.36.10
ns4.google.com. 167592 IN A 216.239.38.10
ns1.google.com. 167592 IN AAAA 2001:4860:4802:32::a
ns2.google.com. 167592 IN AAAA 2001:4860:4802:34::a
ns3.google.com. 167592 IN AAAA 2001:4860:4802:36::a
ns4.google.com. 167592 IN AAAA 2001:4860:4802:38::a
;; Query time: 0 msec
;; SERVER: 192.168.1.2#53(192.168.1.2)
;; WHEN: Fri Nov 08 15:47:17 JST 2019
;; MSG SIZE rcvd: 307
sle15:~ #

- 明示的にDNSを指定してそのDNSサーバーが正しく動いているか -

[構文]# dig @TestTargetDNS host.another.com

サンプル

sle15~ # dig @192.168.1.3 www.google.com
; <<>> DiG 9.11.2 <<>> @192.168.1.3 www.google.com
; (1 server found)
;; global options: +cmd
;; Got answer:
;; ->>HEADER<<- opcode: QUERY, status: NOERROR, id: 18969
;; flags: qr rd ra; QUERY: 1, ANSWER: 1, AUTHORITY: 13, ADDITIONAL: 27
;; OPT PSEUDOSECTION:
; EDNS: version: 0, flags:; udp: 4096
;; QUESTION SECTION:  <---- 問い合わせ内容
;www.google.com. IN A
;; ANSWER SECTION: <---- 回答内容
www.google.com. 80 IN A 172.217.25.196
;; AUTHORITY SECTION: <----- ゾーンのマスターは?
com. 172795 IN NS h.gtld-servers.net.
com. 172795 IN NS k.gtld-servers.net.
com. 172795 IN NS m.gtld-servers.net.
com. 172795 IN NS a.gtld-servers.net.
com. 172795 IN NS i.gtld-servers.net.
com. 172795 IN NS c.gtld-servers.net.
com. 172795 IN NS j.gtld-servers.net.
com. 172795 IN NS g.gtld-servers.net.
com. 172795 IN NS d.gtld-servers.net.
com. 172795 IN NS b.gtld-servers.net.
com. 172795 IN NS e.gtld-servers.net.
com. 172795 IN NS l.gtld-servers.net.
com. 172795 IN NS f.gtld-servers.net.
;; ADDITIONAL SECTION:   <---- ゾーンマスターの IP アドレス
a.gtld-servers.net. 172795 IN A 192.5.6.30 <-- A は IpV4
a.gtld-servers.net. 172795 IN AAAA 2001:503:a83e::2:30 <--- AAAA はIpV6
b.gtld-servers.net. 172795 IN A 192.33.14.30
b.gtld-servers.net. 172795 IN AAAA 2001:503:231d::2:30
c.gtld-servers.net. 172795 IN A 192.26.92.30
c.gtld-servers.net. 172795 IN AAAA 2001:503:83eb::30
d.gtld-servers.net. 172795 IN A 192.31.80.30
d.gtld-servers.net. 172795 IN AAAA 2001:500:856e::30
e.gtld-servers.net. 172795 IN A 192.12.94.30
e.gtld-servers.net. 172795 IN AAAA 2001:502:1ca1::30
f.gtld-servers.net. 172795 IN A 192.35.51.30
f.gtld-servers.net. 172795 IN AAAA 2001:503:d414::30
g.gtld-servers.net. 172795 IN A 192.42.93.30
g.gtld-servers.net. 172795 IN AAAA 2001:503:eea3::30
h.gtld-servers.net. 172795 IN A 192.54.112.30
h.gtld-servers.net. 172795 IN AAAA 2001:502:8cc::30
i.gtld-servers.net. 172795 IN A 192.43.172.30
i.gtld-servers.net. 172795 IN AAAA 2001:503:39c1::30
j.gtld-servers.net. 172795 IN A 192.48.79.30
j.gtld-servers.net. 172795 IN AAAA 2001:502:7094::30
k.gtld-servers.net. 172795 IN A 192.52.178.30
k.gtld-servers.net. 172795 IN AAAA 2001:503:d2d::30
l.gtld-servers.net. 172795 IN A 192.41.162.30
l.gtld-servers.net. 172795 IN AAAA 2001:500:d937::30
m.gtld-servers.net. 172795 IN A 192.55.83.30
m.gtld-servers.net. 172795 IN AAAA 2001:501:b1f9::30
;; Query time: 381 msec
;; SERVER: 192.168.1.3#53(192.168.1.3)
;; WHEN: Fri Nov 08 15:56:02 JST 2019
;; MSG SIZE rcvd: 855
sle15:~ #



- イントラネット向けDNSは正しく LAN 機器のIPアドレスを返すか -

[構文] # dig @DnsIPorDnsHostName myhost.mynet.com

サンプル

sle15:~ # dig @dns2 quanbe.i.islandcenter.jp

; <<>> DiG 9.11.2 <<>> @dns2 quanbe.i.islandcenter.jp
; (1 server found)
;; global options: +cmd
;; Got answer:
;; ->>HEADER<<- opcode: QUERY, status: NOERROR, id: 20621
;; flags: qr aa rd ra; QUERY: 1, ANSWER: 1, AUTHORITY: 2, ADDITIONAL: 3

;; OPT PSEUDOSECTION:
; EDNS: version: 0, flags:; udp: 4096
;; QUESTION SECTION:
;quanbe.i.islandcenter.jp. IN A

;; ANSWER SECTION:         <---- 回答 ↓
quanbe.i.islandcenter.jp. 172800 IN A 192.168.1.237

;; AUTHORITY SECTION: <--- ゾーンマスター↓
i.islandcenter.jp. 172800 IN NS dns3.i.islandcenter.jp.
i.islandcenter.jp. 172800 IN NS dns2.i.islandcenter.jp.

;; ADDITIONAL SECTION:
dns2.i.islandcenter.jp. 172800 IN A 192.168.1.2
dns3.i.islandcenter.jp. 172800 IN A 192.168.1.3

;; Query time: 0 msec
;; SERVER: 192.168.1.2#53(192.168.1.2)
;; WHEN: Fri Nov 08 16:18:35 JST 2019
;; MSG SIZE rcvd: 139

sle15:~ #

- DNS のバージョンがバレていないか -

外部にむき出しのDNSは、バージョン固有のバグで悪さをされない様、バージョンを隠しておきます。

[構文] # dig @dns  CHAOS VERSION.BIND TXT

サンプル


sle15:~ # dig @dns2.i.islandcenter.jp CHAOS VERSION.BIND TXT

; <<>> DiG 9.11.2 <<>> @dns2.i.islandcenter.jp CHAOS VERSION.BIND TXT
; (1 server found)
;; global options: +cmd
;; Got answer:
;; ->>HEADER<<- opcode: QUERY, status: NOERROR, id: 46470
;; flags: qr aa rd; QUERY: 1, ANSWER: 1, AUTHORITY: 1, ADDITIONAL: 1
;; WARNING: recursion requested but not available

;; OPT PSEUDOSECTION:
; EDNS: version: 0, flags:; udp: 4096
;; QUESTION SECTION:
;VERSION.BIND. CH TXT

;; ANSWER SECTION:       <---- バレバレ ↓
VERSION.BIND. 0 CH TXT "9.9.9-P1"

;; AUTHORITY SECTION:
version.bind. 0 CH NS version.bind.

;; Query time: 0 msec
;; SERVER: 192.168.1.2#53(192.168.1.2)
;; WHEN: Mon Nov 18 14:14:53 JST 2019
;; MSG SIZE rcvd: 88

sle15:~ #

この様にバージョンがバレバレにならない様、yast > Network Services > DNS Server の ”Basic Options” の Option の項目に "Version" を空欄にするか、"unknown" の様な ”任意の文字列” を追加(Add)しておきます。あまり過激な文字列を書いておくと、ある種の「ヤル気」を起こす輩がいますから、穏当にしておくのが無難です。

a0056607_14380201.png
※ SUSE Linux で DNS を YaST で設定した場合、named.conf は /var/lib/named/etc の下に作られます。細かなパラメータの設定は必ず YaST を使う事をお勧めします。

dns2:~ # grep 99 /var/lib/named/etc/named.conf
version "99.99.99";
dns2:~ #


dig を実行するとこんな感じになりました。

sle15:~ # dig @dns2.i.islandcenter.jp CHAOS VERSION.BIND TXT

; <<>> DiG 9.11.2 <<>> @dns2.i.islandcenter.jp CHAOS VERSION.BIND TXT
; (1 server found)
;; global options: +cmd
;; Got answer:
;; ->>HEADER<<- opcode: QUERY, status: NOERROR, id: 18773
;; flags: qr aa rd; QUERY: 1, ANSWER: 1, AUTHORITY: 1, ADDITIONAL: 1
;; WARNING: recursion requested but not available

;; OPT PSEUDOSECTION:
; EDNS: version: 0, flags:; udp: 4096
;; QUESTION SECTION:
;VERSION.BIND. CH TXT

;; ANSWER SECTION  <---- バージョンを誤魔化した ↓
VERSION.BIND. 0 CH TXT "99.99.99"

;; AUTHORITY SECTION:
version.bind. 0 CH NS version.bind.

;; Query time: 0 msec
;; SERVER: 192.168.1.2#53(192.168.1.2)
;; WHEN: Mon Nov 18 14:31:52 JST 2019
;; MSG SIZE rcvd: 88

sle15:~ #


- SUSE Linux での DNS ゾーンのレコードメンテナンス -

SUSE Linux (SLES/openSUSE) では yast を使って、ゾーンとレコードのメンテナンスをします。Bind DNSのインストールから初期設定、僅かな変更などのメンテナンスには間違えがなく便利です。

dns2:~ # yast

テキスト版 yast > Network Services > DNS server へ TAB キーで移動し、DNS Zones から、ゾーンファイルを Edit します。

a0056607_17311881.png

GUI版はこのような感じです。

dns2:~ # yast2 &

GUI版 yast2 > Network Services > DNS server

a0056607_17315679.png

OK ボタンを押すと、自動的に named がリスタートします。

ただし、構文や設定、 /etc/resolve.conf に問題があると、保存して再起動は行われません。設定内容を確認して、再設定します。


- メンドクサイのでゾーンファイルをまとめてテキストエディタで書き換える -

yastでイチイチ、レコードのメンテなんてやってられねぇよ、LibreOFfice Calc で作った100 レコード位、csv で一発で追加したいんだ、という時はテキストエディタで、ゾーンファイルを編集すると良いでしょう。

# vi /var/lib/named/master/MYZONE


# gedit /var/lib/named/master/MYZONE &

でまとめて、ゾーンの変更、シリアル番号のメンテナンスを行います。

a0056607_18071518.png

ゾーンファイルを保存したら

# rndc reload

を実行するか、影響が小さい場合 # rcnamed restart します。

dns2:~ # rndc reload
server reload successful
dns2:~ #








by islandcenter | 2019-11-09 18:00 | SUSE | Comments(0)


Windows10 のごみ箱を自動的に空にする方法です。


「田」アイコンから「歯車」(設定)を開きます。

システムストレージ、から「ストレージセンサー」をONにします。

a0056607_15471346.png




「空き領域を自動的に増やす方法を変更する」のリンクを開き

a0056607_15474339.png

「ストレージセンサーを実行する」 > 「毎日」、「毎週」、「毎月」のどれかに設定し、その他のオプションを適宜に設定します。




by islandcenter | 2019-10-23 15:55 | Windows | Comments(0)

SUSE Linux が動くサーバー上の、ハードウェアやソフトウェアの基本的な情報を確認する方法をまとめてみました。

- 元ネタ -

Linux commands to display your hardware information

Linux lshw Command Tutorial for Beginners (6 Examples)

【 lshw 】コマンド――ハードウェアの情報を表示する

Linuxでハードウェア情報を表示させる「lshw」コマンドの使い方


ここで取り上げるコマンドの一覧

- lshw
- inxi
- hwinfo
- lsusb
- lspci
- lscpu
- dmidecode
- free
- hdparm
- lsblk
- fdisk
- smartctl
- sensors
- supportconfig

と、こんな所です


- インストール -

- lshw -
- inxi -

SUSE Linux では lshw と inxi はデフォルトではインストールされません。yast でインストールできない、リポジトリにも登録されていない場合は、手動で1クリックインストールします。

次の記事をご参考下さい。

SUSE で 1 Click インストールができない場合、YaSTにないメニューを追加

SLE15, openSUSE Leap 15.1 では、lshw, inxi パッケージをインストールする必要があります。

※ openSUSE Leap 15.1 の場合、標準レポジトリにありましたが、2019/10 現在、バージョンが古いため software.opensuse.org の1クリック版の方が新しい様です。

※ SLE 15 の場合はパッケージDVDにも、Yast2-MetaPackage-Handlerはレポジトリにもないため openSUSE のソフトウェアサイトから、1 Click インストールします。SLE15 で1クリックインストールするには Yast2-MetaPackage-Handler をダウンロードしてrpm コマンドで手動でインストールします。 software.opensuse.org より search して、yast2 metapackage handler の rpm を手動でダウンロード、インストールします。

a0056607_12162624.png


ダウンロードして

# rpm -i yast2-metapackage-handler-x.x.x.noarch.rpm

その後、lshw パッケージなど、レポジトリにないパッケージを1クリックインストールします。


より "lshw" を search して適合する SLE/openSUSE のディストリビューションのバージョンから 1 click Install


a0056607_12180164.png



ハードウェアの設定、マザーボード、ディスク関連の情報

- hwinfo -

sle15: ~# hwinfo

: 略


sle15: ~# hwinfo --short
a0056607_12191797.png
: 以下略

sle15: ~# lshw -C network
sle15: ~# lshw -short -C network

a0056607_12195916.png

sle15: ~# lshw -short -C memory

a0056607_12211295.png

sle15: ~# lshw -short -C disk

a0056607_12220182.png

sle15: ~# lspci
a0056607_12224474.png

- lsusb -

sles15:~ # lsusb
a0056607_12232860.png

- inxi -

sles15:~ # inxi
a0056607_12240705.png

dmidecode より情報が単純で要点がまとめて出てきます。


- dmidecode -

オプションが豊富で使いこなすのはちょっと難しいかもしれません。

sles15:~ # dmidecode -q

: 省略

sles15:~ # dmidecode -t
dmidecode: option requires an argument -- 't'
Type number or keyword expected
Valid type keywords are:
bios
system
baseboard
chassis
processor
memory
cache
connector
slot

sles15:~ # dmidecode -t bios
a0056607_12250272.png

sles15:~ # dmidecode

: 長いので以下省略


- lscpu -

sle15 ~ # lscpu
a0056607_12254574.png


メモリの使用状況を調べたい

- free -

sle15:/~ # free -m
sle15:/~ # free -g

a0056607_12263549.png


ディスクやパーティション関連の情報を調べたい

- hdparm -

sle15:/~ # hdparm -i /dev/sda
a0056607_12271607.png

- lsblk -

sle15:/~ # lsblk
a0056607_12275100.png

- fdisk -

sle15:/~ # fdisk -l

a0056607_12283086.png

sle15:/~ # fdisk -l /dev/sdX
a0056607_12291282.png

- smartctl -

HDD の S.M.A.R.T 情報を調べてディスクの健康状態をチェックします。

sle15:/~ # smartctl --scan
sle15:/~ # smartctl -i /dev/sdX

a0056607_12295907.png

sle15:/~ # smartctl -a /dev/sdX

: 長いので省略

sle15:/~ # smartctl -l error /dev/sdX
a0056607_12304258.png


ハードウェアのセンサーで、マザーボード周辺の温度をチェック

SLE/openSUSE のディストリビューションのバージョンによってはインストールされていない場合があります。もし入っていない場合

# yast
> Software Management より "sensors" を Search

して、インストールします。

- sensors -

sle15:/~ # sensors-detect
a0056607_12313704.png

: 略

sle15:/~ # sensors
a0056607_12321702.png

- supportconfig -

SLE/openSUSE 固有の supportconfig スクリプトは、ソフトウェアの基本情報を一括して取得し、/var/log/nts_hostname.yyyymmdd.tbz 形式に圧縮するスクリプトです。

SUSE Linux の設定内容を一括して取得する supportconfig
https://islandcnt.exblog.jp/21023534/

sle15:~ # supportconfig

a0056607_12331012.png

以下省略、20分位かかります。











by islandcenter | 2019-10-08 12:58 | SUSE | Comments(0)

パーティションマネージャー MiniTool Partition Wizard を使って、C:システムドライブを強引に拡張しましょう。

通常なら1ドライブを1パーティションで運用することが多いのでしょうが、大事なデータは常にバックアップを取っておきたいものです。ただし、C:ドライブ丸ごとバックアップは意味がありません。

私は、新品のPCはまずパーティション分割して、D:ドライブにドキュメントやピクチャを保存して、D:ドライブは定期的に NAS や、外付けディスクに Robocopy バックアップを取っています。

a0056607_20522658.jpg

Windows7 からWindows10 にアップデートしたらまずするべき事


- Windows7 から10へ移行したら起こる問題点 -

  • C ドライブの容量不足はなぜ起こるの?
  • C ドライブ圧迫で、全体の動作が遅い
  • C ドライブ空き容量がたりず Windows update できない。
  • C ドライブと Windows7 から Windows10 アップデートに必要な容量が足りない。
  • C ドライブの容量確保。
  • C ドライブ圧迫の原因を調べたい。
  • 容量の大きなディスクに換装したい。

大抵は、初期の Windows10 はC: ドライブは60~100Gbもあれば良かったのですが、その後、年に二度ほどの「謎のアップデート」という改悪アップデートは必要になるし、ストア系のアプリケーションはC:ドライブに保存されます。

という事で、システムドライブは肥大化する一方なんですね。 特に Windows7 でダウングレード利用している場合ならC:は40Gbもあれば良かったのに Windows10 はそうも言ってられないくらい100Gbは C:ドライブの容量は確保しておきたい。

特に Windows7/8系から、強制的に無償アップデートしてしまった人にとってはC:ドライブの容量確保、C:ドライブの拡張は、必須の問題です。

Windows10 手動で ISOファイル から Fall Creators Update にアップデートする


しかも、C:ドライブの後ろにD:ドライブを作ってしまうと、回復パーティションがあったりして、C:ドライブの拡張ができなかったりします。Windows 標準の「ディスク管理」の機能では、スライドバーの右側に空きがないと、C:の拡張はグレーアウトしてできません。不可能なのです。標準のハードディスク管理機能ではできません。

メーカーのサポートページをさがしてみても、後ろのパーティションのバックアップと削除、パーティションの再作成、そしてデータのリストアと言う手順が紹介されています。

Cドライブのサイズを変更(拡張/縮小)する方法

Microsoft Windows 7 - パーティション (ドライブ) を拡張する方法

え”ぇ~...面倒くさい.....

Windowsの標準機能ではグレーアウトしてC:ドライブの拡張ができない!
a0056607_20525951.jpg

何とかインチキしてC:ドライブはふやせんのか!


という事で、このような困ったモンダイを強引に解決するための便利ツールが MiniTool Partition Wizard です。面白そうだったのでフリーウェア版を使って急遽環境を作って試して見ました。

例えば、今使っているPCが、社内標準化のためパワフルなPCで、旧 Windows7/8 系でダウングレード権行使したものなんだけど、まだ比較的新しくパワフルなモデルなので、買い替えたくない。Windows OSだけアップグレードしたい、なんて時の、事前準備にも便利です。Windows7/8 系から Windows10 へサービスで無償アップデートした人にも便利なツールです。

一応 Windows10 で動く事は謳われていますが、 Windows10 自体のバージョンバラエティ(?)が滅茶苦茶なので、常に最新版をチェックして入手してください。

MiniTool Partition Wizard とは?

MiniTool Partition Wizard 無料版 11




- MiniTool Partition Wizard のフリー版と有償版の違い -

詳細は、こちらハードディスク管理機能をご覧ください。

MiniTool Partition Wizard エディション比較
https://www.partitionwizard.jp/comparison.html

フリー版でできない事を簡単にまとめると

- 削除したファイルやパーティションの復活は制限されている(パーティションの復元
- MBR --> GPT 変換と言った機能が制限されている (MBRディスクをGPTに変換)
- NTFS --> FAT 変換といった機能が制限されている
- Windows RE のブータブルメディアが作れない <---- これ何気に大事。

と言ったところです。この記事で紹介している機能は全て無償版でできる事です。



- ダウンロードとインストール -

ダウンロードはこちらから

MiniTool Partition Wizardのダウンロードセンター




ダウンロードしたら、ダウンロードファイルを実行してウィザードに従ってインストールします。

※ 重要 - インストールする時に、この手のフリー版におなじみの「オマケ」がインストールされるので、不要なら(普通は不要でしょう)チェックを外します。

a0056607_20534473.jpg

あとはダウンロードしたファイルを開いてインストールするだけです。

※ なお、実変換作業をする場合は時間がかかるため、ノートブックの場合は電源をつないでおきましょう。雷が鳴ったり、いかにもブレーカーが落ちそうな真夏の午後の冷房利かせた室内での焼肉パーティの最中も、避けた方がいいでしょうね。


起動してみました。機能がいっぱいありそうですがどれも同じです。このメニューを出さないよう、左下のチェックを外しておくといいでしょう。とりあえず「アプリケーションを実行」

a0056607_20541955.jpg


- パーティションをリサイズして、移動する -

まずは、D:ドライブの空きがあるので、D:をポイント、右クリックで「移動/サイズ変更」でリサイズして縮小します。この時、サイズを縮小したら、スライダを右にギュッと押して「パーティションの前(左側)」に空き領域「未割当の領域」を作ります。

a0056607_20544544.jpg
あおっ




次に、C:の後ろにあった「回復パーティション」も後ろに「未割当」の空きができたので、これも後ろにギュッとスライドさせて動かします。

a0056607_20563912.jpg
おお!




これでC:ドライブの後ろ(右側)に空きができるので、C:ドライブが拡張できるんですね。まさに Wizardry Magic です。

a0056607_20573232.jpg
ぁうおぅっ!



最後に「適用」ボタンを押すと、パーティションの変更、データの移行、設定の保存が行われます。

a0056607_20580287.jpg

ここで、止めておきたい(何しろ時間がかかるし、データのバックアップも取っていなかったとか、ノートブックの電源ケーブルが見つからないとか、外で雷なっているとか、ブレーカーが落ちそうな焼肉パーティが始まってしまったとか)の場合、「破棄」して初めからやり直すことができます。

また「取り消す」から1ステップ戻ることができます。

「適用」ボタンを押すまでは、システムの変更は実施されません。

a0056607_20583376.jpg

ディスクパフォーマンスの最大化

勿論、変更が大きかったり、パーティションサイズが大きいと、処理時間がかかるようです。

事前に不要だったり大事なファイルの整理とかバックアップして移動しておくと良いでしょう。万が一トラブルがあった時の被害が少なくなります。

a0056607_20590619.jpg

これで、D:ドライブが縮小されC:ドライブの容量が増えました。

一連の操作を簡単に動画にしました。(音出ます、1分50秒ほど)


はい、実に簡単に C:ドライブが拡張されています。別にインチキしたわけではありません。

a0056607_21002517.jpg

この間、システムの再起動は要求されませんでしたが....

もっとも、重要なデータのバックアップであるとか、ディスクを整理して、古いデータや使わないデータ、重要なデータは NAS などに移動しておくとか、事前に行うべきです。コンバートの時間も節約できます。

変換中はPCの余計な操作は出来ますが、行わない方が無難です。

a0056607_21012209.jpg

- ディスクのコピー -

例えば HDD でブートしていたPCを SSD に換装したい時には便利な機能です。再インストールだとか、データのコピーとか、メールの設定もそのまま引き継いで、コンピュータのシステムドライブを移行できます。

a0056607_21021441.jpg

微妙にコピー先ディスクサイズが小さかったので、「1.パーティションをディスクサイズに合わせる」を選びました。

a0056607_21051751.jpg

微妙なサイズの違いは勝手にリサイズしてくれました。


システムドライブがコピー対象なので、一旦リブート、Windowsがコールド状態でデータコピーが行われます。当然サイズが大きいと時間がかかります。

40Gbのディスクのコピーに一時間くらいかかりました。結構時間はかかります。移行のため、もし外付けのケースに SATA SSD を使うなら、 USB 3.0 以上がお勧めです。

a0056607_21054664.jpg

これだけの事をやろうとすると、Linux の Live USB ブートで、 dd したくなりますが Windows で完結しているところは素晴らしい。
コピーが終わったら、ディスクを付け替えたり、 BIOS の起動設定を変更すれば良いでしょう。



- こんな時便利 -

  • C:ドライブ 拡張できない
  • C: ドライブをSSDに換装したい
  • 入れ替えた古い Windows7 PC のデータ抹消
  • システムディスク C:ドライブの拡張
  • C:ドライブのバックアップ

- 他にもある便利機能 -

ディスクのディレクトリごとの占有量を確認できます。この機能は Windows にない、チョットした機能なのでこの機能は地味に便利です。余計なシステムドライブのディスク容量大食いの「どこが原因なのか」が確認できる。

意味不明に占有している、ユーザホームディレクトリの ../local/..などにある 、画像変換なんかで使った、消しても構わないテンポラリファイルやブラウザキャッシュがすぐわかる。

a0056607_21180584.jpg

また、ディスクのベンチマークツールも付いています。

a0056607_13075576.png


パーテションのパージ(抹消)

ディスクを交換した後の古いディスクのパージ機能があります。「適用」ボタンで抹消処理が始まります。

Windows7 からの移行で、HDDやPC自体の破棄の前にやっておきたいことですね。フリー版で使えます。

a0056607_21193155.jpg


- まとめ -

今回は無償のフリー版を使ったのですが、フリー版でもかなりの事が出来ました。社内のIT部門のヘルプデスク向けにはエンタープライズ版もあります。

ヘルプデスクのパーティションニングソフトとして一つ持っていても損はないでしょう。サーバー版もあるので、 Windows サーバーを使うIT部門のシステム管理者なら、MiniTool Partition Wizard は一本もっていてもいいな、と思わせられる製品です。特にファイルサーバーの様に常に空き容量にセンシチブなサーバーの運用にはよいソフトウェアです。

MiniTool Partition Wizard サーバー版 11

私は本職が Linux 屋なので、これだけの事がフリーの無償版でできるのであれば、ディスクの丸ごと hyper-V や RAW フォーマット形式での SSH イメージバックアップだとか、S.M.A.R.T 情報の確認ができるとか、セクタのデフラグ機能が欲しいとか、もし有償版にあれば欲しい機能はいっぱいあります。

Pro 版だけでえはなく、エンタープライズ版も一つ持っていたい。


無理ばかり言いそうなので、これで終わりにします。






by islandcenter | 2019-09-03 21:33 | Windows | Comments(0)

ここでは openSUSE Leap 15.1 にインストールした、Zabbix4.2 を使って一般的な SNMP 対応デバイスのトラフィックなどを監視し、グラフ表示させるところまでを説明します。

まぁできれば、アラートを検出してメールを流すとか、したいところなのですがグラフを出すところまでで許してください。

- Target の snmp は有効か -

まず、ターゲット側が、snmp が有効になっている必要があります。このあたりは、装置のマニュアルをご参考下さい。

サンプルとして、適当なデバイスがなかったので Linux のサーバーを使っています。コミュニティ・ストリングは public です。勿論、snmp のパスワードに相当するので適宜置き換えてください。

SUSE Linix の場合 net-snmp パッケージが必要になります。YaSTからインストールして /etc/snmp/snmpd.conf を次の様に書き換え、snmpd をリスタートさせます。

target:/etc/snmp # cat snmpd.conf | grep public
# rocommunity public 127.0.0.1 <---- comment ouut
rocommunity public 192.168.1.0/24
target:/etc/snmp #
target:/etc/snmp # rcsnmpd restart


次に zabbix 側から、snmp の参照ができる事をsnmpwak で確認します。

zabbix4:~ # snmpwalk -v 2c -c public target.i.islandcenter.jp .1.3.6.1.2.1.1
SNMPv2-MIB::sysDescr.0 = STRING: Linux TS-110 4.2.6
SNMPv2-MIB::sysORID.1 = OID: SNMP-MPD-MIB::snmpMPDMIBObjects.3.1.1
SNMPv2-MIB::sysORID.2 = OID: SNMP-USER-BASED-SM-MIB::usmMIBCompliance
SNMPv2-MIB::sysORID.3 = OID: SNMP-FRAMEWORK-MIB::snmpFrameworkMIBCompliance
SNMPv2-MIB::sysORID.4 = OID: SNMPv2-MIB::snmpMIB
SNMPv2-MIB::sysORID.5 = OID: TCP-MIB::tcpMIB
SNMPv2-MIB::sysORID.6 = OID: IP-MIB::ip
SNMPv2-MIB::sysORID.7 = OID: UDP-MIB::udpMIB
SNMPv2-MIB::sysORID.8 = OID: SNMP-VIEW-BASED-ACM-MIB::vacmBasicGroup
SNMPv2-MIB::sysORDescr.1 = STRING: The MIB for Message Processing and Dispatching.
SNMPv2-MIB::sysORDescr.2 = STRING: The MIB for Message Processing and Dispatching.
SNMPv2-MIB::sysORDescr.3 = STRING: The SNMP Management Architecture MIB.
SNMPv2-MIB::sysORDescr.4 = STRING: The MIB module for SNMPv2 entities
SNMPv2-MIB::sysORDescr.5 = STRING: The MIB module for managing TCP implementations
SNMPv2-MIB::sysORDescr.6 = STRING: The MIB module for managing IP and ICMP implementations
SNMPv2-MIB::sysORDescr.7 = STRING: The MIB module for managing UDP implementations
SNMPv2-MIB::sysORDescr.8 = STRING: View-based Access Control Model for SNMP.
SNMPv2-MIB::sysORUpTime.1 = Timeticks: (1103) 0:00:11.03
SNMPv2-MIB::sysORUpTime.2 = Timeticks: (1103) 0:00:11.03
SNMPv2-MIB::sysORUpTime.3 = Timeticks: (1103) 0:00:11.03
SNMPv2-MIB::sysORUpTime.4 = Timeticks: (1104) 0:00:11.04
SNMPv2-MIB::sysORUpTime.5 = Timeticks: (1109) 0:00:11.09
SNMPv2-MIB::sysORUpTime.6 = Timeticks: (1109) 0:00:11.09
SNMPv2-MIB::sysORUpTime.7 = Timeticks: (1109) 0:00:11.09
SNMPv2-MIB::sysORUpTime.8 = Timeticks: (1110) 0:00:11.10
zabbix4:~ #

PR

- Zabbix 側から監視ターゲットホストの作成 -

全体の流れは動画にしました。(音出ます)




Configuration > Hosts > Create Host

a0056607_10410627.png



Add ボタン

Host name: 任意の識別名
Group > Select > 必須項目なのでどこかのグループをセット 、グループは新たなグループを作れます。後で変更できます。
Agent interface > Zabbix Agent を使う場合は、一応アドレスと DNS 名をセット。DNSに登録されているなら"DNS" ボタンを押しておく、zabbix agent を使えないデバイスの場合は空欄でも構いません。
SNMP interface > "Add"リンクで入力ボックスを開き > アドレスと DNS 名をセット。DNSに登録されているなら"DNS" ボタンを押しておく、ポートは 161


a0056607_10414442.png




次に Template の設定。 "Template" を選び、Select から、一番使えそうなテンプレートを選び "Add" リンク、

最後に左下の"Update"ボタンで登録

a0056607_10421177.png




これで一応監視対象 SNMP デバイスの登録は終わり。
ただし、まだデータの収集を始めていないので "SNMP" のステータスはグレーです。

a0056607_10423975.png



試しに、登録したばかりの Host を開いてみると、"SNMP" のステータスはグリーンに変わっていました。大体5分程度で認識するようです。
ただし、 Graphs の横には何もありません。まだグラフを描画できるほどの情報がないのですね。


a0056607_10431141.png



”HOST” リストでも、”SNMP” がグリーンになっています。


a0056607_10463003.png




30分から一時間ほどで描画できるデータが集まったようです。graphsの横に、グラフ描画できるアイテム数が出ています。

a0056607_10471145.png



"Monitoring" > Graphs > "HOST" をトグルして > "Graph" の種類を選ぶと、グラフが描画されました。


a0056607_10475074.png


a0056607_10482092.png

PR




- インプレッション -

グラフが見やすくなりました。今日一日の状態や過去数時間、今週、先週と言った単位で、グラフが表示できるのはいいものです。また、監視のためのテンプレートが豊富になったので、サービス単位で監視ができるというところもいいですね。テンプレートを作ってくださったコミュニティの皆様には感謝です。

残念な所は、今までの 3.2 では、ディスクの空き容量が、パイチャートで見る事ができたのですが、この機能がなくなったこと。これは、私のやり方が悪かったのか、何かカスタマイズでできるのか、あるいは理由があって削除されたのか、分かりません。

Zabbix については情報は多いのですが、新旧混在で、古い情報で良い情報を見つけても、画面のデザインが違ったり、古い情報を基にカスタマイズすると、なぜか怒られたり、ということがあまりにも多すぎます。プロジェクトの疾走感は強く感じますが、最新の情報がまとまっていないのが難点ですね。










by islandcenter | 2019-07-18 10:53 | プライベートクラウド | Comments(0)

How to set up zabbix 4.2 on opemSUSE Leap 15.1 ?

Zabbix 4.2 を openSUSE Leap 15.1 にインストールする手順です。

以前の zabbix 2.2 Appliance は openSUSE ベースだったので、好きにカスタマイズできたのですが、zabbix3 より ubuntu になってしまいました。ディストリビューションが混在すると、頭がパーマ状態になるので、SUSE にセットアップしてみようの回です。

zabbix4 は SUSE(SLES15) のリポジトリが使えるので、openSUSE Leap 15.1 にインストールしてみました。

基本的な手順は、こちらを手本としていますが、幾つかディストリビューション固有の問題や、日本語の問題があるので、この記事を書きました。

Download and install Zabbix

PR




- Install and prepare -

openSUSE Leap インストールと準備

- openSUSE 15.1 + Web LAMP + gnome Desktop
- Wicked Network + Static IP + DNS name space
- setup NTP

openSUSE Leap 15.1 Web LAMP install


Decide 事前に二つのパスワードを決めておきます。

password for mysql: mysqlpwd
password for zabdb: zdbpassword


openSUSE Leap 15.1 は WEB Lamp をインストールし、Static IPNTP の設定をしました。

a0056607_11595171.png






--- repositories ---

zabbix のリポジトリをインストールします。

# rpm -Uvh --nosignature https://repo.zabbix.com/zabbix/4.2/sles/15/x86_64/zabbix-release-4.2-2.el15.noarch.rpm
# zypper --gpg-auto-import-keys refresh 'Zabbix Official Repository'


--- Install Zabbix server, frontend, agent ---

zabbix のフロントエンドとエージェントをインストールします。

# zypper install zabbix-server-mysql zabbix-web-mysql zabbix-agent


---- Enable, start mysql and apache2 ---

SYSTEMCTRL か YaST でmysql と apache2 をスタートさせます。

# systemctl restart mysql.service
# systemctl enable mysql.service
# systemctl restart apache2.service
# systemctl enable apache2.service


a0056607_12024296.png


---- 日本語化に必要(for Japanese Frontend packages) ---

フロントエンドを日本語化するために次のパッケージが必要です。(for Japanese browser front end, install add-on packages) zypper install するか YaST でインストールします。zypper install or YaST > Software Management.

- php7-gettext
- zabbix-web-japanese

a0056607_12051449.png



-- Setup HTTP Server --

YaST HTTP Server のアイコンをインストールし、 YaST をリスタートさせて、HTTP Server のセットアップウィザードを起動します。

install "yast2-http-server", restart YaST > run "HTTP Server" icon comes up.

a0056607_12060244.png

# yast2 &

YaST > Network Service > HTTP Server > begin Wizard

Check > "Enable PHP Scripting"

a0056607_12062922.png

YaST > Network Services > HTTP Server > "Server modules" Tab > check php7 enabled.

PHP7 がイネーブルであることをチェックします。

a0056607_12083897.png


-- setup mysql monitor password --

mysql の root パスワードを設定します。

# mysqladmin -u root password mysqlpwd

restart mysql(mariadb)

# systemctl restart mysql.service

a0056607_12094826.png


-- Install Zabbix server, frontend, agent --

zabbix server と web フロントエンドをインストールします。

# zypper install zabbix-server-mysql zabbix-web-mysql zabbix-agent


-- setup mysql database --

mysql のデータベースを作ります


# mysql -uroot -p
password: mysqlpwd
mysql>
mysql> create database zabbix character set utf8 collate utf8_bin;
mysql> grant all privileges on zabbix.* to zabbix@localhost identified by 'zdbpassword';
mysql> show databases;
mysql> quit;

-- Import initial schema and data. You will be prompted to enter your newly created zdbpassword. --

スキーマの拡張、zabbix DB のパスワードをセットします。

# zcat /usr/share/doc/packages/zabbix-server-mysql*/create.sql.gz | mysql -uzabbix -p zabbix
password: zdbpassword

---- wait 5 minutes 5分待ちます ----

-- set mysql password into zabbix_server.conf --

zabbix_server.conf に mysql のパスワードをセットします。

# gedit file /etc/zabbix/zabbix_server.conf
DBPassword=zdbpassword

-- set your time zone --

zabbix.conf にタイムゾーン Asia/Tokyo をセットします。

# gedit /etc/apache2/conf.d/zabbix.conf
### uncomment and set the right timezone for your city ###
# php_value date.timezone Europe/Riga ## <---- comment out
php_value date.timezone Asia/Tokyo ## <----- your timezone

-- restart zabbix --

## Start Zabbix server and agent processes and make it start at system boot:
# systemctl restart zabbix-server zabbix-agent apache2
# systemctl enable zabbix-server zabbix-agent apache2

a0056607_12110268.png


-- Begin setup --

セットアップの開始

# firefox http://locathost/zabbix &

redirect to setup.php

a0056607_12125979.png


set zdbpassword

a0056607_12142833.png



set

- Host: zabbix-server_ip
- Port: 10051(Default)
- Name: your_Zabbix_Server Hostname


a0056607_12145254.png



-- summary --

a0056607_12152015.png



-- Login from browser --

ブラウザからログインします。デフォルトパスワードは Admin/zabbix

Login and configuring user

Default login by : Admin/zabbix

a0056607_12160285.png


Dash board comes up...

a0056607_12162715.png


Change Language as you like. Fun ....
a0056607_12134717.png
- 次にやること -

Zabbix4.2 snmp デバイスのグラフを表示させるまで

Zabbix4.2.4 でディスクの空き容量をグラフ化してみた

SUSE+Zabbix4 で夏場のCPU温度監視と温度グラフの作成





- まとめ -

凡その作業は zabbix 公式文書そのものなのですが、OSのコンポーネントのインストール、 Apache2 と php7 の有効化、mysql と zabbix DB のパスワードの違いなどの説明がないので、初めは戸惑いました。

またスキーマの拡張にも時間がかかります。

今、zabbix 3.2 の ubuntsu Appliance を使っているのですが、テンプレートが違うので監視ホストのリストを zabbix4 はインポートしてくれません。また、かなり異なる部分があるので、まだまだ勉強です。

Do you know how to import host list exported from zbx3 to import zbx4 ? Please comment...

誤記があればコメントください。



by islandcenter | 2019-07-12 12:17 | SUSE | Comments(0)

openSUSE Leap のデフォルトでは、インストールする際の管理者が、username:this_password です。

インストールする途中で、ユーザを作成する場合、Use this password for system administrator, と Automatic Login にチェックが入っています。

a0056607_14213526.png


普通ならこのチェックを外して、 root のパスワードを設定するのですが、間違ってチェックを入れたままインストールしてしまいました。

やっちゃった....

という事で、

- root にパスワードを設定する。
- オペレーターユーザ名で自動的にログインさせない。

の2点について説明します。




- root のパスワード設定 -

operator@opensuse151:~> sudo passwd root

We trust you have received the usual lecture from the local System
Administrator. It usually boils down to these three things:

#1) Respect the privacy of others.
#2) Think before you type.
#3) With great power comes great responsibility.

[sudo] password for root: operator のパスワード
New password: rootに設定するパスワード
Retype new password: rootに設定するパスワード(確認)
passwd: password updated successfully

operator@opensuse151:~> su
password: rootに設定したパスワード

opensuse151:/home/operator #

- 次に自動ログインを無効にする -

YaST > Security and Users より、ユーザ名を選んで、右下の Expert settings > "Login settings"

a0056607_14194053.png


"Auto Login" のチェックを外します。

a0056607_14203241.png

以上で自動ログインをしない設定にし、 root のパスワードと分離させることができました。

by islandcenter | 2019-07-11 14:25 | SUSE | Comments(0)

Windows10 では、どうしても隠しておきたいレガシーなものがあります。その一つが「コントロールパネル」。よほどマイクロソフトとしては、この懐かしい機能を使わせたくないのでしょう。簡単に見つけ出して使う事ができない様になっています。

そこで
「Windows10でコントロールパネルを使う!」
「Windows10のコントロールパネルの見つけ方?」
「Windows10 のコントロールパネルはどこへ消えた?」
「Windows10 のコントロールパネルを開く方法」

を説明します。

同じ Windows10 でも、それぞれのメジャーアップで異なる挙動を魅せるので、参考までにしてください。

この記事は書き換える可能性があります。



QNAP TS-231P 1.7GHz CPU
1GBメモリ 2ベイ NAS

- コントロールパネルをデスクトップに表示 -

「田」アイコンの中にある「歯車」アイコンを開きます。

a0056607_15430435.png

「設定」が出てくるので「個人用設定」を開きます。


a0056607_15434264.png
「個人用設定」から「テーマ」を選びます。

a0056607_15442330.png

「テーマ」の下の下の方の、どうしても見つけづらいところに「デスクトップアイコン」という「実はオラ恥ずかしいから見つけてほしくないンだ」とような設定項目があります。これを開くと


a0056607_15445633.png

「テーマ」の下の下の方の、どうしても見つけづらいところに「デスクトップアイコン」という「実はオラ恥ずかしいから見つけてほしくないンだ」とような設定項目があります。これをチェックすると

a0056607_15470708.png

これでデスクトップから、コントロールパネルが開けます。


- 検索からコントロールパネルを見つける -

「田」アイコンの横の「虫眼鏡」アイコンを開き「こんと...」を検索すると、「コントロールパネル」のアイコンが出てきます。

a0056607_15514565.png

よく使うので、タスクバーにピン止めしておきましょう。

a0056607_15473001.png




Windows7から10へ移行、パーティション分割、C:ドライブの拡張、 MiniTool Partition Manager は超便利

isLandcenter.jp





by islandcenter | 2019-07-04 15:53 | Windows | Comments(0)

SUSE Linux Enterprise 15 sp1 (SLE15sp1 /SLES15sp1) の配布が始まったので、さっそくインストールしてみました。

spなしの SLE15.0 はこちらをご参考下さい

SUSE Linux Enterprise 15 (SLES15) のインストールとファーストインプレッション
https://islandcnt.exblog.jp/238668681/

openSUSE Leap 15.1 はこちらをご参考下さい

openSUSE Leap 15.1 インストールとファーストインプレッション
https://islandcnt.exblog.jp/239244204/


- 準備 -

メディアサイズは約 22Gb あります。インストールDVDが2枚、パッケージDVDが2枚です。
ユニバーサルインストーラなので、この1セットで SLE の全てのパターンがインストール可能です。ただしサイズがでかい。
インストールDVD2枚はそれぞれ1G程度、パッケージDVDは8Gと11Gbです。もはや DVD.ISO とは言えないサイズとなりました。


ダウンロードはこちらから、無料のアカウント登録が必要です。

SUSE Downloads
https://download.suse.com/index.jsp


インストールDVDはまぁ片面一層DVDで良いのですが、パッケージDVDはブルーレイが必要ですね。もっともシンプルにインストールするだけであれば、インストールDVDの1枚目と、パッケージDVDの1枚目しか使いません。

またオンラインでサブスクリプション登録を行えば、インストールDVD1枚目だけで、後はリポジトリからインストールできるのですが、サイズがアレですから、途中で失敗したときのペナルティが大きい。

ここは呑気に22Gbまったり落として、手元の HTTP サーバーに展開しておきました。

# mkdir /srv/www/htdocs/sles15sp1
# mkdir /srv/www/htdocs/sles15sp1/pkg1
# mount -o loop <pat-from>SLE-15-SP1-Packages-x86_64-GM-DVD1.iso /srv/www/htdocs/sles15sp1/pkg1

物理メディアよりは、HTTPかFTPサーバーを用意した方が、繰り返し練習したり、テスト環境構築には便利です。本番運用する前のテスト段階で、SCCのサブスクリプション登録とYOU(YaST Online Update)をすると良いでしょう。
サブスクリプション購入はこちら

SUSE LINUX Enterprise Server
www.suse.com/shop/

ブラウザでダウンロードするより、何か使いやすい http ダウンローダーを使うと良いでしょう。私は BitCommet の HTTP ダウンローダーを使いました。

ちなみに、SUSE も Novell もそうなのですが、ダウンロードリンクは、リダイレクト URL で、有効なのは12時間位です。それ以上ダウンロードにかかるようであれば、途中でダウンロードエラーになります。できるだけ回線のトラフィックが静かな、深夜にダウンロードするのが良いでしょう。

リリースノートはこちら

SUSE Linux Enterprise Server 15 SP1 Release Notes
https://www.suse.com/releasenotes/x86_64/SUSE-SLES/15-SP1/


PR





- インストール開始 -


インストール全体の流れは6分ちょっとの動画にしました。(派手に音出ます)


インストールDVDから起動します。

a0056607_16280317.png

言語と、キーボードチェックです。今回、言語は English キーボードは 101 KB です。
インストールする SLE のバリエーションをチェックします。 SLES 15sp1か、他のバリエーションかをここで選びます。

a0056607_16283839.png

ここで、"Registration" すると、オンラインのリポジトリが使えますが、インストールに恐ろしく時間がかかるので、スキップします。

a0056607_16285746.png


Addon プロダクトのインストールです。
ここでアドオンをインストールしないと「!?」な状態、ほとんどカーネルしかインストールされないので、アドオンをインストールします。物理メディアのDVD(たぶんブルーレイですね)がなかったので、 パッケージDVDのISOを HTTP サーバーに mount -o loop で展開した状態で準備した、ローカルサーバーを使いました。

a0056607_16292190.png

HTTP を選んだので Package DVD1 の iso を展開した HTTP サーバーのURLをセットします。

a0056607_16293793.png

この状態で Server Role の選択ができます。

最低限、YaST や Zypper が使えるように

- Base System
- Desktop Application

の二つはチェックしておきます。追加で

- Server Application Module

もチェックします。

a0056607_16295534.png

SLE 15.0 よりいくつか選択しが増えました。

a0056607_16301556.png

Server Roleを決めます。ここでは gnome Desktop を選びます。YaST さえ使える環境であれば、後で何とでもなります。まだ用途が決まっていない場合は、 gnome Desktop をとりあえず入れておきます。ちなみに SUSE Linux Enterprise Server は gnome デスクトップだけです。 SLES ではなく SLED(Desktop)の場合はもっと選択しが増えます。(たぶん)
a0056607_16303764.png

パーテイションのプロポーザルが出てきました。ここでパーティション構成を変える場合は、Proposal から変更するため Partitioner を起動します。

a0056607_16305423.png


時刻と地域の設定です。地図の中から、大体東京あたりをクリックし、地域を Asia/Japan にします。 Hardware Clock set to UTC はいつもチェックを外します。JST運用ではなく UTC 運用する場合は、このチェックは残しておきます。

a0056607_16320796.png

オペレータ名とパスワードの設定です。openSUSE と異なり、ユーザパスワードはそのままでは root パスワードにならないのがデフォルト設定です。

a0056607_16325094.png

root パスワードをセットします。必ずテストフィールドでキーチェックします。間違って Caps や Num Lock されている場合があります。
a0056607_16331038.png

インストールサマリです。ここでイキオイ余って Install ボタンを押してしまうと、後戻りできないので、よく説明を読んでチェックします。
Fire Wall は無効にし SSH を有効にしました。

既に、インストールが決まっているパッケージがあれば、 Software リンクから追加します。

また、systemd の起動時のターゲットをテキストモードにしたい場合はここで変更します。今回は、グラフィカルモードにしました。
後で YaST でも変更できます。


a0056607_16335245.png


インストールが始まります。ローカル環境に一時的なリポジトリを作ったので、インストールは10分程度で終わり、再起動します。

a0056607_16341753.png

root でログインして、 gnome デスクトップが出てきました。YaST と Terminal アイコンをツールバーに登録しておきます。

a0056607_16350105.png

YaST > System > Network Settings で、IPアドレスの指定と HOSTNAME の指定を行います。SLE Server の場合、デフォルトで Wicked ネットワーク設定です。この辺りが openSUSE Leap 15.1 との違いです。
a0056607_16353509.png

NTPの設定をします。 openSUSE Leap とは違い、デフォルトでは設定されていません。必ず設定するようにしましょう。。

a0056607_16360432.png

NTP の設定が終わりました。

a0056607_16362285.png

- インプレッション -

インストール自体は、以前のバージョン SLE15.0 とほとんど変わらず、使ってみた感じは openSUSE Leap 15.1 と変わらずです。
ただ、ユニバーサルインストーラって、アレだなというか、とにかくサイズがでかい。インストール時のトラフィックの大きさを考えると、リポジトリの専用サーバーは欲しいですね。

とりあえず、ここまでは openSUSE Leap 15.1 と同じ YaST の日本語の文字化け以外は、目に見える目立ったバグもないようです。デフォルト言語を日本語にしないと見つからないバグなので、お客さんには黙っておきましょう。




by islandcenter | 2019-06-29 17:59 | SUSE | Comments(0)

ここでは、ざぁーっとですが「openSUSE Leap 15.1 で NAS の iSCSI 機能を使ってみた」でタップリとハマったご報告です。

私が使っているNAS は qnapの TS-110。QNAP 製で初期のかなり古い、いつ「燃えないゴミ」に格下げされるか分からない遅くて古い10年前の製品です。一応 Gbit Ethernet のポートが付いていますが、それほどの性能が使いきれない、当時では珍しかった手ごろで手軽に iSCSI 機能が使えた NAS 製品です。

TS-110

QNAP HDD-LESS TVS-873E 2年保証付き

価格:238,305円
(2019/7/27 14:31時点)
感想(1件)

QNAP TS-431P2 HDD-LESS 4ベイ メモリ4GB 2年保証 NAS

価格:53,578円
(2019/7/27 14:32時点)
感想(0件)


このシリーズの中々侮れないのは、未だファームウェアが更新されていることです。

仮想化時代の NAS 選び - やっぱり iSCSI は早い。


PR- ↓クリックするなよ、するなよ! 絶対ダメだぞ!↓

--

qnap では、ストレージマネージャから iSCSI ターゲットを作成します。全てウィザード形式なので、特に問題になることはないでしょう。

既におそらくはもう使っていないだろう、ターゲットがあったのでこれを使ってみましょう。
a0056607_15360518.png

iSCSI ターゲットをマウントする側は openSUSE Leap 15.1 です。大抵は YaST のメニューに iSCSI Initiator のアイコンがあるはずです。もしない場合は YaST > Software Management から "iSCSI" などのキーワードで検索すると、 "yast2-iscsi-client" という項目がでてくるのでこれをクリックしてインストールします。


a0056607_15551090.png

インストールしたら、一旦 YaST を終了して、YaST を再起動すると iSCSI Initiator のアイコンが出てくるので、このアイコンを open します。ウィザード形式でインストールとセットアップが始まります。

a0056607_15363592.png


Discovered Target を開くと、おそら始めは何もリストに出てこないはずです。

Discovery Target > "Discovery" ボタン > で iSCSI Target の IP をセットすると、下の様に、件の NAS で定義されている、複数の iSCSI ターゲットのリストが出てくるので、目的の iSCSI Target を選んで ”Connect” ボタンを押すと、"Connect" 状態が "True" になりました。


a0056607_15471600.png


"Connected Target" を開くと、利用可能なISCSI ターゲットのリストではなく、実際に接続されたターゲットがリストされます。"Startup" のカラムは ”Edit” ボタンで”Automatic” にしておくと良いでしょうか。

a0056607_15474376.png

YaST の Partitioner から見ると、どうも、この Target の残骸は、以前 Windows で使ったものの残骸で NTFS でした。デバイス名が "sda" となっている通り、iSCSI デバイスが 物理的なSCSI か SAS あるいは SATA ドライブに 見えている事が分ります。

a0056607_15481446.png

NTFSなので、マウントできるかどうか試してみました。

a0056607_15500390.png

マウント出来てしまった様です。

a0056607_15503431.png

openSUSE はデフォルトで ntfs-3g パッケージが入っています。それはそれで便利なのですが....

a0056607_15505629.png


Windows 10/Windows 2016 Server などでフォーマットした、NTFS のターゲットイメージは、必ずアンマウントするか、iSCSI マウントしたホストを確実にスリープではなくシャットダウン(高速起動モードは必ずオフ)にするなりしないと、別なホストではマウント出来ないようです。恐らくデュアルブートするような場合でも、Windows パーティションでは同じ問題が出そうです。

なお、よほど安定した環境であれば、 Partitioner で XFS などでフォーマットしたものをマウントし、 fstab を書き換えてもいいのですが、

今回のケースの場合、NTFSのディスクエラーがでて、エマージェンシーモードに入り、再起動に失敗しました。 /etc/fstab に追加された /dev/sda1 のマウント行を削除したら起動できました。
手動でマウントしても NTFSのエラーがでてマウントできない事が多いので、Linux では NTFS と iSCSI は相性が悪い様です。

というより、マウントしたら常に無駄にこそこそディスクアクセスを行う「Windows の仕様」なので仕方がないのでしょう。

しかし XFS フォーマットされた、iSCSI ターゲットでも、ブート時に iSCSI イニシエーターがターゲットを掴まず、fstab に書き込まれた仮想イメージのマウントができなかったので、おそらく openSUSE Leap 15.1 の iSCSI イニシエーターの不具合の様です。情報がありませんでした。

- 新手のバグか? -

また、iSCSI イニシエーターをオンにした後、正常にシャットダウンできない現象が出ました。

Is this BUG on openSUSE Leap 15.1 ? iSCSI initiator never come up when on host boot. Also iSCSI initiator enabled, openSUSE Leap 15.1 shutdown failed. iSCSI virtual image could not be mounted on boot, it's fail to mount by /etc/fstab description. After boot, iSCSI Initiator connect to target from YaST, and mount iSCSI target volume by 'mount' command by manually, it's work.

Does anyone have Idea ?...... on comment.


という事で

- iSCSI のアクティブ化に問題があり、完全起動してから、手動でアクティブにする必要がある。
- iSCSI ボリュームは起動後、iSCSI Initiator がターゲットを掴んでから手動でマウントする。

という点が今時点の対策です。
SUSE Linux Enterprise Server 15 (SLES15) でも同じ現象がでたらちょっと怖いです。という事で対策見つかりました。


- iSCSI の接続は "Automatic" で -


マニュアルによると

Configuring iSCSI Initiator

Click Toggle Start-Up to modify the setting:

Automatic: This option is used for iSCSI targets that are to be connected when the iSCSI service itself starts up. This is the typical configuration.

Onboot: This option is used for iSCSI targets that are to be connected during boot; that is, when root (/) is on iSCSI. As such, the iSCSI target device will be evaluated from the initrd on server boots. This option is ignored on platforms that cannot boot from iSCSI, such as IBM Z. Therefore it should not be used on these platforms; use Automaticinstead.

a0056607_11265289.png

”Connected Target” の項目を、”Automatic”。これで、起動時に iSCSI ターゲットを認識する様になりました。



- fstab の iscsi マウントオプションには "_netdev" を -


ストレージ管理ガイド SUSE Linux Enterprise Server 15

"17.15.2 マルチパスが有効な場合、ブート時にシステムが終了して緊急シェル(※ Emergency Shell )が起動する

3. ネットワークストレージの接続に失敗した場合にシステムが緊急モードでブートしないようにする ため、 /etc/fstab の各エントリにマウントオプション _netdev を追加することをお勧めします。"

--
という事で /etc/fstab で iscsi ボリュームをマウントする行を dafaults > _netdev に書き換えます。

opensuse151:~ # cat /etc/fstab |grep xfs
UUID=9edcdd14-5c39-47e2-b080-6764582cc9c8 /var xfs defaults 0 0
UUID=fc3aa41a-7675-461b-b610-58684901fe94 /mnt/iscsi xfs _netdev 0 0
opensuse151:~ #


YaSTでは System > Partitioner > "/dev/sdx" > edit > Fstab Options > Arbitrary Option Value > set "_netdev".

a0056607_11334224.png
これで、ブート時に iSCSI ボリュームが自動マウントされました。絶好調です。

やれやれ ...

PR





by islandcenter | 2019-06-23 16:07 | SUSE | Comments(0)