isLandcenter 非番中

ブログトップ | ログイン

タグ:Windows10 ( 41 ) タグの人気記事

Windows10 2004(20H1) Windows Subsystem for Linux 2nd (WSL2) でGUI を使うまでハマった話の続きです。

Windows10 pro 2004(201H) にバージョンアップし、WSL2(Windows Subsystem for Linux 2nd) のバージョン変換も無事終わりました。ホントに Windows10 はナニするにも時間がかかる。ITエンジニアの常として「待つのも仕事」です。

Windows10 1903 から 2004、ISOでアップデート

Windows10 2004(20H1) で WSL1から WSL2 へのアップデート

さぁて、GUI の YaST でも使おうかと思い、MobaXterm を立ち上げて、"X server" を ON にしました。(初期設定でONです)

Windows から Mac へ MobaXterm で VNC デスクトップ共有接続

WSL2 で export DISPLAY=:0 で GUI が動かない: Windows10 2004(20H1)_a0056607_11013601.png

従来の WSL(1) の様に export DISPLAY=:0 を実行したんですが....

w10pro:/home/myme # export DISPLAY=:0
w10pro:/home/myme # export | grep DISPLAY
declare -x DISPLAY=":0"
w10pro:/home/myme # yast2 &
[1] 623
w10pro:/home/myme # QStandardPaths: XDG_RUNTIME_DIR not set, defaulting to '/tmp/runtime-root'
qt.qpa.screen: QXcbConnection: Could not connect to display :0
Could not connect to any X display.

怒られてしまいました。

調べてみたら /etc/resolv.conf に書かれている IP アドレスがホストアドレスなので、それを指定して使え、という Google 大魔神のご指示がいくつか見つかったのですが、

前バージョンから大幅に性能向上した新Linux環境「WSL 2」の実力を探る

 "また、WSL 2内では、「/etc/resolv.conf」に記載されているDNSサーバが常にWin32側の仮想ネットワーク側IPアドレスを示すようになっている(このファイルはWSL 2の起動時に自動的に生成される)。この仕組みを利用すれば、Linux側でも一定の手順でWin32側のIPアドレスを得ることが可能だ"

という事で

# export DISPLAY=$(cat /etc/resolv.conf | grep nameserver | awk '{print $2}'):0

とやってもやっぱりだめ。

という事で ipconfig でDHCPから割り当てられた IP を確認して、export DISPLAY=xx.xx.xx.xx:0 を実行したら


w10pro:/home/myme # export DISPLAY=192.168.1.44:0
w10pro:/home/myme # export | grep DISPLAY
declare -x DISPLAY="192.168.1.44:0"
w10pro:/home/myme # yast2 &
[1] 648
w10pro:/home/myme #

お、MobaXterm に何か出てきた。初見だ。これも WSL2 になってからハマった所です。

WSL2 で export DISPLAY=:0 で GUI が動かない: Windows10 2004(20H1)_a0056607_11020605.png

「はい」を押す。

※この Application on remote computer xx.xx.xx.xx has requested....... In order to disable this worning....

のダイアログはひどく邪魔なので mobaXterm の Settings > X11 tab > X11 remote access よりトグルボタンで "full" に変更します。
セキュリティ上、キーストロークなどが盗聴される可能性があるよ、という事です。


WSL2 で export DISPLAY=:0 で GUI が動かない: Windows10 2004(20H1)_a0056607_11025279.png

無事 YaST2 が起動できました。

これで openSUSE Leap なら LibreOffice でも Gimp でも使えるでしょう。SLES の場合は Workstation Extension というパッケージが必要です。勿論、自己責任でこれらの Linux GUI アプリケーションをインストールするのは構わないと思います。 

WSL2 で export DISPLAY=:0 で GUI が動かない: Windows10 2004(20H1)_a0056607_11031587.png

動いた。



一応、先行者のご意見通り、 /etc/resolv.conf にある IP アドレスを使っても動くことがあったので、

export DISPLAY=$(cat /etc/resolv.conf | grep nameserver | awk '{print $2}'):0

の行を .bashrc に書いておきました。

どうもウチの環境では Windows の再起動だとか、WSL2 を終了させたり立ち上げる都度に環境がおかしくなるみたいです。 resolv.conf の IP アドレスでうまく動かない場合は、ホストの Windows の IP を使うとうまく動くことがあるかも、そんな程度に考えてください。

ちなみに WSL2 では Hyper-V の仮想スイッチを経由して接続されるようです。

WSL2 のネットワークについてはこちらに詳しい解説がありました。

Linuxがほぼそのまま動くようになった「WSL2」のネットワーク機能

物理的なマシンの中に「プライベートネットワーク」を作ります。従って Host の Windows マシンからは仮想スイッチを通して WSL に対して通信はできますが、別なコンピューターからは、通信できません。ま、当たり前ですけど。

C:\>ipconfig

Windows IP 構成


イーサネット アダプター イーサネット 3:

   メディアの状態. . . . . . . . . . . .: メディアは接続されていません
   接続固有の DNS サフィックス . . . . .:

イーサネット アダプター vEthernet (external-rj45):

   接続固有の DNS サフィックス . . . . .: i.islandcenter.jp
   リンクローカル IPv6 アドレス. . . . .: fe80::3d32:8b05:e320:8531%18
   IPv4 アドレス . . . . . . . . . . . .: 192.168.1.44
   サブネット マスク . . . . . . . . . .: 255.255.255.0
   デフォルト ゲートウェイ . . . . . . .: 192.168.1.1

: 中略

イーサネット アダプター vEthernet (Default Switch):

   接続固有の DNS サフィックス . . . . .:
   リンクローカル IPv6 アドレス. . . . .: fe80::8eb:6c67:4766:b3bc%17
   IPv4 アドレス . . . . . . . . . . . .: 172.26.176.1
   サブネット マスク . . . . . . . . . .: 255.255.240.0
   デフォルト ゲートウェイ . . . . . . .:

イーサネット アダプター vEthernet (WSL):

   接続固有の DNS サフィックス . . . . .:
   リンクローカル IPv6 アドレス. . . . .: fe80::55a6:d731:cfe8:aee%61
   IPv4 アドレス . . . . . . . . . . . .: 172.18.208.1
   サブネット マスク . . . . . . . . . .: 255.255.240.0
   デフォルト ゲートウェイ . . . . . . .:

C:\>
C:\>ping 172.18.208.1

172.18.208.1 に ping を送信しています 32 バイトのデータ:
172.18.208.1 からの応答: バイト数 =32 時間 <1ms TTL=128
172.18.208.1 からの応答: バイト数 =32 時間 <1ms TTL=128
172.18.208.1 からの応答: バイト数 =32 時間 <1ms TTL=128
172.18.208.1 からの応答: バイト数 =32 時間 <1ms TTL=128

172.18.208.1 の ping 統計:
    パケット数: 送信 = 4、受信 = 4、損失 = 0 (0% の損失)、
ラウンド トリップの概算時間 (ミリ秒):
    最小 = 0ms、最大 = 0ms、平均 = 0ms

C:\>


ネットワークのプロパティを見てみると、 vEthernet(WSL) という仮想アダプタが出てきました。

WSL2 で export DISPLAY=:0 で GUI が動かない: Windows10 2004(20H1)_a0056607_11040511.png

なるほど、奥が深い。






by islandcenter | 2020-06-21 11:40 | Windows | Comments(0)

Windows10 を 2004(20H1) にバージョンアップしたので、WSL2(Windows Subsystem for Linux 2) はどうなった?
という事で WSL2 のファーストインプレッション.....と行きたいのですが、意外と難物でした。





前回のハマリ記事

Windows10 1903 から 2004、ISOでアップデート

ためになった記事

「WSL 2」へのバージョンアップでLinux互換環境はどう変わるのか?

PowerShell で次のコマンドを実行します。

PS C:\> Enable-WindowsOptionalFeature -Online -FeatureName VirtualMachinePlatform

このコマンドは、Windows の"役割" の有効/無効を設定してくれるコマンドですね。

WSL2 does not changes state from Stopped to Running #5406

※ このブログより上の文書が詳しいじゃないか...このコマンドを実行した後、再起動が必要です(敗因)

WSL コマンドでバージョンを確認してみたら、これだけでは不十分な模様です。インストール済の openSUSE Leap 15.1 のバージョンが”1”のままです。

C:\>wsl -l -v
  NAME                  STATE           VERSION
* openSUSE-Leap-15-1    Running         1

C:\>
C:\>wsl --set-version openSUSE-Leap-15-1 2
変換中です。この処理には数分かかることがあります...
WSL 2 を実行するには、カーネル コンポーネントの更新が必要です。
詳細については https://aka.ms/wsl2kernel を参照してください

と言われたので、こちらから wsl カーネル update ツールをダウンロードします。


wsl_update_x64.msi を実行して、ウィザードに従ってカーネルアップデートしました。

Windows10  2004(20H1) で WSL1から WSL2 へのアップデート_a0056607_14140509.png


C:\>wsl -l -v
  NAME                  STATE           VERSION
* openSUSE-Leap-15-1    Running         1

これでもダメです。こちらに

Windows 10 用 Windows Subsystem for Linux のインストール ガイド

"wsl --set-version <distribution name> <versionNumber>
<distribution name> は、お使いのディストリビューションの実際の名前に必ず置き換えてください。<versionNumber> は、数字の "1" または "2" に置き換えてください。 上記と同じコマンドで "2" を "1" に置き換えて実行することにより、いつでも WSL 1 に戻すことができます。
また、WSL 2 を既定のアーキテクチャにする場合は、次のコマンドを使用して実行できます。
PowerShell
wsl --set-default-version 2
これにより、インストールされるすべての新しいディストリビューションのバージョンが WSL 2 に設定されます。"

とあるので、 wsl のバージョンを Version 2 に変換します。

C:\>wsl --set-version openSUSE-Leap-15-1 2
変換中です。この処理には数分かかることがあります...
WSL 2 との主な違いについては、https://aka.ms/wsl2 を参照してください
変換が完了しました。

bssdtarというプロセスがヘビーに実行中で、変換には「数分」ではなく30分くらいかかりました。当然、変換中は WSL は起動できません。

C:\Users\myme >wsl
このディストリビューションのインストール、アンインストール、
または変換が進行中です。

当然、変換中は、 openSUSE Leap のアイコンをキックしても立ち上がらない。
変換が終わっても、wsl が起動できない。

- 切羽詰まって再起動 -

「変換が完了しました」と言うのでバージョンを確認してみます。

C:\Users\myme>wsl -l -v
  NAME                  STATE           VERSION
* openSUSE-Leap-15-1    Stopped         2


ちゃんと Version 2 になっていた。が....

C:\Users\myme>wsl
Linux 用 Windows サブシステム インスタンスが強制終了されました。

<-- 変換直後は起動に失敗

- 落ち着いてから、結局再起動(The Last Resort: Reboot)-

困った事があれば再起動するのが Windows です。再起動しました。

C:\Users\myme>wsl
myme@goblin:/mnt/c/Users/myme > cat /etc/os-release
NAME="openSUSE Leap"
VERSION="15.1 "
ID="opensuse-leap"
ID_LIKE="suse opensuse"
VERSION_ID="15.1"
PRETTY_NAME="openSUSE Leap 15.1"
ANSI_COLOR="0;32"
CPE_NAME="cpe:/o:opensuse:leap:15.1"
BUG_REPORT_URL="https://bugs.opensuse.org"
HOME_URL="https://www.opensuse.org/"
myme@goblin:/mnt/c/Users/myme>

動いた....

 Windows10 の再起動は、精神衛生に良くないんだが..





他に読んでおくべき文書

Windows 10 用 Windows Subsystem for Linux のインストール ガイド

更にオチが続きます。GUIアプリケーションが X Server で動かない....

WSL2 で export DISPLAY=:0 で GUI が動かない: Windows10 2004(20H1)




by islandcenter | 2020-06-20 14:57 | Windows | Comments(0)

Windows10 1903 から 2004 へのアップデート、手動でISOを使っても地獄の二日間

Windows10 Pro 1903 を 2004 (20H1) に ISO を使って手動アップデートしました。何しろ悪名高い Windows Update、できる事ならやりたくない。 macOS でもアップデートは1時間近くかかるし、 iPad の iPad OS でも数十分かかるけれど、まずトラブルがないのに、Windows Update は無駄に時間がかかって失敗することも多いので、できればやりたくないのが本音なのですね。

また、ヘルプデスクにとっては、勝手なタイミングでアップデートされると現場は混乱するし、インターネットの輻輳もひどくなりますから、ISO を一本ダウンロードしておけば、オフラインで回線容量の節約にもなります。(のハズなんだがなぁ)

202x 年 Windows 最期の日
https://islandcnt.exblog.jp/240366025/

今回作業したのはうCore i7 5000 番台のノートPC、今時そろそろ厳しい 8Gb メモリ、珍種となった HDD モデルです。

Windows10 1903 から 2004、ISOでアップデート_a0056607_16382096.png


- ISO イメージのダウンロード -

私は Windows Update Service (WSUS 3) を入れているので、意図しないときにいきなりアップデートが始まることはないのですが。コロナ対策給付金の様に中々アップデートのお知らせが来ません。かといって意図しないときにいきなり始まるのは、妊娠した女性の陣痛みたいに、大イベントが始まってしまうのは困りものです。(ちょっとマタハラ発言かな...)

という事で、心の準備が整って、時間にも余裕があって、まず仕事が入る事のない日を選んでアップデートかける事にしました。 ISO ファイルを使った手動アップデートです。Windows を使う事による Update に掛かるユーザ工数と失われる営業機会損失は莫大であることを経営者は知っておくべきです。

- Windows 10 のダウンロード -

次の URL から、メディア作成ツール(Media Creation Tool) をダウンロードします。この作業は、システム管理者が一人で行えばいいので、工数も回線輻輳も最低限で済みます。


「ツールを今すぐダウンロード」

Windows10 1903 から 2004、ISOでアップデート_a0056607_16391918.png


Windows 10 20H1 (2004) 用の MediaCreationTool2004.exe がダウンロードされます。

このメディア作成ツール(MediaCreationTool2004.exe)を実行します。

マイクロソフト ソフトウェア ライセンス条項 -> 同意

ダウンロードするだけなので、「別のPCのインストールメディアを.....」 をチェックして次へ

Windows10 1903 から 2004、ISOでアップデート_a0056607_16405010.png

このPCにおすすめ....」のチェックを外すと、64ビット、32ビットの両方がダウンロードできます。今時は32ビット版も珍しくなってしまいました。ここでは64ビットを選びます。

もし32ビット版も社内にあるなら、両方ダウンロードしておけば良いでしょう。

Windows10 1903 から 2004、ISOでアップデート_a0056607_16420163.png

「使用するメディア」はISOを選びます。フラッシュメモリを選んでも構いません。予備のメモリがないし、面倒くさいのでISOファイルを選びます。

Windows10 1903 から 2004、ISOでアップデート_a0056607_16424399.png

ダウンロードするファイル名は "Windows.iso" なので、分かりやすい様に "Windows2004x64.iso" など、ファイル名を変更してダウンロードします。

ダウンロードした WindowsXXXX.iso ファイルは、ISO のまま NAS やファイルサーバー、 USB メモリや DVD-ROM などにコピーしておきます。これでネットワークからセットアップしたり、作業メンバーに配布します。

Windows10 1903 から 2004、ISOでアップデート_a0056607_16440636.png

ただひたすら待ちます。借家事情で回線工事ができない、ウチの様な細いプア回線では、まぁ数時間かかるでしょう。

Windows10 1903 から 2004、ISOでアップデート_a0056607_16445136.png

ダウンロードが終わりました。約4時間.....

- ここからは一台一台の作業です。

- アップデートする前に -

  • - アンチウィルスソフトウェアはアンインストールしておく(さらば AVG)
  • - Hyper-V を使っているなら無効にしておく
  • - もう使いそうもないアプリケーションはアンインストールしておく
  • - 他メディアにバックアップコピーがあるファイルは削除しておく
  • - ないと困る重要なファイルはバックアップしておく
  • - Windows Update は一通り行う
  • - 再起動を何度もするので BIOS のブートパスワードはリセット(無効化)しておく
  • - ゴミ箱を空にし、システムのクリーンアップを行っておく

Windows10 1903 から 2004、ISOでアップデート_a0056607_16454128.png

- 手動アップデート始め -

WindowsXXX.iso を右ボタンから、「マウント」

マウンドした ISO イメージの中の setup.exe を起動

Windows10 1903 から 2004、ISOでアップデート_a0056607_16462118.png

「更新プログラムをダウンロードしています....」(またかよ20分...)

「PCをチェックしています......」(10分)

ライセンス条項に「同意」

Windows10 1903 から 2004、ISOでアップデート_a0056607_16470621.png

「更新プログラムをダウンロードしています.....」(一時間待つ...)

準備完了

Windows10 1903 から 2004、ISOでアップデート_a0056607_16474348.png

一応「引き継ぐ項目の確認」して「次へ」

Windows10 1903 から 2004、ISOでアップデート_a0056607_16492848.png

更新プログラムのダウンロード(またかよ、また長くかかりそうだ、一時間...)

Windows10 1903 から 2004、ISOでアップデート_a0056607_16504957.png

「インストール」

Windows10 1903 から 2004、ISOでアップデート_a0056607_16512567.png

インストールしています(3時間、昼寝しようかな、ビールでも飲んじゃおかな....)

Windows10 1903 から 2004、ISOでアップデート_a0056607_16522752.png

この後3回再起動(約1時間)

やっと終わりました。zabbix で squid キャッシュの動きを見ていると ISO ダウンロード以上の時間と帯域使いまくっています。 Windows10 のメジャーアップデートは、モバイル Wifi などの従量課金環境下では5000円位はパケット代かかりそうです。一体 OS のアップデートごときに、ナニをダウンロードしてたんでしょう。これだったら Update するよりクリーンインストールした方がいいんでね? ってことになります。

Windows10 1903 から 2004、ISOでアップデート_a0056607_16554070.png


もうアップデートの最中は、阿鼻叫喚ちゃぶ台はひっくり返るお茶碗は飛ぶは、バァちゃんはすっ転ぶはの大騒ぎがインターネット回線で起こっているのですね。それも数百台単位。

つまり Windows のアップデートは、社内で一斉にやると、業務は一日停止します。それでも Windows 使いますか? って思う。

C:\ > winver でバージョン確認

Windows10 1903 から 2004、ISOでアップデート_a0056607_16590510.png

とりあえず、無事終了です。データも消えなかったし、「元にもどしていまぁーっす...」的な事故も起こらず無事終わりました。丸二日です。
- 次にクソハマった事 -

Windows10 2004(20H1) で WSL1から WSL2 へのアップデート

WSL2 で export DISPLAY=:0 で GUI が動かない: Windows10 2004(20H1)

- まとめ -

iPad OS や macOS OSx の様に数十分で終わるシステムが多いのに、Windows のアップデートは何でこんなにエコじゃないのでしょうか。openSUSE Leap 15 でさえも数十分で終わるし、再起動なら HDD で動いていてもたったの30秒です。

まぁ、HDDモデルで、しかも回線が弱いのは置いといても、プロクシのトラフィックをチェックしてみると ISO ファイルだけで4Gバイト、それと同じだけの量の「何か」をアップデートの最中にトラフィックを使っています。アップデート作業は、業務負荷の少ない時期に、分散させて行うべきです。Microsoft の都合に合わせてはいけません。

おそらく、Windows10 のメジャーアップデートは 8 ~ 10 Gb のダウンロードを要求します。LTE モデルで、自宅に有線接続がない環境では、課金 SIM の月額のパケットを一日で使い果たすでしょう。

ドンキホーテの NANOTE みたいな奴はやらない方がいいでしょう。ってか不可能。Celeron 系の ヨンキュッパ 「なんちゃってノート」も多分辞めた方がいい。多分64Gbストレージだったら、初期化してクリーンインストールすべきでしょうね。

社内に何百台とある Windows PC をメジャーアップデートすると、恐ろしいくらいのトラフィックを要求します。しかも悪い事に、アップデートに必要なファイルは、プロクシキャッシュには引っかからないのです。

怖いのは、意識してアップデートしなければ、何時までも「古い Windows10」 を使い続けている事に気が付かないエンドユーザが多い事でしょうか。「Windows 7 はサポートが終わった」事を知らないエンドユーザはそう多くはないでしょうが、自分が「今使っている Windows10 のサポートはもう終わっている」事を全く知らないエンドユーザは非常に多い。

いくら「Windows10 は最期の Windows」だからと言っても、永久に「今のマイナーバージョン」のサポートが終わってしまえば、使い続けるリスクが高い事に気が付くべきです。

また、この「Windows Update」 と言う「儀式」が、非常に非効率的で、利用者に「二日間使えない」「通信量が爆死」というコストを負担させる、「悪の儀式」を今すぐ改善すべきであると思いますね。何のために ISO ファイルにまとめて配布できないのでしょうか。

openSUSE Leap の高速再起動に慣れてしまうと、「Windows を使う意味がなくなる日」が来れば、恐らく 私は Linux や iPad , Android タブレットなどで全部の仕事をすることになるかも知れません。





by islandcenter | 2020-06-19 16:36 | Windows | Comments(0)

Windows10 タブレットは、もう終わった技術なのです


- インターネット端末の Microsoft のシェアは30%を切っている? -

いうまでもなく Windows はPC分野の80数%のシェアがあり。10数%が Apple 残りが Linux という事は、いろいろなリサーチにある訳ですよ。

じゃぁ、インターネットのサービスを受ける、あらゆるデバイスの何パーセントが Windows なのか。スマートフォン、タブレットを含めれば、恐らく50%もないんじゃないでしょうか。多分スマートフォンが過半数なので、実際の「インターネットにおける Windows のシェア」はPCだけで3割もあればいいほうでしょうね。

PR


- 高価すぎて重すぎ -

Windows10 で最低限欲しいと思うスペックを考えると Core i3m とか i3yと言った Core 3 系のモバイル向けCPU が欲しくなるところです。ディスコンになった Atom 系SoCでは人を馬鹿にしている。正統派 Celeron でやっと使える感じがします。

Windows Update を問題なくこなせて、安定して使うには、最低64Gbのストレージが欲しい。しかし、「Window が動くタブレット」として考えるなら、256Gbのストレージが欲しくなってしまうでしょう。
そう考えると、自動的に12~3万円程度は最低限予算が必要なんですよね。

しかし意外と Core i3 系のCPUは人気がない。というかメーカーもこのクラスより、より高価な Core i5/7 系を売りたがる。こうなると安くても15万円コースですね。

キーボードもマウスもない Windows に15万円も普通払いません。しかし、「Windows デバイスを快適に使う」なら、オプションのキーボードとマウス、あるいはデジタイザペンは必須です。

それなら普通のクラムシェルか 2 in 1 ラップトップを私なら選びます。

2Gbのメインメモリ、32Gbのストレージ、Atom系 SoC では、「一応 Windows が動くタブレット」でしかなく、実際に使い物になるとは思えません。それでもWindowsがとりあえず動く環境にするには5万円前後するわけで、この値段で Android や iPad などの他社製タブレットならすコスコつかえるわけですよ。


- 処理が重すぎ -

大体、 Windows はフットプリントが重すぎて、タブレットには向かないぞ、という事だ。

GIGAスクール構想の実現について

1人1台のPCで教育のICT化を推進――日本マイクロソフトが「GIGAスクールパッケージ」を提供開始

Google、管理などの無駄な時間を減らし4万5千円以下で提供可能な「Google GIGA School Package」を開始

この勝負、どうみても Google に分があるんだが、どんなものでしょう。GIGA スクールパッケージに Windows は勝ち目がない。3万円の Android や Chrome タブレットを子供の Youtube 端末として使わせている親が、わざわざその倍の値段もして、華奢で壊れやすく安っぽい筐体の7万円の Windows タブレットを買うわけにはいかない。

私が、中高で「情報C(情報社会)」を教える立場だったら、間違えなく Windows10 タブレットは「アウトオブ眼中」です。Chrome Book で安く済ませて、余った予算を別に使う事を考えるでしょう。




マイクロソフト Surface Pro 6
[サーフェス プロ 6 ノートパソコン]
Office Home and Business 2019 
 Windows 10 Home





iPad mini Wi-Fi 64GB
 (最新モデル)





HUAWEI MediaPad M5 lite 8
 タブレット 8.0インチ
 Wi-Fiモデル




- 最悪の Windows Update -

スリープ解除して、通信が開始されるといきなり始まる Windows アップデート、いざ使おうとすると半日は使えないモバイルデバイス。それが Windows10 タブレットの宿命。

毎月のアップデートだけで、格安SIM二月分のパケット料金と貴重な時間を使いたくない

そんなものに普通15マン近い大金払いませんって。よっぽど Apple の iPad がひどくてもこんなにひどくはない。それにもっとシンプルで堅牢なハードウェアだし、軽くて高性能、高機能なのです。4万円も出せば普通に使えるし、128Gb程度のストレージがあれば、スチルカメラやビデオカメラ並みに使える。

それに iOS や Android, Chrome タブレットは機能を絞っただけシンプルで長時間のモバイル運用ができる。

- Windows だから求められるデスクトップアプリという呪縛 -

街を歩いていて、ちょっと調べ事をしたいと思えば、スマートフォンより小型のタブレットは実にいい選択なのです。

だけどそれが Windows タブレットとなれば、たとえタブレットと言えども、そこに "Windows らしさ" を求めるユーザ需要があるのですね。たとえタブレットであろうとも Microsoft Office が使えないと嫌だという、ユーザの奇妙なわがままを満たす必要があります。 Office アプリが必要であれば、当然マウスとキーボードもいるよね。

「いざという時 MS Office が使える」という事は、その「いざと言う時」のために普段使わないキーボードもカバンに入れておく必要があるわけです。そして充電用のアダプタとケーブル。

もう、 Windows10 なんて、一般家庭では「年賀状の印刷に年に一度使う」ためにある、というのが実態じゃないでしょうか。

- 銀行取引、金融機関では蚊帳の外 Windows 10は信頼されていない -

最近の銀行取引では、大体 iOS か Android のタブレットで最適化されたアプリケーションが頒布されていまして、もし Windows タブレットで、銀行振り込みしようと思ったら、別に iOS か Android が必要と言う矛盾、無駄。そもそも、銀行振り込み用のアプリがない、どころかワンタイムパスワードアプリもない。携帯電話必須という不自然さ。

ちなみに、 Windows ストアから片っ端に、大手都市銀行の名前を入れて調べると良い。一体、どこの預金者が、Windows OS を信頼しているんだろうってくらいに、ストアアプリは、銀行から嫌われています。頼むから Windows 端末から、預貯金の操作してくれるな、という位の総スカン状態なのですね。

Windows PCのブラウザ経由で決算してくれるなって位の嫌われようなのです。専用の exe アプリケーションすら配布されない。 Windows は金融機関から唾棄され嫌われているのです。

- モバイルOSから撤退した Microsoft -

ご存知の通り、 Windows Mobile はディスコンになり、既にサポートも終わっているわけで、 Microsoft としては、「マイクロソフト部屋に最後に残った幕内力士:Windows10」 をモバイルデバイスの切り札に残しているわけです。徳俵にかろうじて親指が残った崖っぷち張り出し大関、小錦みたいな状態。とてもじゃないけど、こんな危なっかしいOSを、フットプリントの小さな x86 環境にインストールして使う事自体、燃えないゴミにお金を投資するようなもの。

Windows10 タブレットは、もはや大相撲の中日に全廃している張り出し大関のようなものです。とてもじゃないけど、私は「Windows10 タブレット」には、「引退という引導」を渡すべきだとおもいます。



- Intel はブランドを整理すべきだ -

これほど、顧客が混乱しているのは Intel のブランド戦略が破綻しているからなのですね。もっとブランドを整理すべきです。「Celeron に名前を変えた Atom」 があったり、ほとんど使われない Pentium があったり、低スペック、低電圧版の Core i3/i3m/i3y なんてモデルがあるのはいかがかと思います。

その未整理な Intel のブランディング戦略にただ乗りしている、タブレットベンダーも責任を取るべきでしょう。

「2コア4スレッド搭載タブレット」とか言っても、中途半端な Atom 系 Celeron だったりするわけで、ほとんど消費者騙しです。2コア4スレッド搭載「パーソナルコンピュータ」であれば、最低でも Core i3 程度を想像するのですが、よーく仕様を見ると Celeron でしかも Atom 系コアだったりします。

Nxxxxx Celeron というNで始まる Celeron は、バチモノ系だそうです。

つまり、もう生産中止になって在庫がごっちょりある Atom 系 CPU の悪く言えば生産余剰した、リマーク品なのですね。 これを消費者に 「Atom とは別物」と言う、リ・ブランドして売りさばくのが Intel の今のやり方なのです。Celerorn 選ぶくらいなら AMD の Ryzen 系、モバイル SoC 選んだ方がよっぽどウソがない気がします。


- 使えない Windows タブレットの使い道 -

それでも Windows10 タブレットのニーズは根強くあるでしょう。それは「組み込み用途」です。こないだガス屋の端末見たら、Windows タブレットでした。 Windows 7 だったけど。

しかし、企業でこういった外勤者に何百台と使わせるとなると、コスト、持ち運びの容易さ、堅牢性、電池の持ち、アプリケーション開発の容易さなどを考慮すると、別に、保険のオバちゃんが Windows タブレットを使わなければならない必然性はありません。ブラウザ経由のアプリケーションであれば、別に何でもいいんです。

- まとめ -

ということで、Windows10 タブレットの将来性のなさ、致命的な欠点、わざわざ選ぶ理由がない事などをズラズラとまとめてみました。

それでも Windows10 タブレット買いますか? それとも Android や Chrome, あるいはPC化する iOS 搭載 iPad ? もうタブレット戦争では、ほとんど Windows 10タブは「アウトオブ眼中」、タブレットOSシェアのパイチャートでは「その他」に分類されるようになるでしょう。







by islandcenter | 2020-04-08 14:58 | Windows | Comments(0)


Windows10 のごみ箱を自動的に空にする方法です。


「田」アイコンから「歯車」(設定)を開きます。

システムストレージ、から「ストレージセンサー」をONにします。

Windows10「ゴミ箱を空に」を自動化してドライブの空き容量を確保_a0056607_15471346.png




「空き領域を自動的に増やす方法を変更する」のリンクを開き

Windows10「ゴミ箱を空に」を自動化してドライブの空き容量を確保_a0056607_15474339.png

「ストレージセンサーを実行する」 > 「毎日」、「毎週」、「毎月」のどれかに設定し、その他のオプションを適宜に設定します。




by islandcenter | 2019-10-23 15:55 | Windows | Comments(0)

パーティションマネージャー MiniTool Partition Wizard を使って、C:システムドライブを強引に拡張しましょう。

通常なら1ドライブを1パーティションで運用することが多いのでしょうが、大事なデータは常にバックアップを取っておきたいものです。ただし、C:ドライブ丸ごとバックアップは意味がありません。

私は、新品のPCはまずパーティション分割して、D:ドライブにドキュメントやピクチャを保存して、D:ドライブは定期的に NAS や、外付けディスクに Robocopy バックアップを取っています。

Windows7から10へ移行、C:ドライブの拡張には MiniTool  Partition Wizard は便利_a0056607_20522658.jpg

Windows7 からWindows10 にアップデートしたらまずするべき事

- Windows7 から10へ移行したら起こる問題点 -

    • C ドライブの容量不足はなぜ起こるの?
    • C ドライブ圧迫で、全体の動作が遅い
    • C ドライブ空き容量がたりず Windows update できない。
    • C ドライブと Windows7 から Windows10 アップデートに必要な容量が足りない。
    • C ドライブの容量確保。
    • C ドライブ圧迫の原因を調べたい。
    • 容量の大きなディスクに換装したい。
    • できればバックアップとリストアはしたくない

大抵は、初期の Windows10 はC: ドライブは60~100Gbもあれば良かったのですが、その後、年に二度ほどの「謎のアップデート」という改悪アップデートは必要になるし、ストア系のアプリケーションはC:ドライブに保存されます。

という事で、システムドライブは肥大化する一方なんですね。 特に Windows7 でダウングレード利用している場合ならC:は40Gbもあれば良かったのに Windows10 はそうも言ってられないくらい100Gbは C:ドライブの容量は確保しておきたい。

特に Windows7/8系から、強制的に無償アップデートしてしまった人にとってはC:ドライブの容量確保、C:ドライブの拡張は、必須の問題です。

Windows10 手動で ISOファイル から Fall Creators Update にアップデートする


しかも、C:ドライブの後ろにD:ドライブを作ってしまうと、回復パーティションがあったりして、C:ドライブの拡張ができなかったりします。Windows 標準の「ディスク管理」の機能では、スライドバーの右側に空きがないと、C:の拡張はグレーアウトしてできません。不可能なのです。標準のハードディスク管理機能ではできません。

メーカーのサポートページをさがしてみても、後ろのパーティションのバックアップと削除、パーティションの再作成、そしてデータのリストアと言う手順が紹介されています。

Cドライブのサイズを変更(拡張/縮小)する方法

Microsoft Windows 7 - パーティション (ドライブ) を拡張する方法

え”ぇ~...面倒くさい.....

Windowsの標準機能ではグレーアウトしてC:ドライブの拡張ができない!
Windows7から10へ移行、C:ドライブの拡張には MiniTool  Partition Wizard は便利_a0056607_20525951.jpg

何とかインチキしてC:ドライブはふやせんのか!


という事で、このような困ったモンダイを強引に解決するための便利ツールが MiniTool Partition Wizard です。面白そうだったのでフリーウェア版を使って急遽環境を作って試して見ました。

例えば、今使っているPCが、社内標準化のためパワフルなPCで、旧 Windows7/8 系でダウングレード権行使したものなんだけど、まだ比較的新しくパワフルなモデルなので、買い替えたくない。Windows OSだけアップグレードしたい、なんて時の、事前準備にも便利です。Windows7/8 系から Windows10 へサービスで無償アップデートした人にも便利なツールです。

一応 Windows10 で動く事は謳われていますが、 Windows10 自体のバージョンバラエティ(?)が滅茶苦茶なので、常に最新版をチェックして入手してください。

MiniTool Partition Wizard とは?

MiniTool Partition Wizard 無料版 11

- MiniTool Partition Wizard のフリー版と有償版の違い -

詳細は、こちらハードディスク管理機能をご覧ください。

MiniTool Partition Wizard エディション比較
https://www.partitionwizard.jp/comparison.html

フリー版でできない事を簡単にまとめると

- 削除したファイルやパーティションの復活は制限されている(パーティションの復元
- MBR --> GPT 変換と言った機能が制限されている (MBRディスクをGPTに変換)
- NTFS --> FAT 変換といった機能が制限されている
- Windows RE のブータブルメディアが作れない <---- これ何気に大事。

と言ったところです。この記事で紹介している機能は全て無償版でできる事です。



- ダウンロードとインストール -

ダウンロードはこちらから

MiniTool Partition Wizardのダウンロードセンター




ダウンロードしたら、ダウンロードファイルを実行してウィザードに従ってインストールします。

※ 重要 - インストールする時に、この手のフリー版におなじみの「オマケ」がインストールされるので、不要なら(普通は不要でしょう)チェックを外します。

Windows7から10へ移行、C:ドライブの拡張には MiniTool  Partition Wizard は便利_a0056607_20534473.jpg

あとはダウンロードしたファイルを開いてインストールするだけです。

※ なお、実変換作業をする場合は時間がかかるため、ノートブックの場合は電源をつないでおきましょう。雷が鳴ったり、いかにもブレーカーが落ちそうな真夏の午後の冷房利かせた室内での焼肉パーティの最中も、避けた方がいいでしょうね。



起動してみました。機能がいっぱいありそうですがどれも同じです。このメニューを出さないよう、左下のチェックを外しておくといいでしょう。とりあえず「アプリケーションを実行」

Windows7から10へ移行、C:ドライブの拡張には MiniTool  Partition Wizard は便利_a0056607_20541955.jpg

- パーティションをリサイズして、移動する -

※ バックアップとリストアは必要ないのですが、やっぱりバックアップは重要です。お約束ですからね。

まずは、D:ドライブの空きがあるので、D:をポイント、右クリックで「移動/サイズ変更」でリサイズして縮小します。この時、サイズを縮小したら、スライダを右にギュッと押して「パーティションの前(左側)」に空き領域「未割当の領域」を作ります。

Windows7から10へ移行、C:ドライブの拡張には MiniTool  Partition Wizard は便利_a0056607_20544544.jpg
あおっ




次に、C:の後ろにあった「回復パーティション」も後ろに「未割当」の空きができたので、これも後ろにギュッとスライドさせて動かします。

Windows7から10へ移行、C:ドライブの拡張には MiniTool  Partition Wizard は便利_a0056607_20563912.jpg
おお!




これでC:ドライブの後ろ(右側)に空きができるので、C:ドライブが拡張できるんですね。まさに Wizardry Magic です。

Windows7から10へ移行、C:ドライブの拡張には MiniTool  Partition Wizard は便利_a0056607_20573232.jpg
ぁうおぅっ!



最後に「適用」ボタンを押すと、パーティションの変更、データの移行、設定の保存が行われます。

Windows7から10へ移行、C:ドライブの拡張には MiniTool  Partition Wizard は便利_a0056607_20580287.jpg

ここで、止めておきたい(何しろ時間がかかるし、データのバックアップも取っていなかったとか、ノートブックの電源ケーブルが見つからないとか、外で雷なっているとか、ブレーカーが落ちそうな焼肉パーティが始まってしまったとか)の場合、「破棄」して初めからやり直すことができます。

また「取り消す」から1ステップ戻ることができます。

「適用」ボタンを押すまでは、システムの変更は実施されません。

Windows7から10へ移行、C:ドライブの拡張には MiniTool  Partition Wizard は便利_a0056607_20583376.jpg

ディスクパフォーマンスの最大化

勿論、変更が大きかったり、パーティションサイズが大きいと、処理時間がかかるようです。

事前に不要だったり大事なファイルの整理とかバックアップして移動しておくと良いでしょう。万が一トラブルがあった時の被害が少なくなります。

Windows7から10へ移行、C:ドライブの拡張には MiniTool  Partition Wizard は便利_a0056607_20590619.jpg

これで、D:ドライブが縮小されC:ドライブの容量が増えました。

一連の操作を簡単に動画にしました。(音出ます、1分50秒ほど)


はい、実に簡単に C:ドライブが拡張されています。別にインチキしたわけではありません。

Windows7から10へ移行、C:ドライブの拡張には MiniTool  Partition Wizard は便利_a0056607_21002517.jpg

この間、システムの再起動は要求されませんでしたが....

もっとも、重要なデータのバックアップであるとか、ディスクを整理して、古いデータや使わないデータ、重要なデータは NAS などに移動しておくとか、事前に行うべきです。コンバートの時間も節約できます。

変換中はPCの余計な操作は出来ますが、行わない方が無難です。

Windows7から10へ移行、C:ドライブの拡張には MiniTool  Partition Wizard は便利_a0056607_21012209.jpg

- ディスクのコピー -

例えば HDD でブートしていたPCを SSD に換装したい時には便利な機能です。再インストールだとか、データのコピーとか、メールの設定もそのまま引き継いで、コンピュータのシステムドライブを移行できます。

Windows7から10へ移行、C:ドライブの拡張には MiniTool  Partition Wizard は便利_a0056607_21021441.jpg

微妙にコピー先ディスクサイズが小さかったので、「1.パーティションをディスクサイズに合わせる」を選びました。

Windows7から10へ移行、C:ドライブの拡張には MiniTool  Partition Wizard は便利_a0056607_21051751.jpg

微妙なサイズの違いは勝手にリサイズしてくれました。


システムドライブがコピー対象なので、一旦リブート、Windowsがコールド状態でデータコピーが行われます。当然サイズが大きいと時間がかかります。

40Gbのディスクのコピーに一時間くらいかかりました。結構時間はかかります。移行のため、もし外付けのケースに SATA SSD を使うなら、 USB 3.0 以上がお勧めです。

Windows7から10へ移行、C:ドライブの拡張には MiniTool  Partition Wizard は便利_a0056607_21054664.jpg

これだけの事をやろうとすると、Linux の Live USB ブートで、 dd したくなりますが Windows で完結しているところは素晴らしい。
コピーが終わったら、ディスクを付け替えたり、 BIOS の起動設定を変更すれば良いでしょう。



- こんな時便利 -

  • C:ドライブ 拡張できない
  • C: ドライブをSSDに換装したい
  • 入れ替えた古い Windows7 PC のデータ抹消
  • システムディスク C:ドライブの拡張
  • C:ドライブのバックアップ

- 他にもある便利機能 -

ディスクのディレクトリごとの占有量を確認できます。この機能は Windows にない、チョットした機能なのでこの機能は地味に便利です。余計なシステムドライブのディスク容量大食いの「どこが原因なのか」が確認できる。

意味不明に占有している、ユーザホームディレクトリの ../local/..などにある 、画像変換なんかで使った、消しても構わないテンポラリファイルやブラウザキャッシュがすぐわかる。

Windows7から10へ移行、C:ドライブの拡張には MiniTool  Partition Wizard は便利_a0056607_21180584.jpg

また、ディスクのベンチマークツールも付いています。

Windows7から10へ移行、C:ドライブの拡張には MiniTool  Partition Wizard は便利_a0056607_13075576.png


パーテションのパージ(抹消)

ディスクを交換した後の古いディスクのパージ機能があります。「適用」ボタンで抹消処理が始まります。

Windows7 からの移行で、HDDやPC自体の破棄の前にやっておきたいことですね。フリー版で使えます。

Windows7から10へ移行、C:ドライブの拡張には MiniTool  Partition Wizard は便利_a0056607_21193155.jpg


- まとめ -

今回は無償のフリー版を使ったのですが、フリー版でもかなりの事が出来ました。社内のIT部門のヘルプデスク向けにはエンタープライズ版もあります。

ヘルプデスクのパーティションニングソフトとして一つ持っていても損はないでしょう。サーバー版もあるので、 Windows サーバーを使うIT部門のシステム管理者なら、MiniTool Partition Wizard は一本もっていてもいいな、と思わせられる製品です。特にファイルサーバーの様に常に空き容量にセンシチブなサーバーの運用にはよいソフトウェアです。

MiniTool Partition Wizard サーバー版 11

私は本職が Linux 屋なので、これだけの事がフリーの無償版でできるのであれば、ディスクの丸ごと hyper-V や RAW フォーマット形式での SSH イメージバックアップだとか、S.M.A.R.T 情報の確認ができるとか、セクタのデフラグ機能が欲しいとか、もし有償版にあれば欲しい機能はいっぱいあります。

Pro 版だけでえはなく、エンタープライズ版も一つ持っていたい。


無理ばかり言いそうなので、これで終わりにします。

クラウド時代 Windows Update チューニングで回線帯域を確保

ユーザアカウント名は8文字以内にすべきか?ユーザの命名規則






by islandcenter | 2019-09-03 21:33 | Windows | Comments(0)

EaseUS Todo Backup Home 11.5は Robocopy より使えるか

私にバックアップポリシーは、「増分、更新分を Robocopy でバッチ処理でコピーする」で、「同期はしない」です。つまり誤削除や誤った上書きが怖いわけです。

また、二か所以上、二世代のバックアップ。オフラインメディアにもバックアップを取る。これが重要だと思います。ネットワークの共有領域にコピーを置いておくと、致命的な操作でバックアップも失われる危険があります。ただでさえ、惨事の最中は皆んなテンパっているものです。

という事で、一般に出回っている、コンピュータのバックアップソフトウェアはどうなのかな、と試してみました。


ただ、「Robocopy って便利だよ」って、伝えられない、一般的なPCユーザーもいるんですね。

- インストール -

EaseUS Todo Backup Home 11.5

無料ダウンロードを選択

EaseUS Todo Backup Home 11.5は Robocopy より使えるか_a0056607_13400849.png

落としたら、ファイルを開いてウィザードに従いインストールします。

インストールの際にバックアップターゲットの指定。ここではローカルディスクしか選択できません。samba にバックアップしたいんだが....

EaseUS Todo Backup Home 11.5は Robocopy より使えるか_a0056607_13404977.png

外付けHDDが必要です


強引に samba サーバーのパスを設定しました。

EaseUS Todo Backup Home 11.5は Robocopy より使えるか_a0056607_13414879.png



- バックアップ -

テストとして、バックアップソースは Thunderbird のプロファイル(3G弱)を指定してバックアップします。細かなファイルが多く、Robocopy では時間がかかる部分です。

EaseUS Todo Backup Home 11.5は Robocopy より使えるか_a0056607_13422121.png


起動します。

EaseUS Todo Backup Home 30日間の試用です。一応、30日間は全機能が使えるという事でしょうか。

EaseUS Todo Backup Home 11.5は Robocopy より使えるか_a0056607_13425180.png


EaseUS Todo Backup Home の左上の三本線からメニューを立ち上げます。

EaseUS Todo Backup Home 11.5は Robocopy より使えるか_a0056607_13431822.png



「ファイルバックアップ」を選び、Thunderbird のプロファイルディレクトリを選びます。

EaseUS Todo Backup Home 11.5は Robocopy より使えるか_a0056607_13434410.png

EaseUS Todo Backup Homeは、デフォルトで、圧縮:標準、分割:自動です。分割を選ぶと、CD-Rや DVD-Rのサイズを選べます。バックアップ先がFATフォーマットの場合4Gbで分割されます。

EaseUS Todo Backup Home 11.5は Robocopy より使えるか_a0056607_13441516.png

EaseUS Todo Backup Home のバックアップを開始してみました。

EaseUS Todo Backup Home 11.5は Robocopy より使えるか_a0056607_13444949.png

細かなファイルが多いので、あまりパフォーマンスは出ません。 20Mb/Sec 程度です。

EaseUS Todo Backup Home 11.5は Robocopy より使えるか_a0056607_13452278.png

受け側の Samba サーバーのトラフィックを zabbix で見てみました。やはりファイルが小さいと遅いですね。

EaseUS Todo Backup Home 11.5は Robocopy より使えるか_a0056607_13455310.png



試しに、ISOなど、大きなファイルが多いフォルダを「圧縮なし」でバックアップしてみました。ほぼディスクの性能いっぱい。かなり高速です。バックアップは、ファイルのトータル量ではなく、サイズに左右されるのは仕方ありませんね。

EaseUS Todo Backup Home 11.5は Robocopy より使えるか_a0056607_13462965.png


バックアップが終わりました。

EaseUS Todo Backup Home 11.5は Robocopy より使えるか_a0056607_13470708.png


EaseUS Todo Backup Home では約14分20秒かかりました。2.9Gbの Thunderbird のプロファイルが 2.2G 程度に圧縮されました。速度は Robocopy より、地味に速そうです。

EaseUS Todo Backup Home 11.5は Robocopy より使えるか_a0056607_13473446.png
ちなみに圧縮を「最高」にすると1.2Gほどに減りました。ただしCPUの負荷は大きい。



- リストア -

EaseUS Todo Backup Home のリストアのメニューです。バックアップジョブの中から「復元」を選びます。

EaseUS Todo Backup Home 11.5は Robocopy より使えるか_a0056607_13502674.png


エクスプローラから、保存先の *.pbd ファイルを開いて、そこから「単品リストア」もできるようです。

また、pdb ファイルから、ドラッグ、ドロップでファイル単品を「コピー&ペースト」できます。これは地味に便利です。

EaseUS Todo Backup Home 11.5は Robocopy より使えるか_a0056607_13505771.png



EaseUS Todo Backup Home のバックアップは時間指定と、フル、差分、増分バックアップを指定できます。
(常駐させないとダメなのかな、それともタスクスケジューラに登録されるのか)ただでさえ重いと悪評の Windows10 が重くなるなら、考え物です。

完全/増分/差分バックアップの違いと設定方法


EaseUS Todo Backup Home 11.5は Robocopy より使えるか_a0056607_13514697.png



EaseUS Todo Backup Home でNASへのバックアップもできます。



EaseUS Todo Backup Home 11.5は Robocopy より使えるか_a0056607_13523553.png


- EaseUS Todo Backup Home のイマイチな惜しいポイント -

- バックアップジョブの管理が面倒。
- File to File ではなく、File to Image なので、リストアの確実性に怖さがある。(アーカイブには向かない)
- オンラインヘルプしかない。しかも詳しくない。地味に使い方が分かりにくい。
- バックアップの管理とリストアの機能が弱い。
- 二世代バックアップ、別メディアへのバックアップをするにはかなり難しそう。
- 地味にネットワーク経由のバックアップがし辛い。出来るけど中途半端なつくり。
- システムがアイドリングしている間に、アンアテンドバックアップできない。
- バックアップやリストアの確認ダイアログがないのでイキなり始まる。リストアも確認なし。ちょっと怖い。

バックアップソフトウェアの需要な点は

- オペレータが意識しなくても自動化できる
- 常に重要なバックアップセットを最低二世代以上保存できる
- オフラインメディアが利用できる
- リストアを確実にできる事

といった点ですが、やっぱりバックアップソフトウェアの「一番難しいトコロ」が簡単すぎて逆に分かりづらいところは、残念です。ITエンジニアが一番やりたくない。あるいは惨事復旧してみて、一番メンタルにトラウマを発生させた作業が、リストア作業なんですね。

こういったクリティカルなソフトウェアは、開発者が自ら「ドッグフード」を食べているのか? という点が評価ポイントです。

もっと「バックアップとリストア」に特化してくれると嬉しい。でも、初心者には「わかりやすい」ところも大事なので、その点は、まぁいい線行っていると思います。


- この他の機能(重要) -

- システムバックアップ(戻せるかは運次第でしょう)
- ディスク、パーティションバックアップ(現実的な選択)
- メールバックアップ(Outlook な人向け)
- ディスクのクローン(ディスクの換装とセットで使えそう)
- データシュレッド(ディスク破棄前にやっておきたい)
- WindowsPE ディスクの作成(地味に重要)
- iSCSI (地味に嬉しいが、これなぁに、と言う人には全く意味がない)


- 結論 -

評価版から入って 3,980円 は安いと思います。ただ、 Robocopy 運用出来ている私の立場からすると、価格相応でバックアップの機能だけならいらないかな、と言う感じです。少なくとも、今のデータ保護ポリシーで満足しているなら必要はありません。

でもその他の機能が豊富なので、その点はいいですね。エンタープライズの IT部門のベテランには帯に短したすきに長しという感じです。Home 向けですからITプロならもっとお金を出して別を探せという事です。

素人さんには手軽でいいと思いますが、バックアップソフトウェアはリストアが命。リストアは惨事復旧の要です。時間かけてリストアして、更にややこしい問題が出ては本末転倒です。この辺が機能的にもヘルプもナレッジベースもないので弱い。

素人さんでもリストアが容易かどうかが判断の基準でしょう。

システムのバックアップは取っておいても、どうせリストアしても、まともにシステムが動くとは思えないので、ディスク丸ごとクローニングした方が無難かもしれません。この機能は重要でしょう。ここはポイントが高い。バックアップ用ソフトウェアや手段は、沢山あるので、余分な機能で差別化が必要なのですね。

機能としては、必要十分ですが、イメージファイル一品ではなく、ディレクトリ丸ごとの形式で、ファイルとして別々に「バックアップコピー」してくれるモードが欲しいですね。あるいは ZIP 形式や rar などの一般ファイル形式にしてほしい。ある意味、バックアップとリストアに特化した方が分かりやすいかもしれません。

データのバックアップは、単に、ローカルディスクのファイルをバックアップするだけではなく、「アーカイブして移動」する機能が欲しいわけです。特にノートPCの 256Gb のSSDでは、容量が圧倒的に少ない。ローカルファイルを、構内ネットワークの「どこかに」別々なメディアにオフラインで保管することは重要です。この機能がない。

バックアップの世代管理や、リストアの「判りやすさ」(簡単さとは違う)は重要です。独自形式のフォーマットではなく、Windows なら VHD や ZIP 形式など、汎用性の高いアーカイブ方式であれば、リストアの安心感がありそうな気がします。

企業レベルで使うなら、一つの運用ポリシーで、エンタープライズ版をお勧めします。PCが30台以上あれば、これで10万円チョットは安いでしょう。







by islandcenter | 2019-08-16 15:03 | Windows | Comments(0)

Windows10は「最後のWindows」だと言われています。最後だというからには「次の Windows」 はあり得ない。ま継続して Windows10 なのでしょうが、「Windows10が終わる日」すなわち、「Windowsそのものがなくなる日」という妄想があってもいいと思います。

今「Windows は右肩下がり」なのです。

- Windows の最大の失敗はコンパイラの欠如 -

Windows の最大の失敗した戦略は「コンパイラがない」事だと思います。だから Intel x86_64 でなければ動かない、フリーウェアや便利なツール類が、他のアキテクチャに移植されなかったことでしょう。結局 x86 版のバイナリしか配布できなかった。

オープンソースのソフトウェアも随分 Windows に移植されたけれど、コンパイラがないため、インテルアキテクチャのソフトウェアだけがバイナリ配布されてきました。

Windows RT の失敗も、Alpha版だとか IA64 Itanium の失敗も、コンパイラがないために、ソース配布ができなかったためじゃないのかな。もし、コンパイラが付いていたなら、軽量な ARM 版 Windows Server が出てきてもおかしくなかったかもしれない。

ちょっと便利なフリーウェアだって、個人で開発するのではなく、様々な開発者がプロジェクトに参加して、ユーザもアキテクチャを意識せずに開発できます。

そもそも Intel x86_64 CPU は汎用性が高すぎるため、効率が悪く、消費電源も大き過ぎるのですね。

PR


- Windows のその次は Windows ではなくなる -

Windows のその次は、今の Windows のカーネルとは全く異なるものになるだろう。と勝手に妄想しています。

例えば BSD 系の NeXTSTEP から mac OSX が生まれ、今の mac OS になったように、どこかのOSアキテクチャをベースにより、汎用性が高く移植性に優れたカーネルで動く、次世代 MS-OS になるのも面白いでしょう。尤も Windows NT が dec のVAX/ VMS から生まれたのはよく知られています。

どこかの売れないが高い技術を持つ企業を買収するのは Microsoft のお家芸だから、小粒でも伸びている OS ベンダーを買ったとしたら要注意です。

ファイルシステムも、25年以上前に開発されて、ロクな改良が行われなかった古臭い NTFS ではなく、セクタ管理もオープンな技術を取り入れれば、改善されて軽く動くはずです。

恐らく表面的なUIは Windows に似た仮面を被っているでしょう。当然カーネルが違うから、従来のバイナリとの互換性のためのエミュレーション機能は持っていていい。ただし直接カーネルやファイルシステムを操作するような一部のアプリケーションは動作はしないでしょう。

マイクロソフトが得意な「コンテナ化、サンドボックス化」により、多くのアプリケーションは動作するかもしれないですけどね。

- Windows が終わる時 -

Windows10 は「最後の Windows」です。決して「永遠に続く Windows」って訳じゃありません。Windowsが終わる時、それは今のところ分からないし、それまで私が生きているかどうかも分かりません。ひょっとしたら、もう IT とは無縁な仙人のような暮らしをしているかもしれないのです。

だからと言って Linux がデスクトップに置き換わるとは考えにくい。PCが「パーソナルコンピューター」と呼ばれるように、原点に帰ってもっと趣味的なマーケットに身を寄せるかも知れない。

あるいは、「Windowsが終わる時」その時は 「Microsoft が終わる時」かもしれません。企業としての Microsoft は続いても、コンシューマー向けデバイスとしての Windows は終わってしまい、Microsoft のビジネスの主眼がクラウドサービスとなって、コンシューマ用 PC 向けデスクトップOSを手放す日があってもおかしくない。

何しろ携帯、タブレットなどの情報消費用のシステムにことごとく失敗してきた Microsoft なのです。情報消費者向に特化した OSに、二度目、三度目のチャレンジがあっても失敗するでしょう。

残るは情報生産向けのシステムだけです。

それほどに、情報消費ツールは2000年代初頭とは環境が違ってきているのですね。



タグ:
by islandcenter | 2019-07-07 14:15 | Windows | Comments(0)

Windows10 では、どうしても隠しておきたいレガシーなものがあります。その一つが「コントロールパネル」。よほどマイクロソフトとしては、この懐かしい機能を使わせたくないのでしょう。簡単に見つけ出して使う事ができない様になっています。




そこで

「Windows10でコントロールパネルを使う!」
「Windows10のコントロールパネルの見つけ方?」
「Windows10 のコントロールパネルはどこへ消えた?」
「Windows10 のコントロールパネルを開く方法」

を説明します。

同じ Windows10 でも、それぞれのメジャーアップで異なる挙動を魅せるので、参考までにしてください。

この記事は書き換える可能性があります。



QNAP TS-231P 1.7GHz CPU
1GBメモリ 2ベイ NAS

- コントロールパネルをデスクトップに表示 -

「田」アイコンの中にある「歯車」アイコンを開きます。

隠れていないでコントロールパネルは出頭しなさい!_a0056607_15430435.png

「設定」が出てくるので「個人用設定」を開きます。


隠れていないでコントロールパネルは出頭しなさい!_a0056607_15434264.png
「個人用設定」から「テーマ」を選びます。

隠れていないでコントロールパネルは出頭しなさい!_a0056607_15442330.png

「テーマ」の下の下の方の、どうしても見つけづらいところに「デスクトップアイコン」という「実はオラ恥ずかしいから見つけてほしくないンだ」とような設定項目があります。これを開くと


隠れていないでコントロールパネルは出頭しなさい!_a0056607_15445633.png

「テーマ」の下の下の方の、どうしても見つけづらいところに「デスクトップアイコン」という「実はオラ恥ずかしいから見つけてほしくないンだ」とような設定項目があります。これをチェックすると

隠れていないでコントロールパネルは出頭しなさい!_a0056607_15470708.png

これでデスクトップから、コントロールパネルが開けます。


- 検索からコントロールパネルを見つける -

「田」アイコンの横の「虫眼鏡」アイコンを開き「こんと...」を検索すると、「コントロールパネル」のアイコンが出てきます。

隠れていないでコントロールパネルは出頭しなさい!_a0056607_15514565.png

よく使うので、タスクバーにピン止めしておきましょう。

隠れていないでコントロールパネルは出頭しなさい!_a0056607_15473001.png

Windows7から10へ移行、パーティション分割、C:ドライブの拡張、 MiniTool Partition Manager は超便利





isLandcenter.jp





by islandcenter | 2019-07-04 15:53 | Windows | Comments(0)

終った技術: Windows 10 S mode

Windows 10 にある不思議なバージョン、Sモード。この技術はもう終わっている。

なんでも、「セキュリティとパフォーマンス」のために Microsoft Store のアプリケーションと Edge + Bing 検索しか使えないモードなんだそうですが、今では

「お前、そんなところで何してるんだ?」

と言う微妙な立ち位置にいるのが Windows S mode なのですね。

そもそも、教育機関向け、企業のタブレット向けに販売を開始したものなのだそうですが、天気予報とゲーム位しか魅力的なアプリしかない、Microsoft Store から、いったい何をダウンロードして使えと言うのでしょう。

大手都市銀行の銀行の振込用アプリさえない。何しろ iOS ならウチの近所の農協の口座だって振込できる時代なのにです。
しかも、S mode から Pro や Home エディションには簡単に切り替えられるという。逆は非なりだそう。



PR




- ことごとく失敗してきたモバイル戦略 -

Windows RT そういやありましたねぇ」と完全に過去完了形。「Windows 10 Mobile ってなくなるんだって?」と現在進行中の既に過去表現。そう、Microsoft のモバイル、あるいはタブレット用システムは、過去に何度も失敗しています。買って後悔した人も多いでしょう。大体ライバルに対してSKUが大きすぎる。重くて電池が持たないのです。ライバルのスマートフォン、タブレットOSが軽いシステムから、重量化したのと違い、もともとの重戦車から、主砲を取り除いたような、意味のない軽量化でフットプリントばかりでかくて、誤魔化した作りなのです。

Windows 10 Mobileのサポート終了、移行先についての身も蓋もないアナウンスが話題に

後継製品のアナウンスもなく iPhone だとか Amdroid に乗り換えろ、って何なんだ。電話帳は引き継げるのか?



だが Windows S mode は「Pro版や Home版に切り替えられる」という「逃げ道」を作っているのが失敗前提の設計のミソなのですよ。

つまり「Windows S Modeは失敗することを前提に設計してるもんね」という「もんね」的な誤魔化しがごっちょり入っているのです。

なぁーに、使えなければ Pro 版に切り換えちゃえばいい、そんな匂いがプンプンしているのが Windows S Mode なんですね。

もう出た時から既に終わった技術なのです。



by islandcenter | 2019-07-01 13:40 | Windows | Comments(0)